遺産を全て相続する人に遺産分割協議書を作らせたい。

公開日: 相談日:2021年07月13日
  • 3弁護士
  • 3回答
ベストアンサー

【相談の背景】
疎遠の伯父より伯父所有の不動産が50年前死亡した伯父の父名義のままで相続登記をなす為、遺産分割協議証明書と特別受益者証明書に実印、印鑑証明添付し提出するよう私、母、妹3人分の書類を送付される。
私の父は30年前死亡。祖父の死亡は50年以上前。母も父と知り合う前。相続登記の問題だけなら遺産分割協議書で足り、特別受益者証明書は不要の筈。
伯父に対し遺産分割協議証明書はともかく、特別受益者証明書に記載のある文言には思い当たる点が無く事実を問い質すが回答なし。
ただ、父以外の兄妹全員は特別受益者証明書を提出済、これを登記申請に流用することで司法書士と話が着いている。貴方の父の特別受益者証明書だけが無く相続登記に支障が出ていると、父に責がある様な態度ゆえ虚偽の証明は拒否と伝える。
私は伯父に「私は貴方の子供の顔も知らず。貴方亡き後、事実上絶縁となる家に対して実印を押し印鑑証明まで添付する様な書類を当方には何も残らない形で所持させることは出来ない。貴方が実質的に財産相続しているのだから私達には一切この不動産にかかる請求や責任を求めないことを1枚の遺産分割協議書に記し全員が署名押印し協議をした証を残して。」と要求したが拒否され、代わりに「念証」と書かれた書類に署名押印し印鑑証明を添付して送って来た。念証には、「不動産は伯父が全て相続するが貴方達に一切の責任負担を求めない。」とある。

【質問1】
遺産は全て伯父の相続で構わないが固定資産税やその他債務の請求をしてくる可能性がある。今後、絶縁になっても構わないので負担要求があった場合に回避できるようにはしておきたい可能ですか。

【質問2】
相続登記の事案だけで遺産分割協議証明書と特別受益者証明書を要求する理由はあるのですか。特に、特別受益者証明書の提出には抵抗があります。

【質問3】
空き家対策の問題等で今後相続登記の制度変更があるようです。特別受益者証明書は生前贈与の事実がなくても証明しておく方が良いのでしょうか。

【質問4】
実際に書類を持参して弁護士に有料相談したいが、このような相談にも応じていただけるものでしょうか。

1045201さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    三重県2位
    タッチして回答を見る

    【質問1】
     事情次第では、最近になっての叔父からの連絡でこのような相続の事実を知ったと述べれば裁判所で相続放棄が受理される可能性はあります。それが義務を免れるためには適切な方法ではあります。

    【質問2】
    【質問3】
    相続登記のために特別受益証明書は必要ありません。
    昔はそのような証明書を使っていたこともあるようですが(その場合でも遺産分割協議書の代わりにそういう証明書を使っていたわけで、遺産分割協議書に重ねてそのような書面はいらないと思いますが)、今は司法書士もあまり使わないと思います。

    【質問4】
    弁護士に相談しておかしくない案件です。

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    遺産は全て伯父の相続で構わないが固定資産税やその他債務の請求をしてくる可能性がある。今後、絶縁になっても構わないので負担要求があった場合に回避できるようにはしておきたい可能ですか。
       そのような条項を遺産分割協議書に入れておくことが必要となります。

    【質問2】
    相続登記の事案だけで遺産分割協議証明書と特別受益者証明書を要求する理由はあるのですか。特に、特別受益者証明書の提出には抵抗があります。
       遺産分割協議書だけ作成すれば足りると思います。

    【質問3】
    空き家対策の問題等で今後相続登記の制度変更があるようです。特別受益者証明書は生前贈与の事実がなくても証明しておく方が良いのでしょうか。
       特別受益があったことは証明しておく必要はないと思います。
       元々の意味は代償金を請求されないための手段だと思われます。
       司法書士が書式として持っているものを渡しただけのような気はします。

    【質問4】
    実際に書類を持参して弁護士に有料相談したいが、このような相談にも応じていただけるものでしょうか。
       普通の弁護士は相談を受けると思います。

  • 弁護士ランキング
    大阪府3位
    タッチして回答を見る

    > 【質問1】
    >
    > 遺産は全て伯父の相続で構わないが固定資産税やその他債務の請求をしてくる可能性がある。今後、絶縁になっても構わないので負担要求があった場合に回避できるようにはしておきたい可能ですか。
    ・・・あなたの方であなたの意向に沿った念書を作成して伯父と合意をされるのがよいでしょう。
    >
    > 【質問2】
    > 相続登記の事案だけで遺産分割協議証明書と特別受益者証明書を要求する理由はあるのですか。特に、特別受益者証明書の提出には抵抗があります。
    > 【質問3】
    > 空き家対策の問題等で今後相続登記の制度変更があるようです。特別受益者証明書は生前贈与の事実がなくても証明しておく方が良いのでしょうか。
    ・・・以前は 一人の相続人が単独で不動産を取得する場合 相続登記をする際に便法として利用されていました。
    >
    > 【質問4】
    >
    > 実際に書類を持参して弁護士に有料相談したいが、このような相談にも応じていただけるものでしょうか。
    ・・・法的問題に直面されているのですから 法律相談に応じてもらえます。

この投稿は、2021年07月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す