配偶者の不倫相手に請求できる慰謝料の相場と期限

配偶者の不貞行為が原因で離婚することになった場合、不貞行為の相手方に慰謝料を支払ってもらえるのでしょうか。

  • 不貞行為の相手方に対する慰謝料相場と期限
  • 配偶者からも慰謝料を支払ってもらえるのか
  • 離婚後に復縁する場合の慰謝料相場

上記のようなポイントについて、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答をもとに解説します。

目次

  1. 不貞行為の相手方に慰謝料を支払ってもらえるのか
  2. 配偶者からも慰謝料を支払ってもらえるか
  3. 離婚した後に元配偶者と復縁する場合は
  4. まとめ

不貞行為の相手方に慰謝料を支払ってもらえるのか

alt

離婚後に不倫相手から慰謝料請求できるのか?

相談者の疑問 妻の不倫相手の男性に慰謝料・賠償金を請求できますか?相場はいくらくらいですか?時効はあるのでしょうか?現在、離婚して1年経ちます。

原田 和幸の写真 弁護士の回答原田 和幸弁護士 元妻の不貞相手に対する慰謝料請求でしょうか。不貞があるなら請求できると思います。

一概には言えませんが、不貞により離婚になったのであれば、150~300万円程度でしょうか。

時効は、不貞、不貞相手の存在を知ってから3年になると思います(民法724条)。不貞による離婚の場合は、離婚から3年と考えることができます。

不貞行為の相手方からも慰謝料を支払ってもらえるようですが、相場には幅があるようです。また、不貞行為が原因ですでに離婚している場合、離婚から3年経つと、慰謝料を請求することができなくなるので注意しましょう。

配偶者からも慰謝料を支払ってもらえるか

alt 不貞行為の慰謝料を、不貞行為の相手方だけではなく、配偶者にも支払ってもらうことはできるのでしょうか。

離婚の慰謝料の相場について

相談者の疑問 離婚の慰謝料の相場はいくらぐらいでしょうか?不貞行為と暴力があった夫からの申立てでの離婚です。不貞行為は認めていますが、暴力に関しては否定しています。

以前、不貞の相手には慰謝料請求しています。不貞相手からもらった金額は夫との離婚の慰謝料に影響しますか?

岡村 茂樹の写真 弁護士の回答岡村 茂樹弁護士 不貞が原因で婚姻関係破綻であれば、200万円から300万円。不貞は共同不法行為であり,夫と夫の相手が連帯して慰謝料支払い義務を負担します。夫の相手からもらった慰謝料は差し引かれます。

不貞行為は配偶者と相手方の「共同不法行為」となるため、離婚慰謝料は連帯して支払う義務があるとのことです。不貞行為の相手方から支払われた慰謝料分は、配偶者が支払う額から引かれるようです。

離婚した後に元配偶者と復縁する場合は

alt 配偶者の不貞行為が原因で離婚した後、元配偶者との関係が改善し、復縁する場合に、不貞行為の相手方に慰謝料を支払ってもらえるのでしょうか。

離婚後の不倫相手に慰謝料請求するにあたって

相談者の疑問 旦那が不倫していて離婚しました。しかし旦那は私達家族(子ども2人)とやり直したいと言って、しょっちゅう子どもに会いに来ています。

私も離婚するときは許せず2度と会いたくないと思っていましたが、離婚後の対応を見ると、子どものことも考えて、すぐにではないですが復縁しようかと考えています。

不倫相手には慰謝料請求するつもりですが、旦那とこのような関係だと慰謝料請求は難しくなりますか?また金額はどれぐらい請求できるものでしょうか?

森田 英樹の写真 弁護士の回答森田 英樹弁護士 慰謝料請求は可能ですが、慰謝料額は大幅に低くなります。

相手の女性は夫に対し求償権を持ちますので、それを考えれば、不倫の内容にもよりますが50~100万円程度でしょう。

離婚後に復縁する場合でも、不貞行為の相手方に慰謝料を支払わせることは可能なようです。ただし、復縁しない場合と比べて、金額は大幅に低くなるようです。

まとめ

配偶者の不貞行為が原因で離婚した場合、不貞行為の相手方にも慰謝料を支払わせることができるようです。ただし、離婚後3年で時効になるため注意が必要です。 不貞行為の相手方だけではなく、配偶者にも慰謝料を支払わせることができますが、相手方から支払われた慰謝料分を差し引いた金額になるでしょう。 また、離婚後に元配偶者と復縁する場合、復縁しない場合と比べて、相手方から支払われる慰謝料額は大幅に低くなるでしょう。

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す