実家の底地を買い取り古家を建て替え相続したい。 兄を説得する交渉方法は?

地主から実家の底地の買い取りをお願いされ買い取る予定です。
相続時、揉め事のないよう売却し平等に折半するのが良いと思うのですが
持ち家の無い私(長女)は古家の実家を建て替え母と娘と同居し相続したいのです。
(兄家族は持ち家があります。)
兄を説得するにはどのような交渉をすれば妥当でしょうか


借地権割合60% 土地 83.87㎡
底地権割合40%
1㎡=19万

2017年02月11日 19時40分

みんなの回答

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 兄を説得するにはどのような交渉をすれば妥当でしょうか

ご両親が亡くなってから、預貯金など現金を残すことで交渉するか、購入される方があなたに生前贈与したり、遺言を残すことによることでしょう。

2017年02月11日 20時19分

塩見 恭平
塩見 恭平 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
分かりやすいところでは、相当額の金銭を支払うというところです。
お母様を扶養するという点を交渉材料にして、金銭を安くさせることは考えうるかと思います。

2017年02月11日 20時22分

中島 繁樹
中島 繁樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 福岡県3
弁護士が同意1
ありがとう
いずれ取り壊したいと考えている建物の所有権は誰名義になっているのでしょうか。その建物についてお兄さんが持分をもっているのであれば、その持分の代金をあなたが現金で支払うという方法を基準として、あらかじめお兄さんの了解を取り付けるというのがふつうではないでしょうか。

2017年02月11日 20時25分

加藤 尚憲
加藤 尚憲 弁護士
遺産相続に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう
お母さんが底地を買い取る(お母さんの財産から買取資金を支出する)という前提で回答します。

(1)遺言書の作成
 相続について予め定めておきたい場合、お母さんに遺言書を作成してもらうことが、今できる唯一の法的に有効な対策です。
 遺言書を作成すれば、もはやお兄さんの了解を取る必要すらないからです。
 すなわち、遺言書であなたが土地と建替え後の実家を相続し、その他の財産をお兄さんが相続することにしておけば、原則としてその通りの相続が実現します(遺産分割は必要ありません)。
 ちなみに、仮に、お兄さんを説得して合意書を作成したとしても、相続の発生前に作成した書面には法的な効力がないので、お兄さんを説得しようとすること自体、あまり意味を持ちません。

(2)遺言書の作成方法
 遺言書は、必ず公正証書にすることをお勧めします。
 自筆証書遺言は、書き方を間違えて無効になったり、偽物であると言いがかりをつけられるなど、トラブルが後を絶たないからです。
 公正証書の作成費用は、自宅の土地建物と預貯金数千万円程度の規模の相続の場合、5万円〜10万円程度で済みます。

(3)遺留分について
 相続人には、遺言書の内容に関わらず、相続財産の一定割合を相続する最低限の保証があります。
 この保証を遺留分と言います。
 2人兄弟の場合、遺留分は4分の1ですので、遺言書の中で相続財産全体の4分の1はお兄さんが相続するようにしておくことをお勧めします。

(4)実家の建替えについて
 実家を建て替える際、誰がその資金を出すのでしょうか。
 もし、一部でもあなたが資金を出すのであれば、建物の持分の一部はあなたのものになる(必ず登記名義を資金提供者と一致させて下さい)ので、その持分は、相続の対象ではありません。
 また、仮に何らかの事情で遺言書が作成できなかったとしても、建物の全部または一部があなたのものであり、かつあなたが建物に住んでいれば、遺産分割の際にあなたが土地建物を相続することになる可能性はかなり高くなります。
 もっとも、遺産分割を行う場合は、あなたとお兄さんの相続分は平等であることが原則なので、土地建物をあなたが相続してもお兄さんの取り分が残っているか、あなたがお兄さんに代償金を支払うか、いずれかが必要です。
 なので、なるべく遺言書を作成することをお勧めします。

2017年02月11日 20時36分

森田 英樹
森田 英樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 大阪府5 遺産相続に注力する弁護士
ありがとう
> 兄を説得するにはどのような交渉をすれば妥当でしょうか

・・・ 土地 83.87㎡ 借地割合60% 1㎡=19万 というのは地主との間での合意でしょう。実家が建て直しの必要なくらい古い家だというのであれば借地権の価値としてその額を下回ることも考えられます。実際あなたが土地の権利を買い取り あなた名義にすればよいと思います。あとは相続時に適正な借地権額 と お母さんの扶養などをもとに 兄と協議すればよいと思います。土地建物を現時点であなたの名義にしておくことです。

