遺言の執行者について教えてください

父が遺言書を書いています。
以前、地方に所有している土地・家屋についてのみ親戚への遺贈の自筆遺言書
(執行者にその地方の司法書士指定)を書いており、
今回はその他のものすべてについてです。
重なっている部分はありません。

1.2通目の遺言書に執行者の指定をしない場合、以前の遺言書のみ指定の司法書士が執行、
  2通目の遺言書は相続人全員で執行する という理解でよろしいでしょうか。

2.もし2通目の遺言書に関して裁判所に執行者の指定を依頼することになると
  地方の司法書士がまとめて執行することになりますか?

3.また、遺言書が複数に分かれていると何か問題になる可能性はありますか?

(専門家に確認していただこうとは思っていますが、予備知識として教えてください)

2018年05月07日 09時59分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
> 1.2通目の遺言書に執行者の指定をしない場合、以前の遺言書のみ指定の司法書士が執行、
>   2通目の遺言書は相続人全員で執行する という理解でよろしいでしょうか。

いいえ。執行者が必要な内容であれば、その選任を裁判所に求めます。

>
> 2.もし2通目の遺言書に関して裁判所に執行者の指定を依頼することになると
>
>   地方の司法書士がまとめて執行することになりますか?
>

わかりません。

> 3.また、遺言書が複数に分かれていると何か問題になる可能性はありますか?

最新のものが有効です。
以前のものは、重複しない範囲で有効ですが、新遺言で撤回したというような主張がされる可能性は表現によってはあるでしょうね。
弁護士に頼んで、遺言執行者の変更も含めて、再度、全体を作成したほうが良いと思います。

2018年05月07日 10時29分

相談者
早々とお返事いただきありがとうございます。

地方の土地の遺贈に関しては そこに住む親戚のため(私達の手間にならないよう)地方の司法書士を執行者に依頼した。

新しい遺言書は相続人が同意している内容であり
執行者の指定は不要ではないか

という父の希望です。


もし執行者が必要になったなら、裁判所に依頼すれば良いのかと思いましたが
同一人物の遺言書ということで すべて遠い地方の司法書士に依頼することになる
可能性が高いのかな、と考えました。

それぞれの遺言書で別の執行者を指定、あるいは1通の遺言書の中で
遺贈はこの執行者、残りは別の執行者と指定することは可能でしょうか?

2018年05月07日 10時46分

峰岸 泉
峰岸 泉 弁護士
ベストアンサー
ありがとう
あらたに,遺言を作成するのも費用がかかります。
具体的な遺言内容がわからないので確実なことはいえませんが,基本的な考え方として,相続人でない方への遺贈は,遺言執行者が必要ですし,相続人同士でどの財産を誰が相続するかというような内容の遺言については,相続人である受遺者が勝手に相続手続できるので,遺言執行者はいらないのです。
とりあえず,遺言書をもって,専門家に確認してみたらいかがでしょうか。その後,必要とあれば何らかの対応をすればいいのです。

2018年05月07日 12時03分

この投稿は、2018年05月07日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言書でできることや公正証書遺言と自筆証書遺言の特徴を解説

遺言書を残さずに亡くなった場合、「誰が」「どの財産を」「どの程度」相続するかという点で、家族がトラブルになる可能性があります。遺言書を残して...

遺言書がある場合に相続手続きを自分で行うための手続きガイド

遺言書がある場合の相続手続きは自分で行うことができます。この記事では、預金、不動産、自動車などの財産ごとに必要な手続きを詳しく解説しています。

遺言書を見つけても開封してはいけないの?裁判所で遺言書を開封する「検認」手続き

遺言書を見つけると早く中身を確認したくなりますが、開封する前に裁判所で「検認」という手続きを行う必要があります。この記事では、「検認」の内容...

遺言書の「検認」必要な場合と手続きの流れを詳しく解説

亡くなった家族の荷物を整理していたら、「遺言書」と書かれた封筒が…。「すぐに中身を確認したい」と考えても、慌てて開封してはいけません。遺言書に...

手や耳の不自由な家族が遺言書を作成することができるのか【弁護士Q&A】

いざ相続が始まったときにもめないよう、生前に遺言書を残しておいてほしいと考える方もいるでしょう。では、親などが病気や障害のため遺言書を直筆で...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 遺言執行者が執行する遺言書の選択とその責任について

    先に作成された公正証書遺言では、遺言執行者(作成の証人でもある)が選任されております。一方、そのあとで作成された自筆遺言書ではその選任の記載がないものの、遺言執行者は自筆遺言書も執行することができます(民法1023条1項)。 そしてその自筆遺言書は実は争いがあったものの、裁判にて有効との判決が確定されております。 ...

  • 遺言執行者が実行する公正証書遺言についての問題点

    先に判決が確定した相手方自筆遺言書が、実は筆跡鑑定の結果、作成日に書かれたものではないという証拠を得ました。それは、日付が誤記ということは、日付が特定されていないから、無効ということになります。 そこで、公正証書遺言を執行しようと思うのですが、遺言執行者が弁護士で、相手方を除く私たち相続人が文書でその遺言執行...

  • (負担付遺贈)義務履行の催告の件

    遺言書として検認しただけでまだ効力の有無までは確かめていない書面上に指定された遺言執行者から目録その他何の連絡もない段階なのですが、相続人はすくなくとも遺言執行者が執行をはじめて遺贈完了後でなければその義務履行の催告ができないようでしょうか? あるいは、そもそも遺言書の効力確認ないままで印鑑証明書との一致もな...

  • 遺言執行者の指定について

    遺言執行者について教えてください。 遺言書の中で、土地に関しては特定の遺言執行者を指定し その他(預貯金)については 遺言執行者を指定しない ということは可能ですか? どのように記載すればよいのでしょうか?

  • 遺言書執行者は先に作成の遺言書を執行することは、できますか。

    先に作成された公正証書遺言では、遺言執行者(作成の証人でもある)が選任されております。一方、そのあとで作成された自筆遺言書がでてきましたが、そこには選任の記載はありませんでした。 そしてその自筆遺言書は、実は争いの結果、その日に作成された前提で裁判にて有効との判決が確定されております。 そこで遺言執行者は、本...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺言書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。