弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

遺言書 : 遺言書とは?遺言のメリットやトラブル例

相続発生後に生前未払いの養育費の請求はできますか?

宜しくお願いします。
父が亡くなりましたが、遺言書があり財産の全部を妻(後妻)へ相続させるとありました。父母は35年前に調停離婚しており、養育費を支払う義務がありました。子どもは長女の私、次女三女です。私だけ、父の扶養となり次女三女は母の方へ。しかし妹二人の養育費は最初の1年ほどしか払っていません。そして、父が再婚したことも私は知らされておらず、連れ子まで養子にし、大学まで費用を出したそうです。遺留分減殺請求はもちろんしますが、養育費未払いの請求はできますか?
養育費の未払い分については、月々の請求分が5年間で時効にかかってしまうため、成人に達してから5年を経過してしまうと、請求ができなくなります。

相続の中で、未払い分の精算を求めることは困難であるといえます。
未払いの養育費は,5年で時効にかかるので,請求しても時効を主張される可能性があります。mまた,財産の全部を妻に相続させても,養育費等の債務は相続人全員が相続分の割合によって債務者になっている場合もあります。いずれにしろ,請求したいとしても実質的な回収は難しいと考えられます。
養育費の未払いについての請求はしてもよいとは思いますが
定期払金として5年の消滅時効にかかります。
そこで、相手に時効で消滅していると言われると、
取れないということになってしまいます。
相手が時効を主張しなければ取ることは可能ということになります。
今回の相続について、遺言書は公正証書遺言です。調停から審判になると思います。相手が時効を知らないとしたら請求は可能ですか? 相手方が時効を知らないとしても、法律相談に出向けばすぐに知ることになります。

一方、亡父が養育費を未払いであったことに責任を感じて、支払いを進んで行うということであれば、話し合いで支払ってもらう余地はあります。
前の回答のとおり
相手が時効を援用しなければ
請求は可能です。
今回、養育費の権は調停でも話しますが、まず遺言に対して遺留分減殺請求します。その際に、他の相続人がすべて私に譲渡する場合の譲渡証書は、遺留分減殺請求権のみで可能ですか?それとも、まず相続分の譲渡証書も必要でしょうか? 相続人が相続しても遺留分減殺請求権を行使するかどうかは、各相続人に委ねられています。相続はしても遺留分減殺請求権は行使しない方もおられます。

したがって、他の相続人から相続分譲渡を受ければ、あなたが他の相続人の遺留分減殺請求権もあわせて行使することができます。それをも含めてすべて譲渡してあなたに委ねたものだからです。

また、各自が個別に遺留分減殺請求権を行使したうえで、あとの実現方法についてあなたに遺留分について権利譲渡して委ねることも可能です。
ありがとうございます。
では、相続分譲渡から遺留分減殺請求までを譲渡するための書類は、『遺留分減殺請求権譲渡証書』のみで可能ということで宜しいでしょうか?
相続開始後で、各人がまだ遺留分減殺請求権を行使していない段階では、遺留分減殺請求権の譲渡を受ければよいです。

すでに各人が遺留分減殺請求権を行使していれば、具体的に不動産の持分権や金銭の支払いを求める個別の権利を引き継ぐことになります。
ありがとうございます。
相続開始しております。公正証書遺言により、これから各々の譲渡証書を作成します。

d-hahaさん
2017年08月03日 20時31分

みんなの回答

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年08月03日 20時38分

高橋 隆一
高橋 隆一 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年08月03日 20時49分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年08月04日 10時57分

d-haha さん (質問者)

2017年08月04日 20時40分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年08月04日 21時07分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年08月14日 14時14分

d-haha さん (質問者)

2017年08月15日 09時51分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年08月15日 10時42分

d-haha さん (質問者)

2017年08月15日 11時06分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう

2017年08月15日 11時15分

d-haha さん (質問者)

2017年08月15日 11時23分

この投稿は、2017年08月03日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では10,256名の弁護士から、「遺言に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

せっかく書いた遺言を「無効」にしないために…注意すべきポイントまとめ

遺言書は、作成のルールが法律で細かく決められていて、このルールに反すると無効となってしまうことがあります。遺産をめぐって争いが起きないために...

遺言書の「検認」必要な場合と手続きの流れを詳しく解説

亡くなった家族の荷物を整理していたら、「遺言書」と書かれた封筒が…。「すぐに中身を確認したい」と考えても、慌てて開封してはいけません。遺言書に...

「遺産は全て愛人に」そんな遺言に待った「遺留分」の計算・請求方法

「遺産は全て長男に相続させる」ーー。親族は多数いるのに、そんな遺言が残されていた場合、長男以外の人はまったく遺産をもらうことができないのでし...

失業で困窮、相手が再婚…養育費を減額できるケース

子どものために養育費は支払いたいけれど、給料が下がって生活が苦しいから金額を減らしてもらえないかーー。離婚の際に養育費について取り決めたとし...

離婚後の「養育費」をもれなく支払ってもらうための手段と手続きの流れ

未成年の子どもがいる夫婦が離婚するとき、子どもの親権者となった親は、親権者ではない親に対して「養育費」を請求できます。養育費とは、未成年の子...

この相談に近い法律相談

  • 遺留分減殺請求後の遺言無効について

    父が死に、財産の全てを母に相続させるという遺言書があり、検認されました。遺言書の字がミミズがはったような字で全て平仮名で書かれており、本人が脳梗塞で倒れた経緯はあるのですが、その当時はしっかりした字を書いていたという証言もあり、母が遺言書を受け取ったという日にちが明らかに不自然なので、母親が書いた物ではないかと...

  • 『遺留分減殺請求』は譲渡できますか?

    遺言書のある相続分を『遺留分減殺請求』をしたいと思っていますが、遺言書があると相続分譲渡はできないのでしょうか?

  • 再婚者の相続問題と遺言書の作成

    『離婚⇒再婚』経験者の相続に関しては。 前妻の子供と、新妻が、法定相続人となります。 遺留分を侵害しない範囲で、遺言書を書くのが、一般的ですか? 法的な見地から、御助言を、お願い致します。

  • 土地・住居・貯蓄などの相続と遺言書について

    極一般家庭で、家族構成は父(世帯主)、母(土地・住居の名義10分の3有)、長女の私、次女の4人家族です。多額な資産や不動産等はありませんが、現住所の土地は37坪あり、駅から徒歩20分以内、ICから車で5分以内といった好条件の場所にあります。相続の際、次女の妹には一切相続をしないつもりですが、両親は「遺言書はまだ早い」と言...

  • 相続、遺言書について

    遺産相続について質問です 父が会社を経営しており、父の死後は会社の株式は全て私が相続することになっています。 (遺言書に明記してあります) しかし遺言書には、私の母は、他の相続人に関係なく株券名義を変更できるとも書いてあります。 これはもし私が会社株の相続税を払ったあとでも母の意向であれば、会社の株を他の人...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺言書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  2. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  3. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...
  4. スマホを残して死ねますか? 不倫の記録を妻...
  5. YouTuberヒカルさんが購入した「47万円」高級...
  6. 結婚式の余興の賞金30万円、「盛り上げるため...
  7. 夫の手取りが15万円で困窮、姑から妻にこっそ...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。