相続、生前贈与、相続放棄

公開日: 相談日:2021年07月20日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
父が亡くなりました。配偶者の妻は相続放棄しました。15年前には父は配偶者の妻に土地などを購入して妻名義にしていました。おしどり贈与の2019年の民法改正より前の2014年に、父は配偶者の妻におしどり贈与をしました。
配偶者の妻は相続放棄しました。
遺留分を請求できますか。

【質問1】
遺留分請求はできますか。

1047396さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 堀尾 拓未 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    タッチして回答を見る

    論理的には相続放棄をした者にも遺留分の請求は可能です。
    遺留分の侵害をした者が相続人以外の者でも遺留分は請求できるからです。

    ただし、お父様が亡くなったのが民法改正後ですと、10年以上前の贈与については遺留分査定の基礎に取り込めない可能性が高いです(民法1044条3項)。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    遺留分請求はできますか。
      贈与から死亡まで10年は経過しておらず、
      贈与は贈与なので、民法改正後に亡くなられたとしても
      遺留分侵害額請求はできると思います。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す