元夫の遺産相続請求について1

公正証書を作成し離婚しました。

公正証書に
(清算条項)
第8条
甲及び乙は、本件離婚に関し、以上をもって全てを解決したものとし、今後、本契約に定めるほか、互いに名目のいかんを問わず何ら財産上の請求をしないことを相互に確約した。

とありますが…

その前に遺産相続に関するような条項は入れておりません。

もし元夫が亡くなった場合、
子供(元夫の実子)の代わりに私が元夫の遺産相続請求は出来ない(してはいけない)ということでしょうか?
2018年02月08日 01時20分

みんなの回答

高岡 輝征
高岡 輝征 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 神奈川県2
弁護士が同意4
ベストアンサー
ありがとう
請求できないのは「本件離婚に関し」と入れているので、その部分の請求だけです。

子どもさんには、相続分があります。
今回の離婚で、あなたが子どもさんの親権者になっていれば、法定代理人として、遺産相続請求ができます。

2018年02月08日 01時56分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
弁護士が同意2
ありがとう
遺産相続は、離婚とは関係がないので
元夫が亡くなった際は
あなたのお子さんは遺産を請求することが可能です。

2018年02月08日 08時48分

この投稿は、2018年02月08日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,901名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

未成年の子に相続放棄をさせたい…親が代わりに手続きできる?

相続が発生したとき、亡くなった人に借金があるような場合、相続放棄を検討する人もいるでしょう。では、相続人の中に未成年者がいる場合、その親が代...

【遺産相続】夫と前妻との間の子に相続権はある?【弁護士Q&Aまとめ】

亡くなった夫に、前妻との間に生まれた子がいる場合、その子も相続人となるのでしょうか。前妻が再婚している場合はどうなるのでしょうか。これらの疑...

コピーの遺言書は有効?自筆証書と公正証書、遺言の形式はどちらがよいのか

生前に遺言書を書いてもらうことで、いざ相続が始まったときに、財産の分け方をめぐってトラブルが起きることを避けられる場合があります。この記事で...

遺産から葬儀費用を支払ったら「相続放棄」ができなくなる?

相続放棄を検討している場合に、亡くなった人の葬儀費用を遺産から支払うと、単純承認とみなされて相続放棄ができなくなってしまうのでしょうか。遺産...

遺産分割の話合いに応じない相続人がいる場合の対応を弁護士が解説

かたくなに遺産分割に反対し、まともに話合いに応じない相続人がいるーー。このような場合、いつまでも遺産の分け方を決めることができません。遺産分...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 家の相続についての書面の優先順位

    離婚に伴い、夫が再婚した場合、相続で揉めないように、 今の家の相続について決めたいのですが、 1) ・離婚公正証書に記載 ・生前贈与契約 ・遺産相続の公正証書 ・夫との間で私的?に遺産相続的に家の相続について記載してもらう どれも効力は一緒でしょうか。 2) 例えば、今、上記のような書類を作ったとしても ...

  • 離婚 公正証書と財産分与について

    離婚する時に、公正証書作成をし、清算条項に、「甲及び乙は、本件離婚に対し、以上もってすべて解決したものとし、今後、財産分与、慰謝料等名目の如何を問わず、互いに一切の財産上の請求はしない。」と書かれてますが、今後、元旦那から財産分与請求は出来るんでしょうか?

  • 離婚時の公正証書(精算条項)について

    公正証書を作成し離婚したところ1年後、相手の浮気が原因であることが発覚しました。 公正証書で精算条項の欄に「上記各項目に定めた以外には、名目の如何を問わず互いに債権債務がないことを確認し、金銭その他の請求をせず〜」と書いてある場合は、あとから知った事実であっても相手に慰謝料の請求をすることは出来ないのでしょうか?

  • 公正証書について

    公正証書作成し離婚しました。内容に本件離婚に関し、以上をもって全て解決したものとし、今後、財産分与、慰謝料等、名目の如何を問わず、互いに何らの財産上の請求をしない。についての相談です。親権者は妻です。 離婚前に僕の口座に児童手当てが振り込まれてました。公正証書作成後のこの児童手当ては、僕の財産となるのでしょうか...

  • 割合的包括遺贈の場合、遺留分減殺請求における権利の帰属

    私は、幼少のころ実父の姉夫婦の養子に出された身です。平成20年実父が亡くなり相続が開始されました。実父は遺言公正証書を残しており、そこには私に名前は無く私は遺留分減殺請求訴訟を提起しました。法定相続人は、私と兄弟2人の3人のみです。 遺産の内容は、不動産、自分が経営していた会社に対する貸付金、現金です。 遺言の...

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。