認知症時の遺言、婚姻の有効性

公開日: 相談日:2021年11月22日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
医師からは中程度の認知症と診断された父がいます。医師からも診断書で親族の助けが必要なほどの認知機能低下である、と診断書も頂いています。
そして父には母の死後に愛人がいます。

【質問1】
この状態の父が愛人に言われるがまま遺言を書いた場合はそれは適応されるのでしょうか?

【質問2】
この状態で愛人から結婚をせまられて婚姻届をだした場合も認められますか?

1087288さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    タッチして回答を見る

    【質問1】

    この状態の父が愛人に言われるがまま遺言を書いた場合はそれは適応されるのでしょうか?

    ・・・公正証書遺言であれば 公証人により 判断能力に問題ありと考えられた場合には医師の立会い等を求め 未然に防止できる可能性があります。ただ 中程度の認知症・親族の助けが必要なほどの認知機能低下というだけであれば 遺言作成能力が認められる可能性もあると思います。

    【質問2】

    この状態で愛人から結婚をせまられて婚姻届をだした場合も認められますか?

    ・・・これは受理される可能性が高いでしょう。


  • 相談者 1087288さん

    タッチして回答を見る

    森田先生回答有り難うございます。
    仮に両件認めらた場合にそれは無効として訴えを起こすことは親族で可能なのでしょうか?仮に訴えたとしても敗訴する場合が多いでしょうか?

  • 弁護士ランキング
    愛知県1位
    弁護士が同意
    1
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    質問1
    この状態の父が愛人に言われるがまま遺言を書いた場合はそれは適応されるのでしょうか?
    質問1
    お話しの限りだと、実父の判断能力が低下しているとして、遺言が無効になる可能性があります。念のため、遺言が書けるだけの判断能力があるか、医師に診断書を作成してもらうと良いかと思います。
    質問2
    この状態で愛人から結婚をせまられて婚姻届をだした場合も認められますか?
    回答2
    役所では判断能力の有無までは判断できませんので、婚姻届が提出されれば、基本的には受理されると思います。役所で事前に相談してみることで、何か助言が得られるかもしれません。
    質問3
    仮に両件認めらた場合にそれは無効として訴えを起こすことは親族で可能なのでしょうか?仮に訴えたとしても敗訴する場合が多いでしょうか?
    回答3
    遺言の無効を主張する場合、無効主張する利益がある人でなければ主張できません。また、婚姻の無効を主張する場合も、婚姻の無効により自身の地位に影響が出る人でなければ主張できません。どちらも、遺言や婚姻が無効となることで実父の相続人となる人や相続分が変化する人であれば、原則として無効主張が可能かと思います。
    お話しの限りだと、敗訴するとは限りません。診断書を見ないと正確には判断できませんが、自力で意思表示ができないレベルなら、可能性はあるかと思います。

  • 相談者 1087288さん

    タッチして回答を見る

    杉浦先生回答有り難うございます。
    色々ご助言含めて対応していきたいと思います。

この投稿は、2021年11月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す