処分申立に参加するメリットは?

公開日: 相談日:2022年05月18日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
昨年11月に亡くなった父の自筆証書遺言書あり
相続人は、私と兄です。
父の遺産の中に有限会社所有の賃貸マンションがあります。
全持ち株は父名義です
また、その有限会社には、ちちの貸付金が4000万ほど残っています。
現在、兄が代表取締役です。私と主人は取締役になっています。

双方に弁護士がついています。私から処分申立をしています。1.株主公開について
兄は株主名簿は作っていないと主張。全ての持ち株は父名義である書面提出で和解しています。
2.会計処理書類の公開
2日後に期日の予定です。
兄は、答弁書で私が遺言書を偽造したとの理由
で公開を拒否しています。

【質問1】
私は、膝痛みで1回目の期日は不参加にしました。
2日後の期日の参加をどうしたら良いのかためらっています。
兄に会いたくない
裁判官に私が直接質問されたら上手く答えられない
参加するメリットとデメリット

1145145さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    2日後の期日の参加をどうしたら良いのかためらっています。

    何の手続きでしょうか?

    兄に会いたくない
    裁判官に私が直接質問されたら上手く答えられない
    参加するメリットとデメリット

    何の手続きかにもよりますが、参加しても兄と直接やりあうわけではないですし、代理人を立てて行って貰うことも可能でしょう。

  • 相談者 1145145さん

    タッチして回答を見る

    代理人の同行してもらいますが、直接私に裁判官から質問されることはあるのですか?
    しどろもどろになりそうで心配なのです。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    私は、膝痛みで1回目の期日は不参加にしました。
    2日後の期日の参加をどうしたら良いのかためらっています。
    兄に会いたくない
    裁判官に私が直接質問されたら上手く答えられない
    参加するメリットとデメリット

     代理人が付いているのであれば、代理人に任せて
     無理に出席することは無いと思います。
     

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    質問1
    私は、膝痛みで1回目の期日は不参加にしました。
    2日後の期日の参加をどうしたら良いのかためらっています。
    兄に会いたくない
    裁判官に私が直接質問されたら上手く答えられない
    参加するメリットとデメリット
    回答1
    手続きの内容や代理人の有無によっては、実兄と直接話し合う必要もあり得ます。少なくとも、代理人を依頼していれば、相談者様が実兄と直接話すことはないと思います。
    質問2
    代理人の同行してもらいますが、直接私に裁判官から質問されることはあるのですか?
    しどろもどろになりそうで心配なのです。
    回答2
    裁判官にもよりますが、可能性としてはあり得ます。もっとも、質問されても、代理人がフォローに入るのが一般的だと思います。

この投稿は、2022年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す