母の親代わりの義姉の財産等の相続について

公開日: 相談日:2016年06月27日
  • 5弁護士
  • 5回答

母は幼少の頃に父を無くしました。母は兄弟が多く、母の母一人では大変だった為、母の兄夫婦にお世話になりました。母は、母の兄夫婦の老後は面倒をみたいと同居しましたが、母の兄が亡くなりまた母も亡くなりました。そして、母の兄の奥さんも危ない状態になり、相続の件で教えて欲しい事があります。母の兄の奥さんの財産は、母の兄の奥さんの親子→兄弟の順と思いますが、親子も兄弟もいない場合、遺言に記載なければ国の物になってしまいますか?それとも母の兄の兄弟が生きていれば其方になりますか?また、母の兄の奥さんは兄弟がいると話をした事がありますが、定かではありません。戸籍を調べ兄弟でなくても血縁などあった場合、其方に財産が行ってしまうのでしょうか?

463993さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    東京都7位

    高橋 淳 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    母の兄の奥さんの財産は、母の兄の奥さんの親子→兄弟の順と思いますが、親子も兄弟もいない場合、遺言に記載なければ国の物になってしまいますか?

    → 貴方が代襲相続します。

  • 弁護士ランキング
    京都府4位
    タッチして回答を見る

    母の兄の妻(被相続人)が逝去した場合の相続人は、①被相続人の子、②被相続人の親、③被相続人の兄弟姉妹です。(被相続人の夫=(母の兄)も第1順位の相続人ですが、すでに死亡しているので対象から外れます。)
    上記③兄弟姉妹は、被相続人の夫の兄弟姉妹は原則含まれません。(被相続人が夫の親と養子縁組していれば格別ですが。)
    上記③兄弟姉妹が亡くなっている場合は、その子(甥・姪)が代襲相続人となります。

    配偶者、子(孫、曾孫…)、親、兄弟姉妹(甥・姪)もすべてない場合は、相続人不存在として、(特別縁故者がいれば相続財産の一部または全部を取得する可能性がありますが、)国庫帰属することになります。

  • 弁護士ランキング
    鹿児島県1位
    タッチして回答を見る

    「母の兄(A)の奥さん(B)の財産は、母の兄(A)の奥さん(B)の親子→兄弟の順と思いますが、親子も兄弟もいない場合、遺言に記載なければ国の物になってしまいますか?」

     Bが死んだ場合ですね。ご記載のとおりであれば、Bには相続人が居ないことになりますので、最終的には相続人不存在ということで、国庫に帰属します。相続人不存在の場合、ご記載の事実関係を前提とすれば、ご相談者のお母さんが特別縁故者として財産を取得する可能性があります。


    「それとも母の兄(A)の兄弟が生きていれば其方になりますか?」

     AはBの夫ですね。現在は死亡していて、その兄弟が生きているということですが、Aの兄弟はBの相続人とはなりません。

    「また、母の兄の奥さん(B)は兄弟がいると話をした事がありますが、定かではありません。戸籍を調べ兄弟でなくても血縁などあった場合、其方に財産が行ってしまうのでしょうか?」

     Bに兄弟がいれば(Bには子が無く、直系尊属もないということであれば)、その兄弟が相続人となります。兄弟がすでに死亡していても、その子(Bの甥姪)が生きていれば、代襲相続人となります。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    母の兄の奥さんの財産は、母の兄の奥さんの親子→兄弟の順と思いますが、親子も兄弟もいない場合、遺言に記載なければ国の物になってしまいますか?
      母の兄の奧さんの相続人は
       母の兄の奧さんの子供がいないということであれば
       母の兄の奧さんの親となります。
       母の兄の奧さんの親が亡くなっていれば
       母の兄の奧さんの兄弟が相続人となります。
       母の兄の奧さんの兄弟が亡くなっていても
       母の兄の奧さんの兄弟の子供が相続人となります。
      
    それとも母の兄の兄弟が生きていれば其方になりますか?
      母の兄の奧さんの相続について、母の兄の兄弟は相続人になりません。

    また、母の兄の奥さんは兄弟がいると話をした事がありますが、定かではありません。戸籍を調べ兄弟でなくても血縁などあった場合、其方に財産が行ってしまうのでしょうか?
      母の兄の奧さんの兄弟あるいは兄弟の子供がいれば相続人となりますが、それ以外であれば、相続人とはなりません。

     母の兄の奧さんが遺言書を書けるのであれば、あなたのお母さんに遺贈する旨の遺言書を書いてもらったらよいと思います。
     弁護士に面談で相談されたらよいと思います。

この投稿は、2016年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す