1. 弁護士ドットコム
  2. 相続
  3. 親告罪における刑事告訴の可否

公開日:

親告罪における刑事告訴の可否

2017年07月15日
現在、遺産分割調停中です。遺産総額は7,000万円強です。相続人は配偶者、子A(私)、子Bの三人です。約14ヵ月前に子Bが1,300万円内外をキャッシュカードを使って無断で預金財産を引き出しました(法定持分の範囲内ではあります)。引き出した理由や現状を相手方弁護士に対し、数度にわたり問いただしましたが、返答をしません。現在、調停では解決金を子Bが支払うよう主張している段階で、これに子Bが応じれば、全てのことは不問にして示談で終わらせる考えでおります(解決金の件については話がややこしくなるので割愛します)。銀行の取引履歴を約10ヵ月前には入手していましたので、多額の預金が引き出されていることは知っていましたが、引き出したのが子Bだと判明したのは、約3ヵ月半前に配偶者及び子Bから家裁に提出された遺産分割協議書案の文中からです(協議書案を提出するためには犯行を自供せざるを得なかったという格好です)。前置きが長くなりましたが、お聞きしたいのは、このケースの場合、窃盗罪若しくは横領罪で刑事告訴は可能でしょうか?
相談者(568375)の相談

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> このケースの場合、窃盗罪若しくは横領罪で刑事告訴は可能でしょうか?

難しいかと思います。
あくまで民事上の遺産分割として、不明瞭な使い込み説明できなければ、返還すべきという姿勢で、争うのが良いでしょう。

2017年07月16日 07時50分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
預金を引き出したのは
父の死亡前でしょうか
後でしょうか。
いずれにせよ、実質的には親子間の窃盗ということですから
刑事告訴は難しいと思います。

2017年07月17日 17時21分

相談者(568375)
引き出した時期は相続開始の前と後の両方です。開始前に200万円、開始後に1,300万円内外です。開始前の分に関しては、親子間の窃盗で異論はないですが、開始後の分に関しては、共有の相続財産ですから、同居していない傍系血族の親告罪になるのではないでしょうか?

2017年07月18日 10時28分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
共有なので、自分の権利と他人の権利は区別されていない状態で下ろした
ということで
犯罪を成立させるのは難しいと思います。

2017年07月18日 10時32分

この投稿は、2017年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では16,011名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

未成年の子に相続放棄をさせたい…親が代わりに手続きできる?

相続が発生したとき、亡くなった人に借金があるような場合、相続放棄を検討する人もいるでしょう。では、相続人の中に未成年者がいる場合、その親が代...

遺産分割の話合いに応じない相続人がいる場合の対応を弁護士が解説

かたくなに遺産分割に反対し、まともに話合いに応じない相続人がいるーー。このような場合、いつまでも遺産の分け方を決めることができません。遺産分...

【遺産相続】夫と前妻との間の子に相続権はある?【弁護士Q&Aまとめ】

亡くなった夫に、前妻との間に生まれた子がいる場合、その子も相続人となるのでしょうか。前妻が再婚している場合はどうなるのでしょうか。これらの疑...

遺産から葬儀費用を支払ったら「相続放棄」ができなくなる?

相続放棄を検討している場合に、亡くなった人の葬儀費用を遺産から支払うと、単純承認とみなされて相続放棄ができなくなってしまうのでしょうか。遺産...

遺産を独り占めしようとする相続人がいるときの対策と遺産を使われた場合の対処法

全ての遺産を独占しようとしている相続人がいるーー。このような場合、遺産を奪われることを防ぐために、他の相続人はどのような対策ができるのでしょ...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 会社の破産。この場合、債権者集会は開催されますか?

    負債総額が2500万円です。債権者は銀行が1行、取引先が2社、知人が3人です。代表取締役の財産は0です。この場合、債権者集会は開催されますか?

  • 遺産相続で金額がはっきりしない訴状の書き方について教えてください。

    経緯: 現在、遺産分割調停中ですが、相手方が被相続人の預金通帳の現金を横領し、その後も遺産管理をしているため被相続人の現金の額がはっきりしません。現時点で分かっていることは、被相続人の現金は通帳の現金、保険金、手持ち現金ですが、金額がはっきり分かっていて証拠が出せるのは通帳の現金だけと、自分の相続分の現金は、全...

  • 被相続人の預金を無断に引き出した相続人に不当利得を得た分の利息も請求できるか?

    被相続人 :父(2015年12月下旬 死亡)   相続人  :子供3人(相続人A,B,C)だけ 遺言書  :なし 相続人Cは、相続人A,Bに隠れて、父の死亡直後から父の普通預金口座から現金を引出し 相続人A,Bには、普通預金口座には、残高はほとんど無かったという虚言をしました。 (同様の虚言のメールも証拠として保管してある) ...

  • 訴状に貼った印紙代の一部の返還は可能か

    行政処分の取消訴訟を検討しています。 実際の処分は3個なので、訴額は3個の非財産的請求として「160万円×3」となると思います。 しかし、実質的には1個の処分でできたはずと思います。 この場合は、3個の処分の取消しを求める訴訟として訴状では「160万円×3」に対応する印紙を出しておき、その後、実質的には1個の処分だから訴額は...

  • 贈与と遺留分の算定について

    親A,Bには現在合計9000万円の資産があり、AとBの間には子CとDがいます。 また、相続発生時には残りの資産が8000万円まで減少していると仮定します。 また、AとBは20年ほど前にCの家賃を合計800万円負担しています。 A、Bは共にCへは遺産相続させたくないと思っており、遺言ではすべての遺産をDに相続させることになっています。 ...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

相続の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。