不倫

弁護士監修記事 2016年05月26日

不倫の基準と離婚や慰謝料を請求する方法

不倫されていたと知ったときには、怒りや悲しみが溢れ、取り乱したくもなるでしょう。しかし、浮気・不倫をやめさせたい、相応の補償を受けたい、離婚したい、と思ったら、まずは冷静な対処が求められます。不倫の場合には慰謝料や離婚の請求が可能ですが、具体的な証拠が必要となり、場合によっては裁判まで発展する可能性もあります。不倫・浮気の基準や証拠、解決方法を学び、適切な対応を取りましょう。

目次

  1. 不倫や浮気の基準・不貞行為とは
  2. 浮気・不倫が発覚したら
  3. 不倫の証拠
  4. 浮気・不倫をやめさせる方法
    1. 夫婦で話し合う
    2. 浮気相手に内容証明を送る
    3. 相手の周囲に相談する
    4. 誓約書・公正証書を残す
    5. 脅迫にならないように注意
  5. 離婚・慰謝料を請求する

不倫や浮気の基準・不貞行為とは

alt 一口に不倫・浮気と言っても、その定義は人ぞれぞれの価値観によって異なるでしょう。法律では「本人の意思で配偶者以外の異性と性交渉を行う」ことを不貞行為と定めており、ここでは不貞行為の伴う浮気を不倫と呼ぶことにします。不倫は不法行為ですので、離婚原因としても認められ、配偶者と不倫相手の両者に慰謝料を請求することができます。 性交渉がなくとも、デートやキスだけ、いわゆる浮気でも許せないことでしょう。しかし残念ながらそれだけでは不貞行為とはいえず、慰謝料請求はできません。しかし、浮気が原因で夫婦関係が破綻してしまった場合には、「婚姻関係を継続し難い重大な事由」に該当するとして、離婚が認められる可能性があります。 ただし不貞行為があったからといって、即座に離婚・慰謝料が認められるとは限らないため注意が必要です。不貞行為は一度であろうと離婚原因に該当しますが、配偶者に十分に反省が見られる場合は、裁判所が夫婦関係の修復が可能と判断し、離婚を認めないケースもあります。 また、別居期間が相当に長いなど、すでに夫婦関係が破綻していた場合に、慰謝料請求が認められないケースもあるということは覚えておいたほうがよいでしょう。

浮気・不倫が発覚したら

alt 浮気が発覚したら、まずは相手に何を要求したいかを考えましょう。単なる浮気ではなく、不倫していることが確かな場合、相手に要求できるのは以下の三点です。

  • 浮気・不倫をやめさせる
  • 離婚せず不倫相手(と配偶者)に慰謝料を請求する
  • 離婚して配偶者と不倫相手に慰謝料を請求する

浮気をやめさせるだけであれば、単にとがめるだけでやめさせることができるかもしれませんが、もしできなかった場合、より慎重に行動されてしまうので、証拠が集めにくくなってしまいます。また、疑わしいだけで実際には浮気をしていなかった場合は、夫婦関係にしこりを残してしまうかもしれません。これらの要求を行うためには、まず浮気・不倫の証拠を集めることが重要です。

不倫の証拠

alt ではどのような不倫の証拠となるのでしょうか。単に浮気・不倫をやめさせるだけであれば、二人のメールのやりとりやデート現場の写真だけでも十分かもしれません。しかし、離婚や慰謝料を請求するとなると、不貞行為があったことを示す証拠が必要となります。不倫の証拠となるものの例は以下のとおりです。

  • 二人でラブホテルに入っていく際の写真
  • 二人のメールで肉体関係を前提とする内容のやりとり
  • 本人が不倫を認めた旨の書面

キスやデートでは不貞行為の証拠にならないものの、証拠を補強する材料にはなるため、証拠になりそうなものはすべて保存しておくようにしましょう。 これらの証拠を自身で収集するのは困難なため、探偵社や興信所に依頼するケースも考えられます。現在持っている証拠でも十分かどうか、証拠集めを依頼する程の慰謝料額が見込めるかどうかなど、まずは弁護士に相談すると良いでしょう。

浮気・不倫をやめさせる方法

alt 証拠が集まったらいよいよ行動に移します。しかし残念ながら浮気・不倫をやめさせる確実な方法はありません。ここでは効果的と思われる方法をご紹介しますが、相手の性格などもよく考えて実行してください。

夫婦で話し合う

まずは夫婦で話し合って解決を図りましょう。なるべく問題を大きくせずに解決できることに越したことはありません。証拠があれば配偶者も諦め、謝罪してくれる可能性も高いでしょう。また、離婚せず今後も夫婦関係を継続するなら、「なぜそうなってしまったのか」「今後の夫婦関係をどうしたいのか」もしっかりと話し合っておくことが重要です。

