専業主夫の夫が離婚を決意…妻に生活費請求できる?親権はとれる?【弁護士Q&A】

夫が主に家事や育児を担当する専業主夫で妻が収入を主に稼ぐ家庭の場合、別居や離婚の問題が起きたとき、夫は妻に対して生活費などの支払いを求めることができるのでしょうか。 離婚することになった場合、実際に子どもの面倒をみていた夫が親権を得ることはできるのでしょうか。 「みんなの法律相談」に寄せられた実際の相談事例と弁護士の回答を元に解説します。

目次

  1. 別居中の妻に生活費を請求できる?
  2. 専業主夫でも親権をとれる可能性はある?

別居中の妻に生活費を請求できる?

専業主夫の夫が、別居中の妻に対して生活費を求めることはできるのでしょうか。

経済的dvの証拠について

経済的dvの証拠について 離婚を言い出してきた妻から、経済的DVを受けています。私は元々は専業主夫でした(今は派遣で働いていますが、収入は少しです)。今現在は別居中で、子どもが1人いますが、面倒は私が全て見ています。

妻は毎月収入の2倍もクレジットカードを使いますが、何に使っているのか教えてくれません。生活費は妻名義の口座から引き出していましたが、先日全額引き出されました。子どもの幼稚園代も払えない状況です。

妻はカードを、私は通帳を使い引き出していました。経済的DVの証拠として、通帳のコピーは有効ですか?また、これを機に心療内科にも通っています。診断書は証拠になりますか?

別居先住所は知りません。勤務先は分かります。子どもに会わせろと言ってきますが、お金を払わない時点で親権は放棄していると思いますが、会わせる必要はありますか?

堀 晴美の写真 弁護士の回答堀 晴美弁護士 通帳のコピーは経済的DVの証拠になります。診断書は相手方の経済的DVで損害を被っている証拠になります。養育費と面会交流はリンクしていないので、養育費を支払わないからと言って面会を拒否することはできません。早急に婚姻費用分担の調停の申し立てを家裁にしてください。

▶ 離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

専業主夫でも親権をとれる可能性はある?

夫が専業主夫として家事や子どもの面倒をみていた場合、親権を取得できる可能性はあるのでしょうか。

主夫が離婚後親権を取れるのでしょうか?

主夫が離婚後親権を取れるのでしょうか? 40代男性で専業主夫をしております。妻が高給取りで私がこの5年ほど小さい子ども二人4歳9歳の生活面面倒をみております。

離婚となった場合、こういう状況でもやはり母親の方が親権を取る可能性が高いのでしょうか?

離婚後は私自身働く事も可能で、親権もとりたいと考えています。 子どもは私の事も好きですが、悲しいですが母親の方がいいと言うかもしれません。手前味噌ですが、私自身は主婦力もそこそこ高く、仕事も得意です。

子どもにとって、これまでに近い生活を送れるほうが良いのでないかと考えていますし、今までほとんど子どもの世話をしなかったのに、女性というだけで親権を持っていかれるのは辛いです。

中間 隼人の写真 弁護士の回答中間 隼人弁護士 主たる監護者がご相談者様のようですので、親権を取れる可能性はそれなりにあるものと思料します。

離婚後に、ご相談者様が働くことになるでしょうから、その際の監護態勢をどうするか、例えば実家で生活するとか、監護補助者の協力体制を構築しておくと、親権を取れる可能性は高まりますね。

▶ 離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

記事のタイトルとURLをコピー

お悩みの解決策を探す