両親の介護と相続をめぐる養子と実子の責任と権利について

公開日: 相談日:2021年04月26日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
父は、娘二人が、いずれも結婚して夫の氏を名のったことから、家名を残すために、孫(大学生)を養子に迎え、大半の財産を養子に残す旨を遺言に含めると言っています。両親とも老齢のため、娘としては、今後、両親の介護や相続等に関し、養子の出現によって、どのような影響がでるのか気になります。

【質問1】
孫が養子となった場合、娘二人と養子との関係がどのようになるのか。特に養子の介護の責任と義務、遺産相続の権利はどのようなものか。

【質問2】
養子が介護の責任や義務を果たせないにもかかわらす、大半の財産を相続することと両親が遺言に含めた場合、娘は養子に対し、養子の遺産相続分から相応の介護費用等負担・返済?の請求ができるのか。

【質問3】
質問2の回答が否の場合、娘の対応としてどのような選択肢があるのか。また、娘の負担(経済・物理的)を減じるために両親の遺言に含めてもらうべき項目・条件は何か。

1021278さんの相談

この相談内容に対して 弁護士への個別相談が必要なケースが多い

と、1人の弁護士が考えています

回答タイムライン

  • 高島 秀行 弁護士

    注力分野
    遺産相続
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    【質問1】
    孫が養子となった場合、娘二人と養子との関係がどのようになるのか。特に養子の介護の責任と義務、遺産相続の権利はどのようなものか。
       娘2人と養子は兄弟となります。
       娘の1人と養子が親子であれば、親子でもあります。
      
       介護の義務は、兄弟としては平等となります。
       遺産相続の権利も、兄弟として平等となります。
       遺言がかかれていれば、遺言に従うこととなり、遺留分が侵害されていれば
       娘2人は、孫に遺留分を請求できることとなります。
       遺留分は3人の子になるので、1人6分の1となります。

    【質問2】
    養子が介護の責任や義務を果たせないにもかかわらす、大半の財産を相続することと両親が遺言に含めた場合、娘は養子に対し、養子の遺産相続分から相応の介護費用等負担・返済?の請求ができるのか。
       介護義務はそれぞれの生活状況に応じてすればよいということになります。
       死後に介護について精算義務を負うかどうかは介護の状況によります。
       介護を受ける父は孫に相続させるほどお金を持っているので、
       介護に必要な金銭的な負担は父から出してもらうことが可能だと思います。
       
    【質問3】
    質問2の回答が否の場合、娘の対応としてどのような選択肢があるのか。また、娘の負担(経済・物理的)を減じるために両親の遺言に含めてもらうべき項目・条件は何か。
      娘は介護をするのに遺産がもらえないことが不満ということだと思いますので、
     介護について月額報酬等をもらうことにするのがよいと思います。
      もちろん遺言で、介護をする分の財産をもらうように書いてもらうのでもかまいませんが
     遺言は書き換えることが可能なので、確実とは言えません。

  • 相談者 1021278さん

    タッチして回答を見る

    高島先生、早速の明解なお返事に感謝します。父の財産は、現金は少なく、主に不動産です。現金は母が、不動産は養子が相続する形になると思います。不動産でも遺留分請求は可能なようなので、そのようにします。有難うございました。

この投稿は、2021年04月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

もっとお悩みに近い相談を探す

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから