高齢の父が再婚希望、子として認識すべき法的問題点等をお教え下さい。

高齢の父(70代、自営業、1人暮らし、母とは20年前に死別)が、約10年間おつき合いをしている女性(60代、自営業)と再婚したいので了解して欲しいと言ってきました。もともとは、籍を入れない関係を続けると宣言していましたが、先般、父が緊急手術をする際に、一緒にいた相手女性が身内ではないために、手術の承諾書を書けず、父も相手女性も苦労したことが、今回の発言の主なきっかけです(父は手術後、元気に回復)。1人暮らしの寂しさ、今後の介護等を考えると、息子としては了承しようかとも思っています。相手女性と、父の息子である私も、娘である妹も、養子縁組はするつもりはありません。下記について、お教え下さい。

◎高齢の父が、再婚した場合、死亡時に父の財産の2分の1の相続権(遺言状がない場合)が相手女性に発生する以外に、子として認識しておくべき法的な問題点等がありますでしょうか。
2018年05月12日 14時45分

みんなの回答

内藤 幸徳
内藤 幸徳 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
相手方の女性に連れ子などいて、養子縁組をされるような可能性はあると思います。
その他には、親族になるので扶養義務が発生することくらいでしょうか。
今後は法制改正で配偶者が相続において優遇される可能性はあります。

2018年05月12日 15時20分

相談者
早速のご回答ありがとうございました。
追加でお教えいただければと思います。私が相手方の女性と養子縁組しなければ、相手方の女性に対して、私の扶養義務は発生しないという認識ですが、よろしいでしょうか。

2018年05月12日 16時42分

川面 武
川面 武 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都8
ありがとう
> 私が相手方の女性と養子縁組しなければ、相手方の女性に対して、私の扶養義務は発生しないという認識ですが、よろしいでしょうか。

原則的には,質問者の理解のとおりです。(民法877条1項)。
ただ,質問者と実父の後妻とは,1親等の姻族関係が生じますので,法制度上は,家庭裁判所は,「特別の事情」があるときは,扶養義務を負わせることができることになっています(同条2項)。もっとも書かれた限りでは,「特別の事情」は存在しないでしょう(本件で,「特別な事情」が認められうるのは,例えば,実父の相続に際して,後妻の相続放棄又は任意の遺産分割協議によって,居住家屋を含む実父の遺産の大半を質問者が相続したようなケースです。)。

民法
(明治二十九年法律第八十九号)

第七章 扶養
(扶養義務者)
第八百七十七条 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある。
2 家庭裁判所は、特別の事情があるときは、前項に規定する場合のほか、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。
3 前項の規定による審判があった後事情に変更を生じたときは、家庭裁判所は、その審判を取り消すことができる。


2018年05月12日 17時11分

この投稿は、2018年05月12日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

手や耳の不自由な家族が遺言書を作成することができるのか【弁護士Q&A】

いざ相続が始まったときにもめないよう、生前に遺言書を残しておいてほしいと考える方もいるでしょう。では、親などが病気や障害のため遺言書を直筆で...

遺言書でできることや公正証書遺言と自筆証書遺言の特徴を解説

遺言書を残さずに亡くなった場合、「誰が」「どの財産を」「どの程度」相続するかという点で、家族がトラブルになる可能性があります。遺言書を残して...

認知症の親が書いた遺言は有効なのか…「遺言能力」とは?

遺産分割を行う際に相続人同士でもめないよう、親などに遺言書を書いてほしいと思う人もいるでしょう。では、親が認知症と診断されている場合でも、有...

遺言書を隠した相続人のペナルティと遺産分割協議の進め方【弁護士Q&A】

相続人のうちの1人が遺言書を隠していて、他の相続人に見せようとしない…。このような場合、遺言書を隠した人はペナルティを受けないのでしょうか。遺...

相続人が遺言書を破棄…ペナルティと遺言書の内容を確認する方法

亡くなった人が残した遺言書を、相続人のうちの誰かが破棄してしまった場合、その相続人には何らかのペナルティがあるのでしょうか。破棄された遺言書...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 実父から実子(前妻の子)への相続に際し母(後妻)との養子縁組の必要性の有無について

    家族構成;父、母(後妻)、長男、次男、長女 長男と次男は父が離婚した前妻の子で長女は現在の母(後妻)の子。3人とも父の実子。 祖父から父への相続の際、相続税対策として母(後妻)は祖父の養女になっている。 現在、父の財産の相続準備のため遺言書を準備するなど相続対策を検討しております。 その中で、父の財産を相続するため...

  • 相続と養子縁組のことでお聞きしたいです。

    母は父方に嫁ぎました。私の父は早くに他界し、母方の祖父も次の年に他界しました。祖父の他界後すべて祖母に相続されました。祖母は祖父の後妻で母が若い頃に再婚しました。母は昨年他界しましたが、他界する2年前に母と、母の姉は祖母と養子縁組を組んでいました。その時私は24歳で、私たちが産まれた後の養子縁組になります。おそら...

  • 相続と養子縁組のことでお聞きしたいですPart2

    先日以下質問で先生方にご回答いただき解決しましたが、一点漏れていましたので追加でご質問させてください。 ↓↓↓↓↓以下先日の質問↓↓↓↓↓↓ 母は父方に嫁ぎました。私の父は早くに他界し、母方の祖父も次の年に他界しました。祖父の他界後すべて祖母に相続されました。祖母は祖父の後妻で母が若い頃に再婚しました。母は昨年他界しまし...

  • 祖父から孫への遺産相続に関して

    10年以上前に離婚した元夫の父が亡くなったことを、最近知りました。 この場合、私の手元にいる息子には相続が発生するのでしょうか? 私は現在、3年前に再婚して息子(14才)と主人は養子縁組になってます。 元夫は生きてます。 元夫の母も生きてます。 元夫には、妹と弟がいます。 遺言書の有無は不明です。 回答...

  • 遺産相続の件で追記です。

    父方の祖父(他界)の後妻が健在です。父とは養子縁組をしています。高齢(98)のためにいつ死亡してもおかしくありません。後妻が死亡した場合、祖父の遺産(土地建物、預貯金など)は、養子縁組した父以外に、後妻の親族に相続されてしまわないことは理解できました。ありがとうございます。また、後妻に遺言書もありません。となる...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

遺言書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。