1. 弁護士ドットコム
  2. 相続
  3. 遺言書
  4. 遺言執行者
  5. 相続の遺留分の相続および権利

公開日:

相続の遺留分の相続および権利

2013年02月26日
ベストアンサー
叔父が昨年の暮れになくなり、叔母は痴ほうです。叔父と叔母には子供がいません。両親も他界よって叔父の財産は、実の弟が公正遺言ですべてを相続することになり、叔母の成年後見人となりました。正式なら特別代理人をたて、審議するのですが、49日法要の時、先祖代々の土地および家屋には、遠慮いただいて、預金および株式の1/2を叔母の預金口座に振り込むことを叔母の兄弟姉妹の6件中4件に承諾を得たところです。しかし、口約束です。叔母の預金は7百万円そして叔父の死亡保険金は3百万円そして預金および株式は1/2の2千万円よって、計3千万円となります。土地および家屋は母屋とアパート2件です。資産価値おおよそ2千万円です。ところが、2月末に、叔母が癌であることがわかり、余命数か月となりました。叔母の遺留分1/2は、叔母の推定相続人である兄弟姉妹6件に相続ないし、権利主張があるのでしょうか。心配なのは叔母が亡くなり、叔母の兄弟姉妹によって全財産の1/2を請求されることです。遺留分の権利は、叔母の兄弟姉妹に相続されるものでしょうか。叔父の本当の遺言は、叔父を看取った実の弟に感謝を込めて、そして、叔母の今後の老健施設および病院での生活を、遺言執行者に託したものです。叔父は自分ほかの兄弟姉妹を信用せず、叔母の兄弟も叔母を本当にお世話をしてくれないことを考え、遺言執行者に、すべての財産を与える旨を公正証書に残しました。叔母の遺留分の叔母の兄弟姉妹への相続の取り扱いについて、法的根拠をよろしくお願いします。
相談者(165692)の相談

みんなの回答

望月 孝礼
望月 孝礼 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
 叔母が死亡した場合、叔母の遺留分権は叔母の兄妹姉妹に相続されます。法的根拠は、相続開始後の具体的な遺留分減殺請求権は財産権であり、帰属上または行使上において一身専属権ではないからです。民法1031条も「遺留分権利者及びその承継人は、遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び前条に規定する贈与の減殺を請求することができる」と規定しています。この「承継人」に遺留分権利者の相続人も含まれます。

2013年02月26日 19時38分

この投稿は、2013年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

【相続】遺言執行者に選任された場合の職務内容と手続きの流れ

遺言執行者に選任されたとき、実際に何をするのかわからない人も少なくないでしょう。遺言執行者は、遺言書に書かれた内容を実現するために必要な手続...

遺言執行者が選任された場合の手続きの流れと相続人ができること

遺言執行者が相続手続きを行う場合、きちんと手続きが行われているのか気になる人もいるでしょう。この記事では、遺言執行者の職務内容や義務、遺言執...

遺言の内容を実現する「遺言執行者」の役割・選任する方法

亡くなった方が遺した遺言書にしたがって、預貯金や土地の名義変更などの手続きを一手に引き受けるーー。そんな役割をもつのが「遺言執行者」と呼ばれ...

遺言執行者を解任したい場合の手続きを解説

遺言執行者は、遺言書に書かれた内容を実現するために必要な手続きを行います。遺言執行者が業務をおこたって手続きを進めてくれない場合や、病気など...

遺留分とはl遺言で相続人の取り分を決めるときに注意するポイント

遺言書では、財産の分け方を自由に指定することができますが、相続人には、財産をもらうことができる最低限の取り分として、「遺留分」が認められてい...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 財産の割り当てについて

    15年前に祖母(父の母)が死去→祖父盲目のため施設へ→2年前に祖父死去、その後間もなく父も死去 そのため相続人は、父の兄・私の母・私の3人となりました。 祖母死去後に祖母分の遺産相続もしていません。 祖父死去後、父の兄が遺言書があるとのことで、つい先日検認を終えました。内容は、全財産を父の兄に・父の兄の特別受益の持...

  • 母、兄、父と相続が続いています

    相続の相談です。 母が六年前に他界しましたが、生存中に母名義の農地が売れ離れを建て、残りを母名義で預金していました。 その母が亡くなると遺産の相続は無く土地家屋の名義を兄に変更する為の書面に捺印するだけで終わってしまいました。 その兄が三月に亡くなり、遺産のうち四千万程が母名義の農地売却の預金を母生存中に兄名義...

  • 遺産分割と相続について

    父は25年前に死亡。そのときに遺産分割はしておりません。現金や株券は母名義にすべて変更してます。母は、そのときの父名義の現金や株券がいくらだったか分からないと言っています。 土地建物は、母その他3人(私たち子供)と名義人はなっています。 今母が92歳で、姉が、今頃父死亡時の遺産分割を要求してます。しかし、母は納得して...

  • 成人後見人のいる母の遺産相続請求は

    痴呆症の母が2年前に亡くなり母の遺産を兄と分割相続したいがどうすればいいか?母には成人後見人が存在する。また母は5年前に他界した父の預金全てを相続できる父の遺言書があった。しかし父の死亡する2週間前に数千万円が兄によってひき下ろされていた。遺言書は兄が保管していた。この父の預金から引き下ろされた数千万は母が相続でき...

  • 土地のみが遺産の場合の分割について

    祖父母が亡くなり、祖父名義の土地(建物は父名義で30年ほど前に父が建てた)の遺産分割を求められています。父の兄弟は妹2人なので相続人は3人です。祖父母の預金はありません。父が働いたお金で、妹たちに支払うお金の土地の評価額はどう算出するのが、妥当でしょうか?ちなみに父は祖父母と同居し、両親を看取っています。

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

遺言執行者の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。