相続税の連帯納税義務に関して

父の遺産を相続にするに当たり法定相続人以外に父が遺言を遺した受遺者が居ます。
我々法定相続人には相続税の連帯納税義務が発生するかと思いますが、我々は法定相続人以外の受遺者に対しても連帯納税義務は発生しますでしょうか?
同様にその受遺者も我々法定相続人の支払うべき相続税に対する連帯義務を負いますでしょうか?
宜しくお願い致します。
2014年09月26日 12時57分

みんなの回答

鈴木 義仁
鈴木 義仁 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県6 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
 相続税法では、「同一の被相続人から相続又は遺贈により財産を取得した全ての者」は、連帯納付義務を負うこととされています。
 したがって、ご質問の
1 法定相続人以外の受遺者に対しても連帯納付納税義務は発生しますし
2 受遺者も法定相続人の支払うべき相続税に対する連帯納付義務を負うことになります。

 ただし、相続又は遺贈により取得した財産の価額から債務控除の額とその取得した財産に係る相続税額及び登録免許税額を控除した後の金額を限度とします。
 たとえば、1億円分もらって、債務が1000万円で、自分が取得した財産にかかる相続税が900万円で登録免許税が100万円かかったとすれば、残り8000万円を上限として連帯納付義務を負うことになります。

 

2014年09月26日 15時22分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
受遺者も連帯納付義務を負います。

2014年09月26日 15時33分

この投稿は、2014年09月26日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

遺言書を隠した相続人のペナルティと遺産分割協議の進め方【弁護士Q&A】

相続人のうちの1人が遺言書を隠していて、他の相続人に見せようとしない…。このような場合、遺言書を隠した人はペナルティを受けないのでしょうか。遺...

遺言書がある場合の遺産の種類と遺産の価値を評価する方法

相続するとき、遺言書がある場合でも、どんな遺産が残されているのかを調べる必要があります。遺産の調査は「どのように遺産を探せばよいのか」「遺産...

相続人が遺言書を破棄…ペナルティと遺言書の内容を確認する方法

亡くなった人が残した遺言書を、相続人のうちの誰かが破棄してしまった場合、その相続人には何らかのペナルティがあるのでしょうか。破棄された遺言書...

遺言書がある場合に相続手続きを自分で行うための手続きガイド

遺言書がある場合の相続手続きは自分で行うことができます。この記事では、預金、不動産、自動車などの財産ごとに必要な手続きを詳しく解説しています。

遺言書に遺産の取り分しか書かれていない場合の遺産の分け方

「遺産の3分の2を妻に、3分の1を長男に与える」など、遺言書に遺産の取り分(相続分)だけが書かれているケースがあります。このような場合、具体的に...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 包括受遺者の債務の承継について

    用語が間違っていたらごめんなさい。 相続において、包括受遺者も指定相続分の割合において債務も承継するかと思います。 ※最高裁平成21.3.24判決 「これにより,相続人間においては,当該相続人が指定相続分の割合に応じて相続債務をすべて承継することになると解するのが相当である。」 同時に 「もっとも,上記遺言による相続債...

  • 相続する固定資産税の分割負担

    市役所の資産税課から、死亡した被相続の土地建物に対する固定資産税の納税義務者変更通知として、4名の相続人の内の一人を納税義務者と、一方的に決めてきました。何らの根拠も示されていません。長男でも長女でもありません! 内二人は付き合いは有りますが、他の二人に相続協議の申し出に対して、連絡がありません! 相続の権利が...

  • 相続の手続きの流れは下記でよろしいですか?

    将来の為、母の相続の準備を相続人2人(私と妹)で行っております。 母の財産は預貯金と死亡保険のみです。 遺言書は自筆遺言書を現在、作成中です。 そこで教えて頂きたいのは、相続の手続きの流れは下記でよろしいですか? 但し、③・⑤・⑥・⑧・⑨は手続きを省略できると判断しておりますが、問題ないでしょうか? <自筆遺...

  • 特別受益者以外の相続人が死亡した場合の相続分の取扱いについて

    特別受益が有る場合に、受益を受けていないものが死亡した場合の相続分についてご教示下さい。 被相続人Aが死亡した際、子1~5の内、子1を除く全員が「相続分のないことの証明」特別受益証明を作成しました。 (※この時点で配偶者Bの特別受益証明書は作成していません) その後、被相続人Aの所有する不動産の登記をする前に...

  • 相続放棄の法定単純承認について

    被相続人(父)の配偶者(母)と第1順位の子供達で相続放棄を考えています。 1,被相続人が亡くなってすぐ、nttの固定電話光電話の名義を母に承継手続済。 2,父親の名義で使用していた母の携帯電話を母の名義に変更し、父の携帯は解約。 3,被保険者が父の高額医療費の請求を申請中です。 以上、3点の行為は相続放棄が無効になる法定...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺言に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

遺言書の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。