浮気相手に内容証明を送る

通常なら浮気はバレたくないものです。バレてしまったら面倒だと思い、自然と交際をやめるケースも多いでしょう。また、配偶者が未婚と偽って交際しているケースもあり、その場合は配偶者がいることを示すだけで交際をやめる可能性が高いでしょう。 それでも交際を続ける場合は、内容証明郵便で「交際をやめなければ慰謝料を請求する」という旨を通知します。多くの場合は、内容証明と慰謝料額に驚き、交際をやめるでしょう。ただし、不貞行為がなければ慰謝料は請求できないので注意してください。

相手の周囲に相談する

配偶者や浮気相手の親・兄弟に事情を説明し、説得してもらうのも効果的です。例えば、浮気相手が未婚女性であれば、親は今後の結婚のことも心配し、別れるよう説得してくれる可能性も高いでしょう。浮気相手の親族の住所は弁護士に依頼することで調査してもらえます。

誓約書・公正証書を残す

配偶者や相手が浮気を認め、謝罪するようであれば、「二度と交際しない」旨の誓約書を書かせると良いでしょう。その際のポイントは、不貞行為があったならばそれを認める旨と、謝罪の言葉を書かせることです。更に慰謝料を請求する場合は、その金額と支払い方法や時期も明示する、誓約したことに違反した場合は、賠償金を支払うことまで記載しておくのがポイントです。法的効力を高めるには公正証書にするのも良いでしょう。

脅迫にならないように注意

不倫・浮気されたときは浮気相手にも怒りの矛先が向かうことでしょう。しかし、感情的に行き過ぎた行動を取ると、逆に慰謝料を請求されてしまう可能性もあるので注意が必要です。例えば、浮気相手のところに怒鳴り込みに行けば「脅迫」で訴えられる可能性もあり、暴力を振るってしまえば刑事事件にもなりかねません。また、浮気相手が配偶者と同じ職場の際には退職を強要していけません。

離婚・慰謝料を請求する

alt 不倫をやめさせるだけでなく、離婚や慰謝料を請求することも可能です。まずは当事者で話し合って離婚に応じるかどうかや慰謝料の金額を決めます。話し合いで納得ができない場合には、調停を起こし、それでも決まらない場合は裁判を起こすことになります。不倫慰謝料について詳しくは「不倫慰謝料の相場や請求方法・時効」をご覧ください。

不倫されてしまった場合には、感情的になってしまいがちですが、適切な補償を得るには冷静な対処が必要となります。ただでさえ不倫に傷ついている中、証拠を集めたり、場合によっては裁判まで必要になるのは耐え難いことでしょう。 証拠の集め方がわからない、できるだけ多く慰謝料をとりたい、相手が離婚を認めてくれない、などといった場合には弁護士に相談することをおすすめします。

関連記事

お悩みの解決策を探す

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

不倫・浮気を扱う弁護士を探す

不倫に関する法律相談

  • 示談書内容を破ったら

    私の不倫で夫と離婚しました。 示談書を私と夫と私の不倫相手が署名捺印し、慰謝料を夫に払いました。 示談書の内容に「お互いの親族、友人には接触しない」と書かれていましたが、その後まだ...

    2弁護士回答
  • 婚姻関係の破綻 破綻とみなされるのか

    夫婦関係が破綻していると認められるのはどのような場合なのでしょうか。 4年前に私の不倫が妻に発覚し、発覚してから1年後(今から3年前)に妻が不倫相手の女性に慰謝料請求をしました。 ...

    2弁護士回答
  • 不倫の慰謝料について

    不倫をした結果、それが原因で相手方の夫婦が離婚しました。私に200万、元配偶者に300万の請求をしてきています。夫婦間では合意できず、慰謝料金額については調停しているそうです。私とし...

    3弁護士回答
  • 浮気相手の会社生命保険

    調停1回目を今日終えて 不成立になりました こちらは離婚をしない方向です 婚姻分担費用調停も一緒にしました 夫はモラハラもあり 不貞も疑惑があります 相手は地元の人ではない保険会社に ...

    2弁護士回答
  • 弁護士さんを雇うメリットデメリットについて

    弁護士さんに依頼し、夫の不倫相手に慰謝料を請求しております。 相手は、弁護士さんに依頼せず、直接、私の弁護士さんに減額交渉をしています。 そこで質問です。 1 相手が、弁護士さんを...

    2弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

不倫の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識