土地の境界線が確定できない

相続した土地があります。その土地の売却を決めました。不動産会社に依頼して売却することになったのですが問題が発生しました。その土地はまだ境界線が確定できていなかったので測量事務所が土地の境界線を決めて隣接住民4人に確認の印を貰いに行きましたら1人の方からどうしても印鑑を貰えません。不動産会社と測量事務所の人が何度説明に行っても納得しないようです。

境界線が確定できないと土地を売却することができません。どうしたらよいのでしょうか。宜しくお願い致します。
2018年01月19日 22時05分

みんなの回答

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県2
ありがとう
法務局で筆界特定手続きの申請をすることが最適です。

2018年01月19日 22時14分

この投稿は、2018年01月19日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

価値の低い不動産を相続したくない…どうすればよい?

駅から遠い古びたマンション、荒れ放題の土地…。亡くなった人の財産の中に、こうした売ってもほとんどお金にならなさそうな不動産がある場合、むしろ「...

不動産や美術品・骨董品などを所有している人におすすめする4つの相続対策

不動産や美術品・骨董品などは価値が人によって異なるので、評価額を決めるのが難しい財産です。このような財産を所有したまま亡くなった場合、相続人...

財産目録の作り方と不動産の価値を評価して相続税が生じるか判断する方法

あなたが遺言を残さずに亡くなった場合、家族が相続の手続きを進めるにあたって、あなたの財産の内容を全て把握する必要があります。あらかじめ財産を...

遺産分割の話合いに応じない相続人がいる場合の対応を弁護士が解説

かたくなに遺産分割に反対し、まともに話合いに応じない相続人がいるーー。このような場合、いつまでも遺産の分け方を決めることができません。遺産分...

相続を「争続」にしないために…知っておきたい手続きの流れ

家族の誰かが亡くなると、悲しみにひたるのもつかの間、死亡届の提出や葬儀の準備などに追われることになります。その中で忘れてはならないのが「相続...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 隣地が筆界特定を申請。その筆界は我が家の方にはみ出している。

    実家と隣地の筆界特定をするとの通知が来ました。筆界が、我が家の土地に5㎝ほど入るというのです。 これに対応する方法を教えてください。ちなみに、本日2月7日、法務局の筆界特定の係が来て、もちろん、我が家の方は納得しなかったので、次回測量士を連れてくるそうです。 位置関係は坂道に沿って住宅が並び、今回筆界特定を依頼...

  • 土地時効取得と境界杭

    お世話になっております。45年前に両親が当時他の所有者の畑の一部を分筆し、家を建てました。両親も80歳をこえたため療養施設にて生活しているため、この度宅地建物の売却を行いました。仲介された不動産会社にて作成された契約書にt、公募売買ときていされています。また、契約締結前に売主は境界を明確にするという一文がはいており...

  • 官民境界

    土地を売却する際 隣地官民境界が決まっていなければ売却できませんか? 水路があるので官民の境界が確定されておらず それが決まらないと売却できないと思っていたのですが その土地が売れたそうで 売却前に境界確定の立ち会いを 求められたのですが当方は拒否しました。 ちなみに当方は対岸の土地所有者です。 公図をみると境...

  • 購入した土地の境界と全く異なる境界を隣家が主張

    2年前に土地を購入しました。 その際、地籍調査により作成された地籍集成図と面積計算書を基に売り主と現地で境界確認し売買しました。 最近になり隣家から、境界が20メートル手前の境界杭が起点と主張されました。この場合300平米土地が減ることになります。尚、土地には建築物はありません。そこで先生に2つ質問があります。 ...

  • 畦畔を白土として認定させるには

    50年来畑として耕作している土地の一部についてですが、公図では自己所有の土地の間に細長い土地が入り込んでいます。この土地は隣接地Xと隣接地Yを結ぶように存在していました(境界がない土地)が、12年ほど前の地図訂正により、隣接地Y側に境界線が引かれ、隣接地Xの土地の一部であるようになってしまいました。 この地図訂正は...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

遺産相続に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。