弁護士さんと行政書士さんの作成する遺言書について

公開日: 相談日:2021年07月02日
  • 1弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
高齢の母の遺言書を作成します。
3人の相続人でなく3人の相続人の子供に貴贈する内容になるために相続人の1人が慰留分請求した時にも対抗できる内容にしたいと考えています。
依頼先を弁護士さんにするのか?
行政書士にするのか?でもめています。
弁護士さんは忙しく遺言書完成まで時間がかかる事と離れた地域の人のために母にとって馴染みがなく話しにくいそうです。
行政書士さんは地元の田舎の人のために色々話ししやすいのと2ヶ月以内で遺言書を作り公証人役場への手続きも完了するそうです。
私は相続人の1人でややこしい遺言書内容のために弁護士さんに依頼した方がいいと思っていますが母と別の相続人は行政書士さんと考えています。

【質問1】
母と行政書士さんの作った遺言書を法的に有効なのか?先々のトラブルに対抗できる内容なのかを弁護士さんに見ていただく事は可能ですか?

【質問2】
弁護士さんと行政書士さんの作成する遺言書の違いはなんですか?

【質問3】
行政書士さんはどこまで遺言書作成に助言できるのですか?
私の認識は顧客の言われた通り希望通りの遺言書を法的な根拠なく作成するだけ。

【質問4】
公証人役場への登録=法的に有効と母と別の相続人は考えています。
公証人役場は、遺言書の内容が法的に有効でなくても日付や氏名住所などの基本さえしっかりしていれば受理されますか?

1041647さんの相談

回答タイムライン

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    お困りのことと思います。

    >母と行政書士さんの作った遺言書を法的に有効なのか?

    →法律上の要件を満たしていれば有効です。


    >先々のトラブルに対抗できる内容なのかを弁護士さんに見ていただく事は可能ですか?

    →可能です。


    >弁護士さんと行政書士さんの作成する遺言書の違いはなんですか?

    →法的な違いはありません。


    >行政書士さんはどこまで遺言書作成に助言できるのですか?
    >私の認識は顧客の言われた通り希望通りの遺言書を法的な根拠なく作成するだけ。

    →本来はご理解のとおりです。


    >公証人役場への登録=法的に有効と母と別の相続人は考えています。
    >公証人役場は、遺言書の内容が法的に有効でなくても日付や氏名住所などの基本さえしっかりしていれば受理されますか?

    →公正証書は、文案を含め公証人が作成しますので、実現したい内容を伝えれば有効な遺言を作成してくれます。


    >弁護士さんは忙しく遺言書完成まで時間がかかる事
    >(行政書士さんは)2ヶ月以内で遺言書を作り公証人役場への手続きも完了するそうです

    →そのスパンで対応する弁護士は十分見つかると思います。


    >(弁護士は)離れた地域の人のために母にとって馴染みがなく話しにくいそうです。
    >行政書士さんは地元の田舎の人のために色々話ししやすい

    →弁護士に馴染みがないということかと思いますが、お住まいの地域で弁護士を見つけることもできるでしょう。

    ご参考になれば幸いです。

  • 相談者 1041647さん

    タッチして回答を見る

    辻先生
    ありがとうございます。
    行政書士さんの作成した遺言書を弁護士さんに郵送で確認して頂く事は可能でしようか?
    相談料?は、振り込みで会わずにやり取り可能ですか?
    公正証書は公証人さんが作成してくれるならば先々の裁判にも対抗できる内容にしてくれるとの事ですか?
    行政書士さんは2人で立ち会い公証人さんを自宅に派遣してくれるそうですが何をするのですか?
    公正証書の保証人ですか?

  • タッチして回答を見る

    >行政書士さんの作成した遺言書を弁護士さんに郵送で確認して頂く事は可能でしようか?

    →可能です。

    >相談料?は

    →弁護士ごとに異なりますし、ご依頼内容にもよりますが、
    >3人の相続人でなく3人の相続人の子供に貴贈する内容になるために相続人の1人が慰留分請求した時にも対抗できる内容にしたい
    という点の確認という範囲であれば、数万円の場合が多いのではないかと思います。

    >振り込みで会わずにやり取り可能ですか?

    →可能です。

    >公正証書は公証人さんが作成してくれるならば先々の裁判にも対抗できる内容にしてくれるとの事ですか?

    →公証人が関与する場合、形式的な有効性は確保されます。
    内容面は、遺言者(お母様)の意向次第ではありますが、慰留分を侵害する内容である場合、通常は指摘してくれるでしょう。

    >行政書士さんは2人で立ち会い公証人さんを自宅に派遣してくれるそうですが何をするのですか?

    →法律(民法)上、公正証書遺言を作成する際に2名の立会人が求められることによるもので、公証人が読み上げた内容に間違いがないことを立会人が確認します。

    ご参考になれば幸いです。

  • 相談者 1041647さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございました。
    教えていただいた知識を元に法律のプロの弁護士さんにも遺言書の確認をしてもらうよう勧めてみます。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す