公開日:

遺言状の内容でない母が、相続した土地は、権利を主張出来ないのですか?

2017年05月08日
ベストアンサー
現在、母の実家に母名義の土地があり、そこの収益は、叔母が管理をしています。祖母が存命時は、祖母が管理をして、20年前に祖母が亡くなった時に遺言で叔母に他の財産全てが譲られるのを母が主張して、この土地だけは、母のものにしました。今年1月にお金が必要になり、叔母に今まで管理をしてもらっていたので、過去5年分の収益だけを返却してもらい、それ以前の収益は、放棄するから、土地の管理も戻して欲しいと伝えました。それを聞いた叔母は、今まで祖母が管理し、それを遺言状でも叔母のものになったのを母が横取りをして、勝手に登記もした。だから、この土地は、叔母のもので、収益も返す必要がないとまで言われました。
母は、困り果て、私が代わりに連絡しようとする前に、叔母が代理人にした弁護士から、内容証明が届き、一切叔母とコンタクトしないよう。
また、登記はされていないが、祖母の遺言状がある以上は、実質的な管理者は、叔母であり、過去の収益から今後も叔母のものだから、損害賠償請求されても反訴するし、収益の内容も今後のことがある以上、詳細は一切教えられない。
土地の収益は、駐車場やアパートで個別にお金を叔母が集金していたので、総額が分かりません。ずっとプールしてあげるから、何か必要な時に言ってねと叔母に言われましたから、まさか今になり、自分のものだからという祖母の遺言状まで出してくるなんて、想像しませんでした。

実家には、叔母が1人ですが、近所で琴の師匠をしており、訴訟騒ぎにしたくないと母は言ってます。私は時効みたいな事があると損害賠償が請求出来なくなるかもしれないから、まず何年遡り、叔母に管理を頼んでいた収益が取り戻せるか?
今年から収益も請求しないと、放棄した事になるのでしょうか?それが心配です。
相談者(548459)の相談

みんなの回答

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
まず、お母さんの名義である不動産の管理に関する遺言書の内容
及び祖母がその不動産に対する賃料を取得していたのか
いたとすればその理由などがわからないと
根本的な回答ができません。

一般論としては
お母さん名義の不動産の賃料は
お母さんが取得すべきということになります。
ただし、祖母がその賃料を取得していて
その賃料の取得権を遺言で叔母に相続させた
ということも考えられなくはありません。

過去の賃料の返還請求は不当利得返還請求でしょうから
時効は叔母が取得してから10年です。

賃料の取得を希望するのであれば
弁護士に面談で相談し、依頼した方がよいと思います。

2017年05月08日 20時17分

相談者(548459)
高島先生ありがとうございます。追加書き込みとして、祖母の遺書は、嫁に行かず世話になった叔母に土地、建物の不動産及び預貯金の全てあげる話でしたが、母が遺留分として一部の土地をもらう話で叔母と話し合いで決めました。但し、母は、実家から、離れていたため、叔母に管理を頼んで、収益をプールしてもらってました。ただ、遺言状の内容では、全て叔母に渡す内容でした。

2017年05月08日 20時31分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 但し、母は、実家から、離れていたため、叔母に管理を頼んで、収益をプールしてもらってました。
ただ、遺言状の内容では、全て叔母に渡す内容でした。
  争点は、この管理を依頼して収益をプールしてもらっていたという合意があったのか
  遺言書にしたがって、賃料は叔母さんが取得するという合意だったのか
  ということだと思います。
   当時の遺産全体の額から遺留分の額を計算して
  とお母さんが取得した土地の価格と遺留分の額を比較するなどして
  あなたのお母さんの主張が正しいことを
  立証していくということになるかと思います。
   弁護士に面談で相談された方がよいと思います。

2017年05月08日 20時45分

相談者(548459)
高島様 ありがとうございます。息子からの質問かあります。時効というのは、あるのでしょうか?
たとえ預けてあるとはいえ、請求しない方が悪いと言われたら仕方ないですが、過去の3年分とか5年分とかは、請求出来ないのでしょうか?
祖母からの財産は、この土地の収益だけですし、わざわざ遺留分として、叔母と話し合いまでした土地ですから。このまま、叔母のものでは、遺留分の意味がありません。