ところで 借地を購入するにあたり 事前にその土地上に建物を再築することが出来るかなどの調査を行っておくことが大切です。前面道路が狭く 建物の建て替えが認められないケースもありますのでご注意を。

2017年02月11日 20時58分

この投稿は、2017年02月11日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

このようなトラブルは弁護士

弁護士に依頼することで、解決できる可能性が高い相談内容です。

弁護士に依頼することを検討している方には
一括見積りがおすすめです。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

「弁護士ドットコム」では13,709名の弁護士から、「遺産相続に注力する弁護士」 や「初回相談無料の弁護士」などの条件で絞り込むことができます。お住まいの地域であなたの希望に合った弁護士をお探しください。

関連度の高い法律ガイド

1人の相続人に全財産を与えたい!生前にできる対策はある?

自分の全財産を、1人の相続人だけに相続させることはできるのでしょうか。生前にどのような対策が必要なのでしょうか。「[みんなの法律相談](https://w...

納骨の方法をめぐって親族で対立…遺骨の所有権は誰にある?

家族の誰かが亡くなった後、納骨の方法について意見が分かれることがあるかもしれません。そもそも遺骨は誰の所有物だと考えられるのでしょうか。お墓...

【相続】遺言書が2通以上見つかった…どの遺言の内容が有効なのか

家族の誰かが亡くなって相続の手続きを行うときに、故人が残したと思われる遺言書が2通以上見つかった場合、どの遺言書の内容が有効なのでしょうか。こ...

遺産分割の話合いに応じない相続人がいる場合の対応を弁護士が解説

かたくなに遺産分割に反対し、まともに話合いに応じない相続人がいるーー。このような場合、いつまでも遺産の分け方を決めることができません。遺産分...

財産目録の作り方と不動産の価値を評価して相続税が生じるか判断する方法

あなたが遺言を残さずに亡くなった場合、家族が相続の手続きを進めるにあたって、あなたの財産の内容を全て把握する必要があります。あらかじめ財産を...

今するべきことがわかります

今するべきことがわかります 相続のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 土地の相続税について

    父親が死去し土地の名義はそのままです。 母親はいます。 その場合土地の相続税はいくらほどになりますか? 兄弟がいます。 土地は1400万ほどになります。 建物は借地権になります。

  • 借地権と建物を譲りたい

    借地権の買取について質問させてください。 50年以上前の私の父の代から借りている土地があります。 元々は私ども家族が住んでいて、父が20年前に死亡した後は、他人に貸しています。 今後のことを考え、現在住んでいる方に借地権と建物を買い取ってもらうか、地主に借地権を 買い取ってもらうかしたいと思っています。 築50年の建...

  • 底地の等価交換について

    2棟の倉庫が建っています。建物は法人名義で社長が姉。底地を姉と妹の共有です。 妹に対し地代が平成21年から支払われていません。姉は借地権を主張し50%の底地の減額を妹に対し主張しています。姉が妹の自宅の一部の持ち分を持っているので姉の妹の自宅の持ち分と倉庫の妹の底地を交換する際、倉庫の底地を借地権の50%減額は妥当でし...

  • 旧借地借家法20年契約の借地と家の場合 借地権と家は別々の価値として見て良いのでしょうか?

    父は期間20年で借地しています。 20年ごとに更新するもので、更新料の規定はありませんが、相当額を払って更新してきました。 曾祖父の時代から借りている土地で、契約は旧借地借家法です。 借地の上には、20年前に亡くなった祖父と母半々の共有名義の家が建っています。 築60年の壊れそうな家です。 ■旧借地借家法の場合、 ・...

  • 土地・建物の相続について

    夫-妻 子供3人 土地建物8000万程度。 この状態で夫が死亡しましたが、土地建物は売却せずに妻と子2人が住むようになります。 この場合は相続はどのようにするのでしょうか?

法律相談を検索する

依頼前に知っておきたい弁護士知識

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

相続の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

相続のニュース

  1. 結婚式で起きた「祝儀空っぽ」事件 新郎激怒...
  2. 「ドン・ファン」全財産を田辺市に寄付と遺言...
  3. はあちゅうさんが「事実婚」発表、知っておき...
  4. 高級住宅街、高価な壺や布団を近所で預け合う...
  5. 富裕層に衝撃「相続税法改正」で節税の縛り強...
  6. 「預貯金」は遺産分割の対象…最高裁の初判断...
  7. 最高裁「預貯金は遺産分割の対象に」判例見直...

活躍中の弁護士ランキング

遺産相続の分野

ピックアップ弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。