離婚調停はどのくらい時間がかかる?

「早く離婚したいけど、離婚調停にはどのくらいの時間がかかるの?」ーー。離婚調停を検討していると、手続きにかかる時間が気になる方も多いのではないでしょうか。

  • 離婚調停はどのくらい時間がかかる
  • 調停の日程を早めてもらえないのか
  • 調停中の生活費はどうすればよい

こうした疑問を解消するために、「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と、弁護士の回答をまとめました。これから離婚調停を申し立てようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

  1. 離婚調停にはどのくらいの時間がかかる?
    1. 話合いがすぐにまとまったりや長引いたりしたら?
    2. 裁判まで進んだ場合は?
  2. できれば早く離婚したい…調停の日程を早めてもらえる?
  3. 思ったよりも期間が長い……生活費はどうすればいいの?

離婚調停にはどのくらいの時間がかかる?

離婚調停は、離婚に関するさまざまな問題について、話し合いで解決を目指す制度です。 離婚調停を申し立ててから、手続きが終わるまではどのくらいの期間がかかるのでしょうか。

離婚、調停期間

相談者の疑問 旦那の不倫同棲で離婚します。弁護士からは離婚と不倫相手への請求を同時進行すると言われました。そこで質問なのですが、離婚調停となると、期間はどのぐらいかかるのでしょうか?

川崎 政宏の写真 弁護士の回答川崎 政宏弁護士 離婚調停であれば、争いのある点が多いかにもよりますが、期間は半年前後の場合が多いです。

▶ 離婚問題に注力する弁護士を探す

話合いがすぐにまとまったりや長引いたりしたら?

話合いがすぐにまとまった場合や、まとまらずに長引いた場合は、どの程度の期間を考えておけばよいのでしょうか?

離婚調停の時間。期間は最短最長それぞれどれくらいになりますか?

相談者の疑問 親権についてお互い譲らず話しが進まないので、離婚調停を考えています。申立てをしてからの期間は、最短最長それぞれどれくらいになりますか?

黒岩 英一の写真 弁護士の回答黒岩 英一弁護士 申立てをすると、そこから1か月程度後に期日が設定され、その日にお互いが裁判所へ出頭します。

第一回目では、お互いの意見と希望を調停委員へ話し、それをどこまで譲れるのか等が検討されます。第二回目では、第一回目で足りなかった資料を出し合ったり、それまで考えた意見や希望を出し合います。第三回目以降も大体同じです。

お互いの希望を出し合って、どこを譲れるかなどを検討するわけですが、結局話し合いがまとまらないと判断されれば打ち切られますし、成立する可能性があると判断されるならある程度は継続されます。

最短では1回目で終わるので1、2か月で終わるでしょうし、長くなれば1年以上かかることもあります。

▶ 離婚問題に注力する弁護士を探す

裁判まで進んだ場合は?

離婚調停で結論がまとまらなかった場合、手続きは裁判に移ることが一般的です。 離婚調停の申立てから裁判の判決が確定するまでは、どのくらいの期間がかかるのでしょうか。

調停や離婚裁判の期間について

相談者の疑問 離婚調停から裁判までの期間について教えてください。調停で不調となった後、裁判所へ離婚訴訟を提起したとします。そこから、控訴、上告まで行った場合、最初の調停申立てから最終判決までどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

黒岩 英一の写真 弁護士の回答黒岩 英一弁護士 一般的に調停から上告まで争う場合、争い方などにもよりますが、1~3年はかかってもおかしくはないでしょう。
幅があるのは、案件によってかかる期間が大きく違うからです。

▶ 離婚問題に注力する弁護士を探す

できれば早く離婚したい…調停の日程を早めてもらえる?

離婚調停は平均で半年、長いと1年以上の期間がかかります。 できるだけ早く調停を終わらせるために、日程を調整してもらうことはできるのでしょうか。

調停日程

相談者の疑問 現在3回の離婚調停が終わったところで、次回の期日は来週となっています。早く解決したいので、今後の調停日を早めてもらうことは可能でしょうか?

川添 圭の写真 弁護士の回答川添 圭弁護士 次回期日を早めに設定してもらうよう求めること自体は可能だと思います。
ただ、家庭裁判所には多数の調停事件が係属していますので、事件の込み具合や裁判所の開廷状況(支部などでは調停期日が設定できる日が限られている場合があります)、調停委員や相手方の予定、期日間での作業や検討に必要な期間などの状況によっては、希望どおりにならない場合もあります。

森田 英樹の写真 弁護士の回答森田 英樹弁護士 ご希望をおっしゃればできるだけ早期に調停期日を開いてもらえると思います。
通常は、10時から12時、13時30分から15時、15時から17時での時間指定ですが、成立直前では時間外でも対応してくれた裁判官もいらっしゃいます。

期日があと何回が続くようであれば、次回期日、次次回期日と2期日指定してもらうという方法もあると思います。

▶ 離婚問題に注力する弁護士を探す

思ったよりも期間が長い……生活費はどうすればいいの?

離婚調停が長期化すると、生活費に不安を覚えるケースもあるでしょう。生活費を確保する手段はあるのでしょうか。

離婚調停、離婚までの生活費について

相談者の疑問 9か月の息子がいる主婦で夫から離婚したいといわれています。離婚調停を予定していますが、離婚するまでの期間の生活費についてはどうなるのでしょうか?

荒川 和美の写真 弁護士の回答荒川 和美弁護士 生活費は夫からもらうことができます。婚姻費用分担請求をしてください。調停・審判申立てという方法があります。

離婚調停と婚姻費申立。流れはどのようになりますか?

相談者の疑問 離婚調停をする予定です。生活費のこともあるので婚姻費申立てをしたいと思うのですが、離婚調停と婚姻費申立てを同時にすることは可能でしょうか?流れはどのようになりますか?婚姻費申立てをした場合、生活費はいくら貰えますか?

八坂 玄功の写真 弁護士の回答八坂 玄功弁護士 夫側から離婚調停申立て、妻側から婚姻費用申立てがなされ、同時並行することは珍しくありません
二つの調停が同じ家庭裁判所で行われている場合には、同じ日時を期日に指定して同時に進められる場合もあります。

内山 知子の写真 弁護士の回答内山 知子弁護士 婚姻費用は「別居時から離婚が成立するまで」の費用ですが、申立てがなされた月から支給されるとすることが多いので、早く申立てをされることをお勧めします。
婚姻費用の額は、相手方の支払能力や今までの生活費の支払実績なども総合考慮して決められます。

▶ 離婚問題に注力する弁護士を探す

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す