ベストアンサー

破産予定なんですが遺産相続放棄したい。

今現在司法書士の先生に自己破産の依頼をしています。ですが、破産手続きはまだです。依頼料を分納中と不動産に関しては競売にかける前です。

この状況がある中で父が亡くなり、今わかっている遺産は持ち家が一軒にあり、この家には姉と姉の子供が住んでいます。

遺産に関しては私自身放棄して姉に譲りたいという考えなのですが破産予定だと放棄することは難しいでしょうか?
放棄したい理由として父の入院費用やお世話など姉に負担してもらっていたため。
2019年03月11日 12時56分

みんなの回答

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 遺産に関しては私自身放棄して姉に譲りたいという考えなのですが破産予定だと放棄することは難しいでしょうか?

相続放棄は可能です。注意すべき点は,必ず家庭裁判所への相続放棄の申述を行うことです(相続放棄しなければ破産管財人が就任し,遺産が配当原資になってしまうためです)。
破産申立ての際に,家庭裁判所の相続放棄申述受理通知書の写しを添付資料として裁判所へ提出します。

2019年03月11日 13時09分

相談者
大切な事を記載忘れました。今現在でも退職金が多いため、管財人は入る事になっています。
わからない事が多いですが、ネット検索をすると情報は沢山ありどれが自分に当てはまるのか分からず、遺産放棄も3ヶ月以内という期間制限があるというのを見て焦りがあります。

2019年03月11日 13時18分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3 遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意1
ベストアンサー
ありがとう
例えば大阪地裁の書式においては,申立人の両親が存命かどうか,死亡している場合は死亡時期と遺産分割の有無などを報告する欄があり,相続関係を報告しなければならない形になっています。相続放棄をしなければ,法定相続分にあたるプラス財産は配当原資となり,マイナス財産(負債)のうち法定相続分に相当する割合は破産債権として扱われてしまうことになります。
なお,破産を予定しているとしても,相続放棄するか否かは自由であり,破産申立て前に相続放棄することは何ら問題になりません(免責不許可などの不利益は受けない)。当初から管財人が就任することが見込まれる事案でも同様です(相続は偶然の事情なので,相続放棄しても債権者を害するとはいえません)。
お書きのとおり,相続放棄は,お父さんが亡くなられたことを知った日から3か月以内に申し立てる必要がありますので,ご注意ください。

2019年03月11日 13時28分

馬場 亨二
馬場 亨二 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
申立て前に相続放棄手続きをすべきです。司法書士には申立をまってもらい、相続放棄を至急行うべきではないでしょうか。

2019年03月12日 13時10分

相談者
司法書士の先生にお話をしたら司法書士が介入しているため放棄はできないと言われました。

裁判所に申し立てをするのはまだ先になります。持ち家があり、競売にかけないといけないので時間がかかるため。

今の現状は任意整理を二回(病気で休職したため二回しました。)休職をしたため、破産せざるを得なくなりその準備中(依頼料分納中、競売してもらうため引っ越し作業中)です。

この状況でも放棄は可能なのでしょうか?

2019年03月12日 13時45分

川添 圭
川添 圭 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府3 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 司法書士の先生にお話をしたら司法書士が介入しているため放棄はできないと言われました。

相続放棄ができないというのは明らかに誤りでしょう。放棄可能な期間が経過する前に(最悪の場合は弁護士へ依頼してでも)相続放棄を進めてください。

2019年03月12日 14時03分

馬場 亨二
馬場 亨二 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
申立てをして管財人がつくと相続財産は法定相続分について破産財団に帰属することとなります。管財人が財団から放棄することはあり得ませんので申立前に放棄する必要があります。介入通知が発せられていても放棄は可能です。申立後開始決定があってからでは放棄はできませんので申立前に放棄すべきと考えます。

2019年03月12日 14時32分

この投稿は、2019年03月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では14,619名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【遺産相続】亡くなった人のペットを引き取っても相続放棄はできる?

相続の手続きをする際、亡くなった人が生前に飼っていたペットを引き取りたいと考える人もいるでしょう。では、亡くなった人に借金があり相続放棄をす...

遺産から葬儀費用を支払ったら「相続放棄」ができなくなる?

相続放棄を検討している場合に、亡くなった人の葬儀費用を遺産から支払うと、単純承認とみなされて相続放棄ができなくなってしまうのでしょうか。遺産...

亡くなった人の連帯保証人だった場合でも相続放棄をする意味がある?

亡くなった人の借金を相続したくない場合、相続放棄という手続きを行う必要があります。では、亡くなった人の連帯保証人になっている場合でも、相続放...

遺産相続の手続きを弁護士に依頼するメリットと費用の目安

遺産相続は、様々な事柄を調査し、相続人同士で話し合って決める必要があります。手続きに時間がかかったり、相続人同士で話合いがまとまらずにトラブ...

相続問題の弁護士費用 - 遺産分割や遺言、相続放棄などケース別の報酬相場

残された家族が揉めないように遺言書を作りたい、親族の話し合いが収集がつかないのでまとめてほしい、遺留分が侵害されたので取り返したいなど、相続...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 跡継ぎ問題について。

    私の母は私が0歳の時に亡くなりました。 3人姉妹の三女だった私の母が跡取りになり養子をもらって住んでいましたが亡くなってしまい、跡継ぎがいなくなるからと私が0歳の時に祖父母の養女になり跡継ぎになりました。父は離別になり、私は結婚するまで祖父母に育てられました。 跡継ぎだといわれ続けて生活していましたが縁ある人は実...

  • 親から譲り受けた預金通帳を勝手に解約することは許されますか?

    はじめまして早速ですが 3点の質問のご回答をよろしくお願いいたします。 私の母から生前、預金通帳(私の名義)をもらっていましたが 母が亡くなり勝手に財産すべてを兄弟が管理することになりました。 ある日銀行に確認したところすでに預金通帳(私の名義)が勝手に解約されていました。 1、預金通帳を勝手に解約することは法的...

  • 相続放棄、生前預金を引き出した場合について他

    父の死後、多額の連帯保証債務があることが分かり、相続放棄を考えています。以下の点について、ご教示下さい。 ①生前預金引き出しについて 生前、入院費、おむつ代、付き添い(私、他親族)の病院までの交通費と食費などの諸費用、葬儀代、仏壇購入費などを父の預金から支払うよう依頼され、父の入院中に預金を引き出しました。 ...

  • 財産の相続と戸籍について

    財産を相続する際は、親族間で相続の配分等に何も異論等が無かった場合は、戸籍等を用意する必要は無いのでしょうか?

  • 相続権放棄後に賃貸の遺品の処分の仕方

    ただ今相続権破棄の申請中です 父が住んでいた市営住宅の保証人は私です かなり物が溢れる状態で遺品が沢山あります 市営住宅の担当者からは早く部屋を空けるよう言われるのですが 相続権破棄後に遺品を処分すると相続権の申請が取り消しになるとの事で非常に困っています。 何より遺品を置いておくと家賃が、かさみます無...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

相続の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。