審判離婚

弁護士監修記事 2016年05月26日

審判離婚の基礎知識と異議申立ての方法

離婚の是非やその条件を決める際には、夫婦間のわずかな意見のずれが原因で合意に至らない場合もあるでしょう。離婚調停で話合いを重ねても合意できないときには、裁判所が審判という処分を下すケースもあります。審判で離婚が成立すれば、離婚訴訟で必要となるはずだった膨大な時間や労力、費用をかけずに済むのです。審判が下った場合に正しい判断ができるように、離婚審判の基礎知識や注意点を学びましょう。

目次

  1. 審判離婚とは
  2. 離婚審判が下るケース
  3. 2週間以内であれば異議申立てが可能
  4. 成立後は10日以内に離婚届を提出

審判離婚とは

離婚審判とは、裁判所の判断で離婚の成立を決定することを指し、離婚審判を受けて成立した離婚を「審判離婚」といいます。離婚調停を経ても合意に至らないケースの中には、ほんのわずかな点に合意できず、不調となってしまうケースもあります。そのような場合には、裁判所が審判を下し早期解決を図るのです。

離婚審判が下るケース

離婚調停が不調に終わった上で、それでもなお離婚したいと思ったら、離婚訴訟を提起して裁判で争うしかありません。裁判は時間と労力、そして費用がかかるものとなってしまいます。ほんのわずかな点で合意ができず、裁判に発展してしまうのは、夫婦双方にとって不利益となるでしょう。審判は離婚調停で提出した書面等をそのまま引き継ぐことができ、非常に合理的な手段なのです。 しかし、実務の場で離婚審判が下ることはほとんどありません。後述するように審判は異議申立てがあれば簡単に覆ってしまうため、異議申立てが起きないようなケースでしか審判を下すことはないのです。審判が下るケースとしては次のようなものが挙げられます。

  • 合意に至ったが、病気などの事情で調停成立時に出頭できないとき
  • 離婚には合意したが条件面でわずかな意見の対立があるとき
  • 合意しない理由が単に感情的な反発で異議申立ての可能性がないとき

2週間以内であれば異議申立てが可能

裁判所から審判が下された場合、2週間以内に異議申立てをすることができ、審判は効力を失います。異議申立てをせず審判が成立すると、その内容は離婚裁判での「判決」と同じ強制力を持ちます。そのため、審判の結果に納得がいかない場合には、必ず期間内に異議申立てを行いましょう。 具体的には、署名捺印した審判に対する異議申立書を、審判書の謄本とともに家庭裁判所に提出することで、異議申立ての手続きが行えます。申立書には理由などを記述する欄はなく、法律の知識は必要ありません。 審判の結果と、離婚訴訟の結果は変わらないかもしれません。しかし、離婚調停の中で伝えたいことを適切に主張できていたかのか、判断に迷うことも多いでしょう。審判が下った際には、すぐに弁護士に相談し、異議申立てをすべきかよく検討しましょう。

成立後は10日以内に離婚届を提出

審判に対する異議申立てがない場合は審判離婚が成立します。成立後は10日以内に届け出が必要です。届け出る場所は、本籍地もしくは居住地の市町村役場で、必要な書類は離婚届・審判証明書・確定証明書、戸籍謄本(本籍地ではない役場に提出する場合)になります。離婚届の書き方など、詳しくは「離婚届の書き方や必要書類・手続き方法」をご覧ください。

関連記事

お悩みの解決策を探す

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

審判離婚に関する法律相談

1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 小学校の「同級生」と不倫する妻…夫は「夫婦...
  2. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  3. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  4. 既婚者から、無理やりにキスされた…相手の妻...
  5. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  6. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  7. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...