弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺言執行者に対する財産の引渡請求について

遺言執行者(相続人)から財産目録が届いた後、財産(金員)を渡さないため、遺言書(私に財産の5分の1を相続させるという記載があります。)及び民法646条に基づいて財産を私名義の口座に振り込むよう内容証明で請求しましたが期限を過ぎても応じません。
そこで先生方にご質問がございます。

1 この場合不当利得の返還請求、損害賠償、遺言執行者の解任申立(別件で解任申立てをしましたが却下されています。)のいずれで請求等をすればよろしいのでしょうか。

よろしくお願い致します。
gahakuさん
2017年01月26日 11時44分

みんなの回答

山岸 陽平
山岸 陽平 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 石川県1 遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
どれくらいの月日が経っているのかにもよるとは思いますが、お書きの事情以外に特段の事情(何らかの準備や協議が必要な状況)がないのであれば、不当利得に基づく返還請求や不法行為に基づく損害賠償請求ではなく、ストレートに相続分の支払請求の訴訟を起こすという手があると思います。

また、遺言執行者の解任申立は、場合によっては、金銭請求と同時並行的にもできると思います(ただ、別件で却下されているということであり、認容されるとは限らず、職務懈怠の状況によるでしょう。)。

2017年01月26日 15時34分

この投稿は、2017年01月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言執行者を解任したい場合の手続きを解説

遺言執行者は、遺言書に書かれた内容を実現するために必要な手続きを行います。遺言執行者が業務をおこたって手続きを進めてくれない場合や、病気など...

遺言執行者が選任された場合の手続きの流れと相続人ができること

遺言執行者が相続手続きを行う場合、きちんと手続きが行われているのか気になる人もいるでしょう。この記事では、遺言執行者の職務内容や義務、遺言執...

【相続】遺言執行者に選任された場合の職務内容と手続きの流れ

遺言執行者に選任されたとき、実際に何をするのかわからない人も少なくないでしょう。遺言執行者は、遺言書に書かれた内容を実現するために必要な手続...

遺言の内容を実現する「遺言執行者」の役割・選任する方法

亡くなった方が遺した遺言書にしたがって、預貯金や土地の名義変更などの手続きを一手に引き受けるーー。そんな役割をもつのが「遺言執行者」と呼ばれ...

遺産分割の決定に従わない相続人がいる場合の対処法?

遺産分割の話合いがまとまったにもかかわらず、その内容に従うことを拒否する相続人がいる場合、どうすればよいのでしょうか。「[みんなの法律相談](ht...

この相談に近い法律相談

  • 遺留分減殺請求権と遺産分割について

    「遺留分減殺請求権は、形成権で減殺の意思表示のみにによってその効果を生じ、その権利は、その意思表示が到達した時点から、遺留分権利者に帰属する」ということだと思います。 また、弁護士さんが言うには、「遺言によって割合的包括遺贈がなされる場合、遺留分権利者が遺留分減殺請求権の行使をした時には、遺産共有の状態になり...

  • 被相続人の借金を返済する義務負担が及ぶ範囲について

    次の事例について質問です。 1.Aが亡くなり、B、C、Dが遺産相続(現預金など、不動産を含まず)をした。 2.Bは、Eに贈与(現預金など、不動産を含まず)した。   B→Eへの贈与財産は、金銭であり登記財産(不動産など)ではありません。 3.AとBは疎遠であり、Aの財政状態(借金の有無)について不知であっ...

  • 遺言執行者に対する財産の引渡請求について

    いつもご丁寧な回答ありがとうございます。 以下についてご教示をよろしくお願い致します。。 遺言執行者(相続人)が財産(金銭)を引き渡さないため(646条違反)、内容証明で請求することを考えております。 そこで先生方にご質問がございます。 ①請求する際、財産の引渡期限を設け、期限を過ぎた以降は、財産に加えて...

  • 遺留分減殺請求をされた受遺者からの訴え

    遺留分減殺請求をしてから、基礎財産の計算の相違で時間が経過しました。 受遺者から 弁済すべき額の確定を求める訴え を、おこされたら、どのように対処すればよいのでしょうか。

  • 遺言執行人による財産目録の作成義務

    数年前に、被相続人が遺言公正証書を作成して相手方に全財産を相続させるとしました。昨年、被相続人が亡くなり、遺言が執行されることとなり、当方は遺留分減殺請求に申立を行い、現在調停中です。 金融資産について、相手方よりその全貌が明確にされず財産目録の提出も有りません。そこで遺言執行人(税理士)に財産目録の提出をお願...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言に注力する弁護士

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺言執行者の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  2. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  3. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  4. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  5. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  6. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  7. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。