離婚届を提出するとき注意すること

離婚する場合には、離婚届を提出する必要があります。夫婦で話し合って離婚する場合はもちろん、調停や裁判など家庭裁判所の手続きで離婚した場合にも、離婚届を提出しないと戸籍の処理をしてもらえません。 この記事では、離婚届を書く際の注意点や、離婚届を提出するときに必要となる書類などについて解説します。 離婚届の形式や書き方に不安がある方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

目次

  1. 離婚届の書き方・出し方
    1. 離婚届は役所のHPからダウンロード可能
    2. 協議離婚の場合「証人」の欄に記入が必要
    3. 離婚届を書く場合の注意点
  2. 協議、調停、審判、裁判…離婚の方法別・離婚届の出し方

離婚届の書き方・出し方

離婚届は役所のHPからダウンロード可能

離婚届は市区町村役場の戸籍係で取得するか、役所のホームページからでもダウンロードできます。 必要事項を記入したら、原則として、夫婦の本籍地か住所地の市区町村役場の戸籍係に提出します。 離婚届を本籍地以外に提出する場合には、戸籍謄本が必要です(市区町村によっては、そこに本籍地があっても戸籍謄本が必要となることがあります)。また、届出をする人の印鑑も持参してください。 その他にも、本人確認のために運転免許証やパスポート、健康保険証などが必要な場合もあるので、念の為に持参しましょう。 これらの本人確認書類は協議離婚をする場合のみ必要で、調停離婚や審判離婚、裁判離婚で離婚する場合は必要ありません。

協議離婚の場合「証人」の欄に記入が必要

離婚届には、「証人」を書く欄があります。 証人は満20歳以上の人であればよく、親、子、兄弟、親戚、弁護士など、誰でも構いません。また、法的責任を負うことも特にありません。 証人を書く必要があるのは協議離婚をするときだけで、証人2名の署名押印が必要です。証人自身に、生年月日、住所、本籍の記入と署名押印をしてもらいます。

離婚届を書く場合の注意点

離婚届の書面に不備があると、役所に受理してもらうことができません。記入例を見ながら記載漏れがないようにしましょう。 記入例は、こちらを参考にしてください。 以下の注意点も参考にしてください。

離婚届の訂正方法

離婚届に記入するときは、消えないインクで書きます。鉛筆や修正テープは使えません。 修正したいときは、その部分を2本線で消して訂正印を押し、上の余白に正しい字を書きましょう。 なお、通常、離婚届は夫婦の一方が提出しに行くと思いますが、相手方の記載部分に誤りがあった場合に備えて、離婚届に捨印を押してもらっておくと、相手方に訂正印を押してもらうために離婚届を持ち帰るという事態を避けることができます。

印鑑は夫婦別々のものを

署名押印は、必ず本人が行います。認印でも構いませんが、夫婦は別々の印を使うようにしましょう。

「氏名・住所・本籍地」の書き方

離婚前の名前を戸籍に記載されている通りに書きます。住所も「1-2-3」ではなく、住民票に記載されている通り「一丁目2番3号」などと記載しましょう。

「生年月日」の書き方

元号(昭和や平成など)で書くのが一般的です。

「続柄(つづきがら)」の書き方

続柄は、長男、長女、二男、二女と記載します。次男、次女ではないので、注意しましょう。

「婚姻前の氏にもどる者」の書き方

結婚により苗字(氏)を変えていた夫婦の一方が、結婚前の苗字に戻る(「復氏」といいます)場合には、元の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作るかを選択します。 親権者が子どもの苗字を変えたくなかったり、職場でそれまでと同じ苗字を使いたいといった場合には、結婚時の苗字を使うことも可能です。 この場合、離婚届とは別に、「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出することで、これまでの苗字を使用することができます。

未成年の子がいれば親権者を必ず記入

未成年の子どもがいる場合、親権者が決まっていないと離婚届は受理されません。子どもが複数人いる場合は、名前を1人ずつ記載します。

協議、調停、審判、裁判…離婚の方法別・離婚届の出し方

離婚届は調停離婚や裁判離婚をした場合にも提出する必要がありますが、離婚した方法によって、必要となる書類が異なります。 協議離婚の場合、離婚届を提出するのは、離婚に合意した日から何日後であっても構いません。 一方、裁判所が関与した手続により離婚した場合、調停・訴訟上の和解が成立した日、審判・判決が確定した日から10日以内に離婚届を提出しなければならないことになっているので、注意してください。 また、国際結婚をしていて外国の法律で離婚した場合であっても、日本で婚姻届を提出しているときは、日本でも離婚届を提出しないと戸籍の処理が行われないので、この点も注意しましょう。

協議離婚離婚届(夫妻の署名押印、成人2名の証人の署名押印のあるもの)
届出人の戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合)
身分証、印鑑
離婚の際に称していた氏を称する届(婚姻中の姓を使い続ける場合)
外国人と離婚して婚姻前の氏に変更したい場合には、外国人との離婚による氏の変更届及び個人番号カード・住民基本台帳カード・通知カード

調停離婚離婚届(届出人の署名押印のあるもの)
調停調書の謄本
届出人の戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合)
離婚の際に称していた氏を称する届(婚姻中の姓を使い続ける場合)
外国人と離婚して婚姻前の氏に変更したい場合には、外国人との離婚による氏の変更届及び個人番号カード・住民基本台帳カード・通知カード

審判離婚離婚届(届出人の署名押印のあるもの)
審判書の謄本・確定証明書
届出人の戸籍謄本(原則として、本籍地以外に提出する場合)
離婚の際に称していた氏を称する届(婚姻中の姓を使い続ける場合)
外国人と離婚して婚姻前の氏に変更したい場合には、外国人との離婚による氏の変更届及び個人番号カード・住民基本台帳カード・通知カード

和解離婚離婚届(届出人の署名押印のあるもの)
和解調書の謄本
届出人の戸籍謄本(本籍地以外に提出する場合)
離婚の際に称していた氏を称する届(婚姻中の姓を使い続ける場合)
外国人と離婚して婚姻前の氏に変更したい場合には、外国人との離婚による氏の変更届及び個人番号カード・住民基本台帳カード・通知カード

裁判離婚離婚届(届出人の署名押印のあるもの)
判決書の謄本・確定証明書
届出人の戸籍謄本(原則として、本籍地以外に提出する場合)
離婚の際に称していた氏を称する届(婚姻中の姓を使い続ける場合)
外国人と離婚して婚姻前の氏に変更したい場合には、外国人との離婚による氏の変更届及び個人番号カード・住民基本台帳カード・通知カード

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す