面会交流

弁護士監修記事 2018年10月01日

別居中の面会交流を拒否された場合の対処法

別居によって子どもと離れて生活することになり、面会交流を行いたいけれど、配偶者に拒否されている。 このような場合、家庭裁判所に「面会交流調停」を申し立てて、第三者を介して話し合うことで解決を目指せる可能性があります。 この記事では、面会交流調停の流れや申立て方法などを詳しく解説します。

目次

  1. 面会交流をめぐって配偶者ともめた場合の対処法
    1. 調停で行うこと
    2. 面会交流調停の申立てに必要な書類
  2. 条件どおりに面会交流が実施されない場合の対処法
    1. 履行勧告
    2. 再調停
    3. 間接強制

面会交流をめぐって配偶者ともめた場合の対処法

alt 夫婦の別居が原因で、子どもと離れて生活することになった親にも、子どもと会って一緒に過ごしたり、連絡を取り合ったりする権利が認められています。 こうした、離れて生活する親と子どもとの交流を「面会交流」といいます。 面会交流をどのようなルールで行うかは、基本的には配偶者と話し合って決めることになります。 「面会交流のルールについて話合いがまとまらない」「ルールを決めたのに、配偶者が面会交流を拒否している」といった場合には、家庭裁判所に面会交流の調停を申し立てて、解決をはかることができます。

調停で行うこと

面会交流調停では、面会交流の回数や日時、場所などといった具体的な内容や方法について、配偶者と話し合い、お互いに納得できる着地点を探っていきます。 話合いの際には、家庭裁判所の調査官(心理学や教育学などの知識が豊富な専門家)が間に入り、必要があれば、助言するなどのサポートをしてくれます。 面会交流の条件を決める際は、子どもの年齢や、性別、性格、就学の有無、生活のリズム、生活環境などを考えて、子どもに精神的な負担をかけることのないよう、子どもの意向を尊重した取決めができるように、話合いが進められます。 本人たちの話合いだけではルールを決めきれないような場合、調査官は、子ども自身の話の聞取りや、裁判所内で面会交流の試行をし子どもの様子を観察するなどして、ルールづくりのアドバイスをしてくれます。 直接会って交流することだけではなく、写真の送付や手紙のやり取りといった間接的な交流内容を取り決める場合もあります。

面会交流調停の申立てに必要な書類

面会交流調停の手続きは、家庭裁判所に申し立てることでスタートします。申立先は、原則として配偶者の住所地を管轄(担当)する家庭裁判所です。

たとえば、これまでは夫婦で東京に住んでいたけれど、別居して福岡の実家に身を寄せているような場合は、原則として、東京の家庭裁判所に申立てを行う必要があります。ただし、双方が福岡で調停をすることに合意できれば、福岡の家庭裁判所に申立てを行うことも可能です。

調停の申立てには、以下のような書類が必要です。

これらの書類以外にも、ケースに応じて、別の書類が必要になる場合もあります。また、申立ての費用として、収入印紙1200円分(子ども1人につき)と連絡用の郵便切手(申立てをする裁判所によって金額が異なります)が必要です。 調停での話合いがまとまらず不成立となった場合には、自動的に審判に移り、裁判官が一切の事情を考慮して判断を下します。 調停で解決すると「調停調書」、審判で解決すると「審判書」という文書が家庭裁判所で作成されます。

条件どおりに面会交流が実施されない場合の対処法

alt 調停調書や審判書で面会交流の条件が決まったら、その条件のとおりに面会交流を実施していくことになります。 配偶者が条件どおりに面会交流を実施してくれない場合、次のような手段を取ることが考えられます。

履行勧告

家庭裁判所に申し出ることにより、「履行勧告」という措置を求めることができます。履行勧告の申出には費用がかかりません。 履行勧告を申し出ると、家庭裁判所の調査官が、面会交流を行うよう、配偶者に対して、電話や手紙、訪問などの方法で勧告をします。 履行勧告に法的な強制力はありませんが、配偶者に条件を守ってもらうために、一定のプレッシャーをかける意味はあるでしょう。

再調停

調停を再び申し立てて、面会交流が実施できるよう、改めてルールを調整するという方法もあります。

間接強制

家庭裁判所に申し出ることにより、「間接強制」という措置をとってもらうことができる場合があります。 間接強制とは、配偶者が面会交流の条件を守らない場合に、条件を守らない期間に応じてお金を支払わらせることです。 面会交流自体を強制的に行うことはできませんが、お金の支払というプレッシャーをかけることで、条件どおりに面会交流が実施されることが期待できます。

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 0

解決までの流れ

解決までの全記事

次に読みたい記事 0 件 / あわせて読みたい関連記事 0

解決までの流れ

解決までの全記事

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

面会交流を扱う弁護士を探す

面会交流に関する法律相談

  • 冤罪DV被害者として出来る事はありますか

    冤罪DV等で半年前に保護命令、子への接近禁止命令が発令されました。初めての保護命令を申し立てられ、こちらもやっていない証明が出来ない為に発令されました。私は円満調停、監護者指定、...

    1弁護士回答
  • 面会交流の審判について

    面会交流の調停で、同居親である相手方(妻)は、面会交流を拒否しています。 子供が会いたくないと言っているという陳述書を提出しています。 面会交流が制限、禁止される理由はなく、単に...

    4弁護士回答
  • 子供の行事への参加について

    今日幼稚園でお芋焼きがあり、園児がみんなで食べる行事がありました。 親御さんが参加するということはない行事です。 息子を迎えに行って、焼き芋どうだった?と聞いてみたら 「ママが...

    2弁護士回答
  • 面会交流の調停に代わる審判への対応

    1年以上係争していた面会交流調停が、 先日「調停に代わる審判」にて終了しました。 月1回、3時間、相手方の付き添いありの条件で、 自分としては満足できるものではなかったのですが、 ...

    2弁護士回答
  • 夫婦喧嘩で妻が家出中

    妻と喧嘩して出て行って三週間余りが過ぎようとしています。 子供に会いたいので連絡するのですが 無視されます 私にも会う権利は当然あると思います。 この場合家に押しかけたら違法ですか...

    1弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

相談を絞り込む

面会交流の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 小学校の「同級生」と不倫する妻…夫は「夫婦...
  2. 遠距離10年愛の末路、彼女は「他の男と同棲」...
  3. 10キロ増の妻に「見た目がイヤ」「離婚しない...
  4. 「あまりに理不尽」恩師からのキスで、妻に30...
  5. 単身赴任は別居なの? 不倫し放題の夫「オレ...
  6. 妻に不倫された夫が「もう一度、ホテルへ行っ...
  7. 教員の30代夫が「職場不倫」、相手は「50代女...