性格の不一致の場合、慰謝料を請求できるか

性格の不一致など、夫婦の一方だけに落ち度があるわけではない事情で離婚する場合も、慰謝料の支払い義務は発生するのでしょうか。

  • 性格の不一致で離婚する場合、慰謝料を支払う必要はあるの?
  • 離婚を切り出した側に慰謝料を支払う義務はあるの?

これらの疑問について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 双方に落ち度がない離婚でも慰謝料の支払い義務は発生するのか
  2. 離婚を切り出したことは慰謝料を支払う理由になるのか
  3. まとめ

双方に落ち度がない離婚でも慰謝料の支払い義務は発生するのか

alt 性格の不一致など、どちらか一方に落ち度がない理由で離婚する場合でも、慰謝料の支払い義務は発生するのでしょうか。

性格の不一致、両方に非がない場合の慰謝料の相場

相談者の疑問 性格の不一致、セックスレスで離婚する予定ですが、離婚を切り出したのは自分で、家庭内別居1年でその後、別居1年です。家を出たのは自分で一応連絡もし、別居してます。この場合の慰謝料の相場はどのくらいになりますか?

近藤 弘の写真 弁護士の回答近藤 弘弁護士 離婚の際の慰謝料は、婚姻関係を破たん(破壊)させたことに責任がある(原因を与えた)側が、他方に対して金銭でお詫びをするものです。

どちらが悪いのかはっきりした事情が認められないと慰謝料発生は困難でしょう。

「離婚を切り出したのは自分」「家を出たのは自分で一応連絡もし、別居」というようなご事情だけでは、どちらが悪いかはっきりしたことは言えないように思います。

ですから、慰謝料の相場とのお尋ねには、ゼロか極めて低額が予想されるとなります。

離婚における慰謝料は、婚姻関係を破たんさせる原因を作った側に支払い義務が発生します。性格の不一致での離婚は、夫婦のどちらか一方だけに落ち度があるとは言えません。慰謝料の支払い義務は発生しないと考えてよいでしょう。

離婚を切り出したことは慰謝料を支払う理由になるのか

alt 離婚を切り出したことを理由として、配偶者から慰謝料を請求された場合、支払いに応じる必要はあるのでしょうか。

性格の不一致での離婚の慰謝料相場について

相談者の疑問 兄夫婦の離婚について相談です。奥さんが浪費家なことが発端で喧嘩になり、もうやっていけないと兄から離婚を切り出し、離婚が決定しました。

離婚に際して、奥さんから慰謝料300万円と月々の養育費を5万円と言われているのですが、この金額は妥当なのでしょうか?子どもは幼児が1人です。慰謝料を払うこと自体疑問なのですがどうなのでしょうか?

新保 英毅の写真 弁護士の回答新保 英毅弁護士 ご説明の内容を前提とするとお兄さんが慰謝料を支払うべき理由が見当たりません。離婚を切り出したこと自体は、慰謝料支払い義務の理由にはなりません。
(ただし、早期に離婚するために、相手の要求に一定程度応じ、金銭給付により解決するという事案はよくあります)

養育費は、基本的には双方の収入により定型的に決まります。家庭裁判所の養育費算定表をご参照いただければと思います。

離婚を切り出したという事情だけでは、配偶者に対して慰謝料の支払い義務を負う理由にはならないようです。

まとめ

性格の不一致など、どちらか一方だけに落ち度がない事情で離婚する場合は、自分から離婚を切り出したとしても、配偶者に対して慰謝料を支払う義務は発生しないようです。

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す