個人で借用後債権者が死亡にて受遺者に遺贈した旨の通知有り。

公開日: 相談日:2014年08月19日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

300万円を借用後月に1万円づつの支払いにて職が決まったらもう少し増やしての返済にての契約書を書き、その後債権者が死亡にて受遺者に遺贈した旨の通知有り、契約通り支払って行きたいのですが可能でしょうか?

275846さんの相談

回答タイムライン

  • 相談者 275846さん

    タッチして回答を見る

    回答有り難うございました。
    お子様が居ない為、会社に遺贈に成りましてそこからの通知でした。債権者が83歳以上の為、遺贈を受けた側から全額返金若しくは財産を全て処分をして支払う様にと言われても、契約通りに行きますでしょうか?

  • 相談者 275846さん

    タッチして回答を見る

    無料弁護士相談に相談した処、遺言書のコピーを貰う様に。
    死亡してから遺贈に成るまでの経過の手続きや理由などを聞く様にと言われました。個人から会社に遺贈の場合は、遺言書に”全て”と云う言葉が書かれていないと通常の相続人にいくとの事でした。
    早速通知書が送られて来た処に、電話で上記の2点の話をしました。弁護士を通じての通知書の為。死亡したその月末からの支払いでしたが、口座が凍結の為振り込みが出来ずこの通知書を11ヶ月してから受け取りました。利息の記載は無く300万円の記載だけでしたが通知書には、元本30万円及び遅延損害金と書かれていました。
    契約通りと成ると、11ヶ月分と請求の遅延金も払わなければいけませんでしょうか。無職の為、通知書を受け取ってからの月々の支払いと言う訳には出来ないでしょうか。宜しくお願いします。

この投稿は、2014年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから