認知症の母の遺言について

母は認知症なのですが姉が自分に有利なように遺言書を書かせようとしています。防止する手段を教えてください。
2016年08月28日 19時49分

みんなの回答

石田 伸一
石田 伸一 弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
認知症であることの診断書を書いてもらいましょう。

また、成年被後見人にするように手続きしましょう。

2016年08月28日 20時43分

川崎 政宏
川崎 政宏 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 岡山県2 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
お母様は認知症ということですが、現在ご自身の財産管理はどうされているのでしょうか。

財産管理能力が低下していて、家庭裁判所で後見、保佐等が開始しているのであれば、後見人等が財産管理をお母様のために財産管理を行います。

ただ、成年被後見人でも、遺言することは可能です。

この場合の遺言は、成年被後見人(お母様)の事理弁識能力が一時回復していることを、医師二人の立会により確認することになります。

立会した医師は、事理弁識能力を欠く状態に遺言者がなかったことを、公正証書に付記して署名、押印することが求められています。

認知症で、成年後見が開始していれば、遺言についてこうした厳格な条件が求められますから、勝手にお姉さんが遺言を書かせることはできません。

したがって、まだ家庭裁判所に後見開始等の審判申立てをされていないのであれば、お母様のためにすみやかに審判申立てをされることをおすすめします。

2016年08月28日 20時48分

加藤 尚憲
加藤 尚憲 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ありがとう
(1)遺言能力について
一般的に、遺言書を作成するには、自分の作成する遺言書の内容を理解する能力が必要です。この能力を「遺言能力」と言います。

仮に遺言書を作成したとしても、遺言能力がなければ、遺言書は無効となります。

一言で「認知症」と言っても程度には大きな差があり、認知症により遺言能力が否定される場合は、一定程度の高度な認知症に限られます。

大雑把に言って、長谷川式スケールテストで12点〜13点あたりがボーダーラインではないかと思われます。

(2)遺言書の作成を阻止する方法について
あなたが物理的にお母さんの遺言書の作成を阻止する方法はありません。

しかし、上記の通り、お母さんに遺言能力がなければ、あなたは、相続が発生してから、遺言書の有効性を争うことができます。

また、お母さんについて、成年後見人が選任されている場合は、お母さんが遺言書を作成する際には、医師2名が立ち会い、お母さんに判断能力が回復されていることを遺言書に付記する必要があります。

従って、お母さんについて、裁判所に後見人の選任を申し立て、後見人が選任されれば、実際上は、遺言書を作成することが、相当程度難しくなります。

なお、後見人が選任されるためには、お母さんが認知能力が低下したことにより「事理弁識能力を欠く常況にある」と裁判所に判断してもらう必要があり、後見人の選任の申し立てにあたっては、医師の診断書等が必要になります。

2016年08月28日 20時56分

原田 和幸
原田 和幸 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
防止する手段を教えてください。

お母さまの判断能力に問題があるなら、成年後見人を選任することは考えられます。
万一書かれたときにその遺言を無効とすべく、今のうちにお母様の判断能力に問題がある証拠を集めておくことは考えられます。

2016年08月29日 04時07分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
認知症で判断能力がないことの診断をしてもらっておくことが重要となります。
判断能力がないと診断されていれば遺言書を作成しても無効となります。

2016年08月30日 09時32分

この投稿は、2016年08月28日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,795名の弁護士から、「遺言に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

認知症の親が書いた遺言は有効なのか…「遺言能力」とは?

遺産分割を行う際に相続人同士でもめないよう、親などに遺言書を書いてほしいと思う人もいるでしょう。では、親が認知症と診断されている場合でも、有...

遺言書に遺産の取り分しか書かれていない場合の遺産の分け方

「遺産の3分の2を妻に、3分の1を長男に与える」など、遺言書に遺産の取り分(相続分)だけが書かれているケースがあります。このような場合、具体的に...

せっかく書いた遺言を「無効」にしないために…注意すべきポイントまとめ

遺言書は、作成のルールが法律で細かく決められていて、このルールに反すると無効となってしまうことがあります。遺産をめぐって争いが起きないために...

遺言書がある場合に相続手続きを自分で行うための手続きガイド

遺言書がある場合の相続手続きは自分で行うことができます。この記事では、預金、不動産、自動車などの財産ごとに必要な手続きを詳しく解説しています。

遺言書を隠した相続人のペナルティと遺産分割協議の進め方【弁護士Q&A】

相続人のうちの1人が遺言書を隠していて、他の相続人に見せようとしない…。このような場合、遺言書を隠した人はペナルティを受けないのでしょうか。遺...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 自筆遺言書の検認を詳しく教えて下さい

    自筆遺言書の検認について教えて下さい。 自筆遺言書の執行には、家裁の検認が必要になりますが、申立をしてから期間はどれくらい要しますか? 検認前に、遺言書が開封されたりした場合には、遺産分割は、どのようになりますか? また、遺言書が無ければ検認無しで、法定どおりに分割となるのでしょうか。

  • 認知症の遺言は有効か?

    前略 わたくしの母は半年前に要介護1の認知症と診断されました お医者に昨年9月に診断書をいただいたとき 確認したところ 遺言状の作成はぎりぎりですねとの返事を頂きました 6ヶ月が経ち認知症は進行しているようですが 母は私と妹の財産分与をきめるのはまだ早いとの思いから遺言状はまだ書きたくないようです 私は 母の意...

  • 認知症の母の遺言

    同居している兄が亡くなった母が認知症であることを知りながら、母の脇に自分がいて、母に遺言を書かせました。自分が死んだ後に残った財産はすべて兄にあげます、という内容の文章を母に書かせました。検認の時にはじめて知ったわけですが、兄は自分が一緒にいて書かせたという説明をせず、母がひとりで書き、次の日に兄に遺言書として...

  • 認知症の母の遺言について

    母が認知症になってしまいました。公正証書遺言を作ろうと思います。自筆証書遺言があり、封をしていないので内容をみてしまいましたが少し自筆ということもあり不安です。公正証書遺言を作るときに高齢の母と同席できるでしょうか。また認知症を理由に後で効力が否定されることにならないでしょうか?

  • 認知症の遺言。認知症の診断がでる前の遺言書は有効ですか?

    母は去年8月に認知症の診断を受けました。 母が「私に全財産を相続させる」という遺言書を作りたい、といっているのですが、この場合、遺言書は有効ですか? 認知症の診断がでる前の遺言書は有効ですか? 後で、兄弟から文句がでそうなので。 認知症の場合は遺言ができないのでしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

遺言書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。