母逝去に伴う自営していた会社の処理と相続放棄放棄について

公開日: 相談日:2021年08月04日
  • 4弁護士
  • 6回答

【相談の背景】
遠方に住んでいた母親が亡くなりました。亡くなる直前、自営している会社をしめてほしいと言われました。日本政策金融公庫から6000万の借り入れがあるそうです。相談者である自分は、母が自営している会社には一切関与していません。経営状況も従業員(10名)も知りません。また、会社の借り入れ以外に個人名義の借金が100万ほどあるみたいです。相続放棄を考えています。母には、父(相談者である自分の祖父)、弟(相談者の叔父)、息子(相談者である自分)、娘(相談者の妹)がいます。夫(相談者の父)とは離婚しています。※相談者の祖父は認知症のため施設に入所しています。自己判断ができません。また、相談者の叔父は25年間音信不通。連絡先も住居も不明です。

【質問1】
相続放棄すれば、会社の借り入れ、個人名義の借金といった負債は一切負わなくて済むのでしょうか?また、相続放棄放棄の手続きは、相談者の祖父、相談者の叔父も必要となりますでしょうか?

【質問2】
会社をしめてとだけ言われましたが、自分には会社に関わる情報が一切ありません。弁護士に委任することは可能性でしょうか?なお、母の自営していた会社には引き継ぐ意志のある方はいないようです。

【質問3】
相談者である自分と相談者の妹は、母の居住地からかなり離れたところに住んでいます。弁護士へ会社をしめる手続き・相続放棄を依頼する場合、母の居住地の弁護士、相談者の居住地どちらのほうがよろしいでしょうか。

1051700さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、2人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    お困りのことと思います。

    >会社をしめてとだけ言われましたが、自分には会社に関わる情報が一切ありません。
    >弁護士に委任することは可能性でしょうか?
    >なお、母の自営していた会社には引き継ぐ意志のある方はいないようです。

    →基本的には、
    ・ご相談者(と妹さん)が相続放棄をした後、
    ・会社に何らかの対応を求める「利害関係人」が、裁判所に「相続財産管理人」の選任を求め、
    ・裁判所が選任した相続財産管理人が、必要な範囲で業務を行う
    (解散、清算、破産など、会社を存在しなくするための処理は行われない)
    可能性が高いように思います。

    なお、
    ・お母様が経営していた会社の決算書を入手したり、
    ・実質的な経営者(キーパーソン)から話を聞くこと
    ができれば、会社に関する対応について、より詳しく検討できるとは思います。


    >相談者である自分と相談者の妹は、母の居住地からかなり離れたところに住んでいます。
    >弁護士へ会社をしめる手続き・相続放棄を依頼する場合、母の居住地の弁護士、相談者の居住地どちらのほうがよろしいでしょうか。

    →相続放棄は、お母様の最後の住所地の家庭裁判所に対して行います。
    ご相談のケースでは、事実上、会社への対応も一定程度必要になる可能性があると思われますので、お母様の居住地の弁護士に依頼した方がスムーズかもしれません。

    なお、弁護士次第ではありますが、弁護士との打ち合わせはオンラインで行うことも可能な場合も多いです。

    ご参考になれば幸いです。

  • 相談者 1051700さん

    タッチして回答を見る

    早々のご返答ありがとうございます。家族内でご返答頂いた内容について相談しようと思います。

  • タッチして回答を見る

    ご質問1への回答が漏れていました。
    失礼致しました。

    >相続放棄すれば、会社の借り入れ、個人名義の借金といった負債は一切負わなくて済むのでしょうか?

    →はい、ご理解のとおりです。


    >相続放棄放棄の手続きは、相談者の祖父、相談者の叔父も必要となりますでしょうか?

    →いえ。

    放棄の手続きが必要な「相続人」は、
    >息子(相談者である自分)
    >娘(相談者の妹)
    です。

    よい解決を祈念しています。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位
    タッチして回答を見る

    相続放棄すれば、会社の借り入れ、個人名義の借金といった負債は一切負わなくて済むのでしょうか?
    1 相続放棄ですが、法人ではなく、自然人を被相続人とする相続についての制度です。
    2 会社の借入は、そもそも、放棄の対象債務ではないです。
    3 個人名義の借入・会社のための連帯保証など、被相続人の個人債務はすべて対象です。

  • 弁護士ランキング
    新潟県1位
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    >
    > 相続放棄すれば、会社の借り入れ、個人名義の借金といった負債は一切負わなくて済むのでしょうか?

    そうなります

    また、相続放棄放棄の手続きは、相談者の祖父、相談者の叔父も必要となりますでしょうか?

    あなた方が相続放棄した後、祖父、叔父が放棄する必要があります
    >
    > 【質問2】
    >
    > 会社をしめてとだけ言われましたが、自分には会社に関わる情報が一切ありません。弁護士に委任することは可能性でしょうか?なお、母の自営していた会社には引き継ぐ意志のある方はいないようです。
    >
    あなたが弁護士に依頼し、その弁護士が会社の関係者からさらに依頼を受け、会社を閉めることはありえます
    > 【質問3】
    >
    > 相談者である自分と相談者の妹は、母の居住地からかなり離れたところに住んでいます。弁護士へ会社をしめる手続き・相続放棄を依頼する場合、母の居住地の弁護士、相談者の居住地どちらのほうがよろしいでしょうか。

    どちらもありうると思います
    相続放棄だけなら断然あなたの居住地の弁護士の方がいいです
    会社を閉める手続きについては会社所在地の弁護士の方がいいです
    どちらに依頼しても一長一短があります

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    相続放棄すれば、会社の借り入れ、個人名義の借金といった負債は一切負わなくて済むのでしょうか?また、相続放棄放棄の手続きは、相談者の祖父、相談者の叔父も必要となりますでしょうか?
      会社の債務はそもそも個人は連帯保証していなければ負担しません。
      ただ、母が代表者であれば連帯保証している可能性はあります。
      相続放棄をすれば、母の借入や連帯保証について一切負わなくてよいこととなります。
      順番は、子供、父(祖父)、兄弟(叔父)の順で相続放棄をする必要があります。

    【質問2】
    会社をしめてとだけ言われましたが、自分には会社に関わる情報が一切ありません。弁護士に委任することは可能性でしょうか?なお、母の自営していた会社には引き継ぐ意志のある方はいないようです。
      相続放棄をしたら、会社は代表者がいなくなり、会社は運営できなくなると思います。
      会社の従業員等への連絡は、弁護士に依頼してもよいと思います。

    【質問3】
    相談者である自分と相談者の妹は、母の居住地からかなり離れたところに住んでいます。弁護士へ会社をしめる手続き・相続放棄を依頼する場合、母の居住地の弁護士、相談者の居住地どちらのほうがよろしいでしょうか。
      どちらでもよいと思いますが、弁護士が会社について現地へ行くということを考えると
     日当等がかかりますから、現地の弁護士に依頼する方がよいかもしれません。

  • 相談者 1051700さん

    タッチして回答を見る

    相談者の祖父は認知症で自己判断ができず施設に入所しています。また、相談者の叔父は25年間音信不通で住所・連絡先も不明です。この場合も、相談者の祖父・叔父も相続放棄の手続は必要でしょうか?

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    祖父が相続放棄をしないと、判決を取られて、祖父名義等の財産が差し押さえられたり
    してしまう可能性があります。
    ただし、祖父が相続放棄をする場合、成年後見人を付ける必要があります。

    叔父さんについても相続放棄をした方がよいと思いますが
    連絡先不明であれば仕方がないと思います。

この投稿は、2021年08月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す