居住権と自宅贈与について

公開日: 相談日:2021年10月24日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
引きこもりの20代の甥を父が預かってます。たまに攻撃的になり、こちらで預かるのは限界です。私と母は、シングルファザーの兄に甥と同居するよう言ってますが「親父が面倒みると言ったんだから知らない。俺は再婚するから息子の面倒はみない」という始末。父は「俺が死んだら追い出してよい」と言い、このまま同居するのかと思うと、うんざりです。
もちろん、私と母で家を出ようかと考えましたが、私がうつ病のため、フルタイムで働けず収入が低いので今はできません。

【質問1】
父は甥に居住権はないから追い出す事は可能と言います。○○様方にしてあるからと。居住権なしと解釈してよいのでしょうか?

【質問2】
父は私に家を譲ると言ったり、生前贈与をすると言います。遺言状はまだ作成していません。
生前贈与より、死後の自宅受け取りの方が特なのでしょうか?

1078068さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    長崎県1位
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    父は甥に居住権はないから追い出す事は可能と言います。○○様方にしてあるからと。居住権なしと解釈してよいのでしょうか?

    現実に居住しているわけですから、居住権がないというのは難しいでしょう。
    実態としてどのような状態なのかが問題であって、「様方」にしているから居住権がないとは言えません。

    法的に追い出すとなれば、訴訟が必要と考えられます。
    今後の対応も含めて、弁護士に直接相談されることをお勧めします。

    【質問2】
    父は私に家を譲ると言ったり、生前贈与をすると言います。遺言状はまだ作成していません。
    生前贈与より、死後の自宅受け取りの方が特なのでしょうか?

    死後の受け取りの方が、税金は安くなります。
    相続時清算課税制度を使うなら、同じ税額となります。

  • 弁護士ランキング
    兵庫県1位

    岡田 晃朝 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    父は甥に居住権はないから追い出す事は可能と言います。○○様方にしてあるからと。居住権なしと解釈してよいのでしょうか?

    いわゆる独立しての賃貸借の権利(居住権などと言われる)はないでしょう。

    使用貸借、あるいは父親の家も賃貸でしたら履行補助者でしょう。


    【質問2】
    父は私に家を譲ると言ったり、生前贈与をすると言います。遺言状はまだ作成していません。
    生前贈与より、死後の自宅受け取りの方が特なのでしょうか?

    生前贈与ならば文字通り生前です。
    遺言なら死後です。
    ご本人の意思があれば、どちらも可能でしょう。

この投稿は、2021年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す