土地賃借権契約について。

公開日: 相談日:2023年01月22日
  • 1弁護士
  • 3回答

【相談の背景】
主人の実家、一人暮らしの母の同意を得て家族信託を進めておりますが、土地を借りてる地主に断られてしまいました。
母は借地主から借りてる土地に戸建ての建物をたててすんでおります。

地主の意向は、
・家族信託はしらない
・家族信託などやらず、他界したら相続すればよい

とのこと。

土地賃借契約書には以下のことがかかれていました。

【土地賃借契約書】

賃借人は次の場合には、事前に賃貸人に書面による承諾を得なければならない。尚、賃貸人が承諾した場合双方協議の上承諾料を定めこれを、賃借人が賃貸人に支払うものとする。

賃借人が本件賃借権を譲渡、もしくは土地上の建物を売買・譲渡するとき、また本件土地の転換をするときその他名目の如何に拘らず
事実上これらの結果を生ずる行為をしたとき。


質問①
上記内容が書かれていた場合でも、地主がダメといったらダメなのでしょうか?

質問②
この契約書は20年間分。
2021年までの契約です。
2021年に20年間の地代更新料を80万円近く払っておりますが、
現契約の契約書はなく、
手元にあるのは20年更新時の支払い額の通知書だけです。

この地主のやり方はいかがですか?
宜しくお願いいたします。

【質問1】
地主と交わした土地賃借権契約について。

1220637さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    質問①
    上記内容が書かれていた場合でも、地主がダメといったらダメなのでしょうか?

    信託内容によります。
    賃借人としての権利やその相続を前提としているものについては、賃貸人は無関係のことはあります。
    しかし、賃貸人に一定の新しい義務が生じる場合は、同意が必要でしょう。それ次第です。

    質問②
    この契約書は20年間分。
    2021年までの契約です。
    2021年に20年間の地代更新料を80万円近く払っておりますが、
    現契約の契約書はなく、手元にあるのは20年更新時の支払い額の通知書だけです。
    この地主のやり方はいかがですか?

    契約書の記載次第です。
    更新のたびに新契約はせずに、前のものを利用し続けることはあります。

    両方の質問とも、賃貸借契約と、信託契約の内容の確認が必須かと思われます。
    それをお持ちになって相談というところでしょう。

    【質問1】

    地主と交わした土地賃借権契約について。


  • 相談者 1220637さん

    タッチして回答を見る

    ご回答ありがとうございます。

    再度の質問です、法律に詳しくなく無知な質問ですがどうかお許しください。

    →信託内容によります。
    賃借人としての権利やその相続を前提としているものについては、賃貸人は無関係のことはあります。

    母が少しずつ判断能力が低下しており後見人をつけたくないといってます。
    近い将来、施設入所など介護を受ける際に必要なお金を、と思って家族信託を考えております。預貯金450万円では到底足りないのですが、
    ①こちらの都合は関係ないのでしょうか?
    もちろん今の状態が変わらず、施設に入らず逝去した場合は相続を考えておりますが、我々そこにすまないので売却します。
    ②相続して売却するにも許可が必要なのですよね?


    しかし、賃貸人に一定の新しい義務が生じる場合は、同意が必要でしょう。それ次第です。

  • 相談者 1220637さん

    タッチして回答を見る

    ありがとうございます。
    先ほど①のこと

    →信託内容によります。
    賃借人としての権利やその相続を前提としているものについては、賃貸人は無関係のことはあります。

    ↑こちらの意味をもう少し教えてくださいますか?すみません、理解に乏しくて。たとえばどういうことでしたら可能なのでしょうか?

    ②の件、借地非訟というものですか?

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位
    タッチして回答を見る

    すみません、かなり混乱しておられるようです。
    私の説明が悪いのか、ご回答についても、ずれた再質問になっていますし、そもそも失礼ながら最初のご質問から、ややずれておられる印象を受けます。

    法律の専門家ではないのですから、仕方がないことですが、ネット上での相談は限界だと思います。このまま進められると誤解のままに大きなトラブルになる可能性もあります。

    時間をじっくりかけての相談を受ける方がよいように思います。

この投稿は、2023年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す

弁護士回答数

-件見つかりました