バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」」
画像はイメージ

「夜の夫婦生活を一切拒否したい」それでも離婚はしたくない妻

「夫婦である場合でも夜の夫婦生活を今後、いっさい拒否することは可能ですか」。このような質問が弁護士ドットコムに寄せられました。

投稿者は、夫に一切性的魅力を感じることがなくなったため、応じたくないそうです。一方で、今の生活は壊したくないので、離婚はしたくないそうです。

夫婦生活を拒んでも、離婚せずに済むのでしょうか。

●ただちに離婚が認められることはないが・・・

夫婦2人の話し合いにより合意すれば、どんな理由であっても離婚することは可能です(協議離婚)。しかし、今回のケースの場合、相談者は離婚をしたくないと考えていることから、協議離婚は難しいでしょう。

協議離婚できなかった場合には、裁判所での調停、裁判へと進みます。この場合には、法律(民法770条1項)が定める離婚理由が必要となります。

民法770条が定める離婚事由は、(1)不貞行為 (2)悪意の遺棄 (3)生死が3年以上、明らかでないとき (4)配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき (5)その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき、の5つです。

今回のケースは、(1)から(4)にはあたらないでしょう。しかし、「(5)その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき」と判断されれば、離婚が認められる場合があります。

ただし、「婚姻を継続し難い重大な事由」があるか否かの判断はケースバイケースです。判断にあたり、裁判所はさまざまな事情を総合考慮します。

そして、夫婦関係が破綻し、回復が困難であり、これ以上は結婚生活を続けていくことが難しいと判断された場合に、離婚が認められることになります。

今回のように、セックスレスについても、別居に至るなどして、夫婦関係の破綻とみなされてしまうと離婚が認められる可能性があります。

バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」」
弁護士ドットコム 編集スタッフ、協力ライター募集中!募集要項はこちら
バナーの画像、書かれている内容は「あなたの体験を記事にしませんか?体験談募集」」