1. 弁護士ドットコム
  2. 相続
  3. 遺言書
  4. 戸籍上は兄弟だが、実際は親子の場合、記録は無いが子供として遺産の相続権を主張できるか?

公開日:

戸籍上は兄弟だが、実際は親子の場合、記録は無いが子供として遺産の相続権を主張できるか?

2018年04月10日
「A男」と「B子」は夫婦です。

自分は「A男」と「C子」の間に生まれた子供です。

しかし、戸籍上は純粋に「A男」と「B子」の間に生まれたということになっています。
「A男」と「B子」の間に生まれた子供ということになっているので、戸籍には養子に入ったといった記録もありません。

自分の産みの親である「C子」は、「A男」と「B子」の養子になり、(戸籍に記録あり)自分と産みの親である「C子」は戸籍上は養家の兄弟ということになっています。

簡単に話すと、愛人に子供を産ませ、その子供を本妻の子供として届け出を出し、愛人を養子に迎えたということです。

- - - 月日が流れます - - -

自分の産みの親で、戸籍上は兄弟の「C子」が死亡しました。
「C子」には配偶者がいなく、子供もいないため、(自分を含めない)遺産は養家と実家の兄弟で分配することになりました。
その際に、ほとんどの遺産の相続権者の方たちは、「戸籍上は兄弟かもしれないが、実の子供ということは認めているから、遺産は全て受け取って構わない」と言っています。

しかし、1人の相続権者が、「自分は生前に被相続人の面倒をみていたから遺産を全額よこせ(実際は面倒はみていません)」「被相続人は自分に借金があるから遺産は全額自分によこせ(借用書等はありません)」と主張し、さらには、「自分に全額相続されるという遺言書がある」と言ってきました。

遺言書に関しては、筆跡鑑定をし、偽造されたものであったら刑事告訴すると言ったら、勢いが完全になくなったので、遺言書の件はいいのですが、完全に相続権者たちと溝ができました。

【下記が今回の質問内容となります】
自分は戸籍上は純粋に「A男」と「B子」の間に生まれたということになっており、産みの母である「C子」とは兄弟ということになっています。
実家、養家の相続権者共に、戸籍に記録は無いが実際は「C子」から生まれたことを証言・協力するから、自分は「C子」の子供として遺産の相続権を主張しろという話になっています。
このような主張は裁判になった際に、認められるのでしょうか?お手数ですが回答よろしくお願いします。
相談者(650462)の相談

みんなの回答

野澤 裕昭
野澤 裕昭 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
死亡したC子さんを相手(ご本人は死亡しているので実際には検察官を被告とする)に認知の訴え(民法787条)を家庭裁判所に申し立てる必要があると思います。身分関係に関わることなので訴えによって確定する必要があるからです。認知の訴えは、父又は母の死亡の日から3年を経過するまでにしなければなりません。

2018年04月10日 18時17分

この投稿は、2018年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言書がある場合の遺産の種類と遺産の価値を評価する方法

相続するとき、遺言書がある場合でも、どんな遺産が残されているのかを調べる必要があります。遺産の調査は「どのように遺産を探せばよいのか」「遺産...

遺言書に遺産の取り分しか書かれていない場合の遺産の分け方

「遺産の3分の2を妻に、3分の1を長男に与える」など、遺言書に遺産の取り分(相続分)だけが書かれているケースがあります。このような場合、具体的に...

【遺産相続】遺言が「偽造」された?立証する方法と偽造の法的問題

家族の誰かが死亡した後、遺言が見つかったけれど、本当に本人が書いたものなのか疑わしい…。このように遺言の「偽造」が疑われる場合、相続の手続きを...

遺言書を隠した相続人のペナルティと遺産分割協議の進め方【弁護士Q&A】

相続人のうちの1人が遺言書を隠していて、他の相続人に見せようとしない…。このような場合、遺言書を隠した人はペナルティを受けないのでしょうか。遺...

遺言書を見つけても開封してはいけないの?裁判所で遺言書を開封する「検認」手続き

遺言書を見つけると早く中身を確認したくなりますが、開封する前に裁判所で「検認」という手続きを行う必要があります。この記事では、「検認」の内容...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

遺言書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。