2017年05月09日 17時12分

高島 秀行
高島 秀行 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
最初の回答で申し上げたとおり
不当利得返還請求の時効は、
相手が取得してから10年となります。

2017年05月09日 17時32分

この投稿は、2017年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では15,759名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

【相続】遺言書が2通以上見つかった…どの遺言の内容が有効なのか

家族の誰かが亡くなって相続の手続きを行うときに、故人が残したと思われる遺言書が2通以上見つかった場合、どの遺言書の内容が有効なのでしょうか。こ...

遺産を独り占めしようとする相続人がいるときの対策と遺産を使われた場合の対処法

全ての遺産を独占しようとしている相続人がいるーー。このような場合、遺産を奪われることを防ぐために、他の相続人はどのような対策ができるのでしょ...

【相続】署名捺印がない、訂正部分がおかしい…そんな遺言書は有効?

亡くなった人の遺言書が見つかったけれど、本人の署名捺印がなかった場合、有効な遺言書として扱えるのでしょうか。こういった疑問について「[みんなの...

【相続】ノートに鉛筆で書かれた誤字脱字だらけの遺言書は有効?

亡くなった人の遺言書が見つかったが、ノートに鉛筆で書かれていて、誤字脱字が多いような場合、遺言書として有効なのでしょうか。「[みんなの法律相談...

【相続】故人の財産や借金、遺言の有無を調べる手段【弁護士Q&A】

相続の手続きを進めることになったとき、まずは、どのような財産があるのか、亡くなった人が遺言を残していないかを調べる必要があります。これらの調...

やること診断

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 土地登記の名義人の権利を主張出来るか?

    父が実家の周辺に登記が父のものである土地があります。今は、昨年、10数年間入退院を繰り返した叔父が亡くなり、叔母がずっと不動産収益を管理してますが、その収益は、叔母が父に内緒で使って叔母の家の改築や旅行の費用に使用しているみたいです。父が病気で入院したため、財産整理をするため、叔母に土地収益を返して欲しい事、そし...

  • 建物収去土地明渡請求できるのは相続人か、遺贈で土地の所有者になった孫か

    父の土地に父の弟である叔父が自分の家を建てています。そこには元々父が相続して暮らしていた家があったのですが、父が転居した後は叔父一家が暮らしておりました。老朽化の為、父の許可のもと叔父が父の家を壊し、自分の家を建てて今に至っています。叔父には父が入院した時に時効取得したと裁判を起こされ、父が勝訴し叔父の使用貸借...

  • 実家の土地の収益について。

    60年前に父が実家の土地の一部を相続しました。そこからは、収益がありますが、祖父、祖母、叔父と実家を維持するために、請求はずっとしませんでした。ただ固定資産税は、負担してもらってました。 しかし、昨年、叔父が亡くなり、実家を維持する必要もなくなり、父が私に収益を渡そうとしたら、叔母が土地は私のものであり、収益もず...

  • 訴訟しないといけないでしょうか?

    10年前から同居している母が亡くなりました。 建物の名義は母のものですが、土地の名義は長男である弟のものです。土地の購入時に父が頭金を用意し、残りを弟が住宅ローンを組んで支払いました。父は住宅ローンに充当する金額を土地代として弟に支払っていました。 父が亡くなった10年前に、弟が支払った相当分の金額を払うので土...

  • 母・姉・私の相続について

    現在3年前他界の父の相続が未完了。 土地1.2.3を3人共有で相続。土地2に母と姉名義で新築。 この際土地2の名義から母を引取る事で私を外す。 私のその分を母が買取ると協議書に明記。 土地1は古家屋有。現在仕事の都合で空き家。土地3は価値無。 本家長男で直近は難しくとも墓も有り檀家の寺もあり、管理と墓・檀家の祭り事は親戚...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

依頼前に知っておきたい弁護士知識

最近検索されたキーワード

相続の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。