子ども名義の預金や学資保険は財産分与の対象になる?離婚後に子どもの財産を管理するのは誰?

結婚している間に夫婦で築いた財産を、離婚時に分け合うことを「財産分与」といいます。

  • 子ども名義の預金は財産分与の対象になるのか
  • 子どもの学資保険は財産分与の対象になるのか
  • 離婚後の子どもの財産は誰が管理するのか

このような疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 子ども名義の預金は財産分与の対象になるのか
  2. 子どもの学資保険は財産分与の対象になるのか
  3. 離婚後の子どもの財産は誰が管理する?

子ども名義の預金は財産分与の対象になるのか

子ども名義の預金は、財産分与の対象に含まれるのでしょうか。

財産分与。10歳と6歳の子供名義で貯めたお金は離婚するときの財産分与の対象になりますか?

相談者の疑問 10歳と6歳の子ども名義で貯めたお金は、離婚するときの財産分与の対象になりますか?

中井 陽一の写真 弁護士の回答中井 陽一弁護士 子ども名義のお金の出所によります。

たとえば、子どもへのお年玉を貯めたものであったり、子どもへのお祝いを貯めたものである場合、それらは子ども自身が得た財産であると言えるため、財産分与の対象にはならず、子どもについていくと考えられます。

他方で、夫や妻の給料などを、子どもの名義で貯金していた場合、それが将来の子どもの学費のためという目的であっても、共有財産になりますので、財産分与の対象になる可能性が高いと考えられます。

▶ 財産分与を扱う弁護士を探す

子どもの学資保険は財産分与の対象になるのか

子どもの学資保険は財産分与の対象になるのでしょうか。

財産分与/子供名義のお金と学資保険

相談者の疑問 調停中、別居中です。子ども名義の口座のお金と学資保険を、夫が財産分与として要求してくる可能性が高いです。守る方法はありますか?

夫は貯金も学資保険も反対していましたが、どうにか子どもの学資保険を積んできました。今後も私が働いて支払っていきます。

岡村 茂樹の写真 弁護士の回答岡村 茂樹弁護士 学資保険については、解約返戻金相当額が分与対象となるのが実務の扱いです。
法的に有効な対抗手段はありません。

子ども名義の預貯金ですが、お年玉やお小遣いを貯めてあるような場合、子ども本人のものとして分与対象としないことが多いです。

一方、名義は子どもだが、名義を借りて夫婦の財産を貯めてあると認められる場合、夫婦の共同の財産として、分与対象となるでしょう。

▶ 財産分与を扱う弁護士を探す

離婚後の子どもの財産は誰が管理する?

離婚後、子どもの財産は誰が管理することになるのでしょうか。

財産分与、子供の預金について

相談者の疑問 現在、財産分与審判中です。先日、親権を私が持つ子どもの預金をやっと引き渡す用意があると連絡がきたのですが条件付きとなっていました。

条件とは、そのお金を子どもの許可なく私が使用しないこと、進学資金として使用すること、相手の要求があれば通帳の残高など使用目的を開示すること、でした。

子どもの預金との理解は十分にでき、進学について使用するつもりなのですが、別れた相手にまでお金の流れを説明する義務はあるのでしょうか?誓約書を求めてくると思うのですが、それは法的に有効なものになるのでしょうか?

石井 康晶の写真 弁護士の回答石井 康晶弁護士 そのような義務はありませんが、誓約書を書くと有効な合意となってしまうおそれがあります。
なお、親権者には財産管理権がありますので、進学のために積み立てた預金であっても、子どものために他の有用な使い方をすることは妨げられません

▶ 財産分与を扱う弁護士を探す

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す