兄が根抵当設定している土地を、父から相続しました。借入もあります。

公開日: 相談日:2022年01月13日
  • 2弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
父が亡くなり、父の土地を兄と私の二人で相続するのですが、兄が代表取締役である法人が、その土地に根抵当を設定しています。
根抵当で銀行から数百万借入しているようですが、返済が滞っており条件変更しているそうです。

その他、現状としては以下の通りです。
・現状まだ相続登記を行っておりません
・銀行に確認したところ、父は連帯保証人になっていませんでした
・父は以前代表取締役でしたが、数十年前に兄に代表取締役を譲り、亡くなった時、父は取締役でした
・根抵当の設定自体は父が代表取締役の時ですが、現在の借入は兄が新たに契約し借りたものです

よろしくお願いいたします。

【質問1】
1.このまま返済が滞り、銀行に差し押さえられた場合、当方は自分の持ち分について権利を主張できるのでしょうか?

【質問2】
2.この借入は当方が相続しないもの(返済義務無)と認識していますが、合っておりますでしょうか?

【質問3】
3.当方が代わりに債務を全て返済すれば、この法人名義の根抵当を外すことはできるのでしょうか。

1103036さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    > 1.このまま返済が滞り、銀行に差し押さえられた場合、当方は自分の持ち分について権利を主張できるのでしょうか?

    (回答)持分に関係なくその土地が担保になっているので権利の主張は出来ません。
    > 【質問2】
    > 2.この借入は当方が相続しないもの(返済義務無)と認識していますが、合っておりますでしょうか?
    (回答)それで宜しいです。 返済義務というのは、お父様が負ってた義務ではありませんので貴方が相続するものではありません。

    【質問3】
    3.当方が代わりに債務を全て返済すれば、この法人名義の根抵当を外すことはできるのでしょうか。

    (回答)根抵当権の被担保債権はお兄様が代表取締役の法人に対するものですから、その法人に代わって貴方が全額債務の返済をしたとしても、その法人が将来的に被担保債権となる債務を負う可能性がなくならない限りすなわち確定しない限りは根抵当権を消滅させることは出来ません。


  • 弁護士ランキング
    東京都3位

    鈴木 祥平 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】このまま返済が滞り、銀行に差し押さえられた場合、当方は自分の持ち分について権利を主張できるのでしょうか?

    【回答1】まずは、現在の法的な状態を確認する必要があります。現在は、抵当権の負担が付いた土地を兄とあなたで「共有」しているということになります。あなたには、1/2の持分権があり、兄にも1/2の持分権があります。

    銀行が抵当権を実行して土地を差押えて、担保権競売をした場合、仮に、その土地が2000万円の価値があって、銀行に対する会社の借金が1000万円の場合には、1000万円の余剰が生じますので、その1/2のずつ(500万円ずつ)兄とあなたで分けることができます。

    もっとも、銀行に対する会社の借金の方が多い場合には、不動産は取られてしまい、あなたの取り分はありません。但し、あなたは、他人(会社)の債務を自分の持分権を競売されることで支払ったことになるわけですから、会社に対しては「自分が負担した分を返せ!」ということができます。これを「求償権」と言います。

    【質問2】この借入は当方が相続しないもの(返済義務無)と認識していますが、合っておりますでしょうか?

    【回答2】借入れは、会社の債務ですから、あなたが負担する債務ではないし、返還義務はありません。しかしながら、抵当権が実行された場合には、あなたはその共有持分権を失う可能性はあります。

    【質問3】当方が代わりに債務を全て返済すれば、この法人名義の根抵当を外すことはできるのでしょうか。
    【回答3】もちろんその場合には抵当権を外すことは出来ると思います。ただ、それをするのであれば、あなたが会社に対して有する求償権(代わりに払ったものを返せと言う権利)に対して、あなたのお兄さんの連帯保証をとっておくべきだと思います。

  • 弁護士ランキング
    東京都3位

    鈴木 祥平 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    質問3ですが、厳密にいうと、根抵当権というのは、「枠」の担保するものです。3000万円の枠内での借入れについては全部担保するということになっているので、抵当権を外すためには、「根抵当権の元本確定」ということをしなければなりません。

この投稿は、2022年01月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す