相続放棄と二次納税義務

公開日: 相談日:2017年05月23日
  • 1弁護士
  • 3回答


主人は株式会社をしておりましたが
税金滞納があります。
株式会社にする前の滞納もあるようです。
そこで学資保険を差し押さえられています。
この状況のまま主人がなくなりました。
しかし主人がなくなる前にリビングニーズ特約として保険金を受け取り子供へ贈与しています。
贈与の申告はしています。
私と子供は相続放棄をしましたが税務署がこられて会社の負債は返済義務はないが個人の負債は二次納税義務があるといってきました。
この場合は相続放棄をしても二次納税義務があるのでしょうか?
また税務署は学資保険を名義変更して私が全額個人の負債を払えば学資保険は満期に受け取れるといっています。
個人的に学資保険の名義変更は単純認証になるのではないかと思い相談させていただきました。
よろしくお願いします。

552848さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    本件では,国税徴収法37条の「無償又は著しい低額の譲受人等の第二次納税義務」に該当するかどうかが問題になりますが,仮に該当する場合は,相続放棄しても免れるものではありません。
    被相続人が契約者の学資保険は,遺産ですから,相続に際して名義変更すれば,単純承認になります。

  • 相談者 552848さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    やはり単純認証に当たるのですね。
    税務署からは二次納税義務が発生すると言われたので払う義務があるようですね。
    この二次納税義務というのは国税のみでしょうか?
    銀行の融資が600万近く残っているようです。
    この融資額も二次納税義務が発生するのでしょうか?
    よろしくお願いします。

  • 相談者 552848さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    今日税務署へいき話をしてきました。
    主人の所有していた車が3台あるのですが無価値なので処分してくださいと言われました。
    万が一値が付いたらこの金額を税金に当てるよう納税をしてほしいと言われました。
    この通りに動いても大丈夫なのでしょうか?

  • タッチして回答を見る

    値がついた車を処分することは,単純承認にあたります。
    もちろん,債権者にばれなければ,問題は顕在化しませんが。

    税務署は,質問者さんが,相続放棄をして債務を免れたいと
    考えていることなど知ったことではなく,税金の回収のために
    アドバイスしています。

  • 相談者 552848さん

    タッチして回答を見る

    峰岸先生ありがとうございました。
    そうですよね。
    手をつけてしまうところでした。
    税務署は相続管理人をつけるようですが
    相続管理人の方々はほぼ無価値同然の車なども処分や清算の対象にしてくれるのでしょうか?

この投稿は、2017年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す