遺言書の内容が秘密にされた場合について

公開日: 相談日:2017年07月26日
  • 3弁護士
  • 4回答

ある資産家(以下Aさん)が亡くなったとします。Aさんは財産分与について遺言書を残していました。その遺言書の内容に、全くのアカの他人(以下Bさん)にも財産分与される内容が含まれていることが分かりました。ちなみにAさんは生前、Bさんにも財産分与するということをBさんには告げていません。

Aさんの親族がその遺言書を見た際、全くのアカの他人であるBさんに財産を与えないためにこの事実を伝えず、親族だけで財産分与することは可能なのでしょうか?
仮にこの行為が罪になるとしても、Bさんは全く事情を知らないわけですから、訴えようがないですよね?
ということは、Aさんの親族だけで財産分与出来るということでしょうか?

お手数ではございますが、ご教授のほどよろしくお願いいたします。

571189さんの相談

回答タイムライン

  • 園部 秀雄 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    遺言書の隠匿は相続人の欠格事由です。
    隠匿に関わった人は相続権を失いますので,隠匿は絶対にしないようにしてください。

    (相続人の欠格事由)
    民法第八百九十一条  次に掲げる者は、相続人となることができない。
    五  相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者

  • 相談者 571189さん

    タッチして回答を見る

    確かに欠格事由にはなるでしょうが、Bさんは全く知る由もないので、事実上親族だけで財産分与出来てしまうということなんですね。
    そういう事態にならないためにも、Aさんは生前にBさんに伝えておく必要があるということでしょうか?

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    おっしゃるとおり、
    相続の手続き上は
    遺贈を受けたBが遺言の内容を知らなければ
    相続人だけで遺言書を無視して
    遺産分割協議をしてしまうことが可能です。

    したがって、第三者に遺言書で遺贈する場合は
    その第三者に生前遺言書の写しを渡しておくか
    弁護士に遺言書を預けて遺言執行人になるよう依頼しておくか
    しておくことが必要だと思います。

  • 相談者 571189さん

    タッチして回答を見る

    ちなみになんですが、生前遺言書の写しを渡されてなく弁護士が遺言執行人でもない場合、相続人以外の第三者が相続人に対して遺言書を見せてくれと依頼することは出来るのでしょうか?

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    法律上は、自筆証書遺言があれば検認の申立をしなければならず
    受遺者も検認手続きの日に呼び出し状が裁判所から届くと思います。
    しかし、相続人が隠すつもりであれば
    検認の申立はしないでしょうし、
    受遺者が見せるよう依頼しても、そんなものはない、あるいは、知らない
    と言われてしまう可能性もあります。

この投稿は、2017年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから