離婚時に中絶を要求された場合の慰謝料請求

妊娠中に離婚をする場合に、配偶者から「子どもを中絶してほしい」と言われた場合、従う必要があるのでしょうか。やむを得ず中絶し、精神的ダメージを受けた場合に、慰謝料を請求できるのでしょうか。これらの疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 離婚にあたって中絶を要求された場合、従わなければいけないのか
  2. 妊娠中絶を強制された場合の慰謝料請求について
  3. まとめ

離婚にあたって中絶を要求された場合、従わなければいけないのか

alt 離婚にあたって、配偶者から「子どもを中絶してほしい」と言われた場合、従う必要はあるのでしょうか。

離婚に際してお腹にいる子供の堕胎要求をされたことについて。

相談者の疑問 現在妊娠4か月です。

様々な問題や性格の不一致により喧嘩が絶えず、離婚を前提に話し合うことになりました。私は1人で生み育てるつもりでいましたが夫が「片親になったら子どもがかわいそう。裁判で争っても子どもは堕胎してもらう」と言われました。

私が出産することを望んでいるのに、堕胎を強要されることに従わなければいけませんか?

髙橋 昭広の写真 弁護士の回答髙橋 昭広弁護士 貴殿が出産を希望されておられるのであれば、配偶者から堕胎を強制されるいわれはありません。出産後は、離婚にあたって、子どもの養育費の請求を忘れないようにご注意ください。

配偶者から中絶を要求されても、応じる義務はないようです。子どもが生まれて、自分が親権者になった場合、離婚にあたって配偶者に養育費を請求することができます。 金額は、養育費算定表に書かれた数字が1つの目安になります。

妊娠中絶を強制された場合の慰謝料請求について

alt 配偶者から中絶を要求されてやむを得ず応じた場合、精神的苦痛を受けたことを理由に慰謝料を支払ってもらうことはできるのでしょうか。

中絶での慰謝料請求に関して

相談者の疑問 結婚後しばらくして妊娠がわかり、産めると思ってたんですが、いきなり20週くらいで堕ろせと言われ、泣く泣く21週3日で中絶しました。

その後離婚したのですが、いまだに精神科に通っています。元旦那は中絶のことに対して何も言ってきません。この場合、慰謝料を請求できるのですか?

萩原 猛の写真 弁護士の回答萩原 猛弁護士 「中絶」そのものは、夫と貴方の合意のもとに行われたのであれば、それは不法行為ではないので、慰謝料請求権は発生しないでしょう。

しかし、「中絶」が強制されたものである場合には、強制の程度にもよりますが、慰謝料請求権が発生する余地はあるでしょう。

また、中絶も含めて、婚姻中の様々な夫の行動が離婚の原因であり、かつ、それが夫の責任であり、一般的にも婚姻破たんの原因と評価されてもやむを得ないという場合には、離婚から3年以内なら離婚慰謝料を請求できるでしょう。

配偶者の要求に従ってやむを得ず中絶したという事情だけでは、慰謝料を請求することは難しいようです。 中絶の要求を含めて配偶者の様々な行動が原因で夫婦関係が破たんし、離婚にいたったという場合には、離婚から3年以内であれば、慰謝料を請求できる可能性があるようです。

まとめ

離婚にあたって配偶者から中絶を要求されても、応じる義務はありません。 やむを得ず中絶し、精神的ダメージを受けたとしても、それだけを理由に配偶者に慰謝料を請求できるわけではないようです。 中絶の要求を含めて配偶者の様々な行動が原因で夫婦関係が破たんし、離婚にいたったという場合には、慰謝料を請求できる可能性があるでしょう。

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す