シェルター避難後に面会を求められた場合の対処法

配偶者など近しい人から暴力(DV)を受けた場合、DVシェルターなどを利用して一刻も早く身の安全を確保することが重要です。

  • DVシェルターに避難した後、配偶者が面会を求めてきたら拒否できるのか
  • 自分宛の郵便物を配偶者に見られたくない場合、どうすればよいのか
  • 子どもを家に置いて避難した場合、親権はどうなるのか

ここでは、これらの疑問点について「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. DVシェルターに避難した後に面会を求められたら?
  2. DVシェルターに避難している間の郵便物の受取り方法は?
  3. 子どもを置いて避難したとき親権はどうなるのか
  4. まとめ

alt

DVシェルターに避難した後に面会を求められたら?

DVシェルターに避難した後、配偶者が面会を求めてきた場合、応じなければならないのでしょうか。子どもも会わせる必要があるのでしょうか。

DVの決定的証拠がない状態でいつまででもDV夫と子どもを引き離しておけますか?

相談者の疑問 DV夫と離婚したくて家を出ました。DVシェルターに入って、代理人を立てて離婚交渉をしてもらおうと思っています。ただ、DVの証拠は、裁判離婚で勝つためには不十分だと思っています。

いつまで子どもを夫から引き離しておけますか?子どもが会いたくないと言っていることにしておけば、ずっと会わせずにおけますか?

川崎 政宏の写真 弁護士の回答川崎 政宏弁護士 DVシェルターに入れば安全は確保されます。

その間は、面会は事実上できません。

ただ、こちらから離婚調停、婚姻費用分担調停を申し立てると、夫側が面会交流を求めてくることはあります。

そうした場合は、DVの危険性、あなたが抱いている恐怖感を調停委員、調査官に理解してもらいつつ、面会交流はすぐにできないことを伝えるとよいでしょう。

第三者機関などを介しての面会交流の調整が行われます。お子さんへの虐待などがなければ、慎重にではありますが、面会ができるよう調整は進められます。

DVシェルターに避難すれば、配偶者との面会は基本的に避けられるようです。 配偶者から子どもとの面会交流を求められ、拒否したい場合は、家庭裁判所の調停委員(弁護士や医師など、専門知識をもつ人)や調査官(心理学や教育学などの専門家)に不安を伝えて、面会を避けられるよう相談することができるようです。

DVシェルターに避難している間の郵便物の受取り方法は?

alt DVシェルターに避難した後、配偶者から調停や裁判を起こされた場合、裁判所からの通知やはどのようにして受け取るのでしょうか。自分が知らない間に勝手に手続きが進んでしまうことはないのでしょうか。

DVシェルターに入っている間に欠席裁判みたいになりませんか?

相談者の疑問 DVシェルターに入っている間はDV夫に身元を知られることはないと思いますが、夫が「DVを受けたとウソをついて妻が子どもを連れ去った」と訴え出たり、面会交流調停を起こしたりした場合、裁判所から私に連絡がきますか?

川崎 政宏の写真 弁護士の回答川崎 政宏弁護士 子の引渡し審判や、面会交流の調停を家庭裁判所に申し立てた場合は、あなたのもとに期日通知書などの連絡はきます。

あなた本人が受け取らなければ、手続きが勝手に進んでしまうことはありません。

シェルターの場所は知られていません。

あなたが郵便物を安全に受け取るのであれば、ご実家や信頼できる知人宅を郵便局の転送届に記入して提出しておくと、あなた宛の郵便物は夫のもとには届かず、転送されます。あなたから実家や知人に連絡をときどきとって急ぎの郵便物があるか確認するとよいです。

あなたが先に離婚調停や婚姻費用分担請求調停を家庭裁判所に申し立てたら、あなたの連絡先を非開示としたうえで、家庭裁判所には伝えておけばよいです。その後に先方から面会交流の調停などが申し立てられたら知らせてくれます。

配偶者が裁判所に調停や審判を申し立てた場合、裁判所から通知が届きますが、受け取らなければ、手続きが勝手に進んでしまうことはないようです。 DVシェルターに避難した後、自分宛の郵便物が配偶者のもとに届くことを避けたい場合、実家や知人宅に郵便物が転送されるよう届を出しておくとよいでしょう。

子どもを置いて避難したとき親権はどうなるのか

alt 子どもを家に置いたままDVシェルターに避難した場合、親権はどうなるのでしょうか。

DVシェルター~離婚~親権

相談者の疑問 1か月前に旦那からDVを受け警察に相談→シェルターに行きました。その時に、子ども2人(12才、8才)を置いてきぼりにしてしまいました。

何も持たずに家を出ていきましたので連絡を取っていません。ただ、家の父には毎日子どもの様子を聞いてもらっています。学校には毎日行っているとのことです。旦那は子どもたちのことには、非常に熱心な人でした。

離婚を決意し、子どもたちといっしょに暮らしていきたいと思います。親権は、旦那になる可能性はありますか。これからどのようにすればよいですか。

原田 和幸の写真 弁護士の回答原田 和幸弁護士 親権は、旦那になる可能性はありますか。

可能性という意味ではあります。ただ、これまで相談者のほうが主体的に育児をされていたということで、今後もそれが期待できるなら、また相手にDVがあるようですから、相談者が有利だと思います。

とはいえ、このまま旦那さんのもとにお子様がいるようであれば監護実績が積まれていきますから、相談者に不利な事情になってきます。相談者のもとにお子様がいられる状況にされたほうがよいと思います。

DVだと家に戻るのも危険かと思いますので、別居されてお子様を引き取りたいとなると、例えば、監護者指定および子の引渡しの調停ないし審判を申し立て、審判前の保全処分を申し立てるのが一般的だと思います。

夫婦の話合いで親権者をどちらにするか決まらない場合、調停や裁判で決めることになります。親権者を決めるときには、子どものこれまでの生活環境が変わらないかどうかが重視され、同居している親の方が親権者にふさわしいと判断される可能性があります。 子どもの親権者になりたい場合は、別居先で子どもと一緒に生活するための状況を整えた方がよいでしょう。 家に戻って子どもを引き取ることが危険であれば、家庭裁判所に、「子の監護者(子どもの近くにいて、教育する権利・義務がある人)の指定調停」や、「子の引き渡し調停」を申し立てることを検討するとよいでしょう。

まとめ

配偶者からDVを受けている場合、DVシェルターに避難することができれば、基本的には配偶者との面会を避けることができるようです。 追跡を防ぐために、DVシェルターの住所は一般には公開されていません。自分宛の郵便物を配偶者に見られず安全に受け取りたい場合は、実家や知人宅に転送されるように届を出しておくとよいでしょう。 子どもの親権者を決める調停や裁判では、子どもと同居している親の方が親権者にふさわしいと判断される可能性があります。 子どもを配偶者のもとに置いて避難したけれど、自分が親権者になりたい場合は、別居先で子どもと一緒に生活するための手段を講じることをおすすめします。

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す