弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

養育費

弁護士監修記事 2016年05月26日

未払い養育費の時効 - 時効が迫っているときの対処法や支払督促の流れ

未払いとなっている養育費は、期限が来ると請求できなくなることがあります。ここでは、養育費の時効を解説したうえで、請求を行う方法や、注意すべき点を紹介します。時効の仕組みについて理解し、適切な金額の養育費を受け取れるよう手続きを行いましょう。

目次

  1. 養育費の時効
    1. 例外となるケース
    2. 時効期間を経過しても請求可能
  2. 支払い催告と一時的な時効の停止
  3. 未払い分を取り立てる方法
  4. 支払督促の流れ
    1. 時効後の請求でも受理される

養育費の時効

養育費の請求を行う権利には、原則として5年の時効が定められています。

例外となるケース

例外として、「判決文」「調停調書」といった、裁判所で作成された証書で支払いが取り決められた場合には、時効までの期間が10年となります。

そもそも何も決めていない場合は?

養育費の取り決めがなかった場合には、時効自体が存在しませんが、請求した月から支払いが認められるケースがほとんどです。過去の未払い分を請求することも可能ですが、相手の経済状況や個別の事情、裁判所の判断によるところが大きく、近年では請求月からの支払いとされるのが一般的です。 そのため、養育費の取り決めをしていない場合には、なるべく早く請求した方がよいでしょう。まずは相手と金額や支払い方法について話し合い、支払いが滞った時に備え、強制執行を認める文言を含めた「公正証書」を作成します。 話し合いでまとまらない場合には、調停を申し立てます。詳しくは「養育費の基礎知識 - 養育費の相場から支払いが滞った際の対処法について」をご覧ください。

時効期間を経過しても請求可能

時効期間を過ぎた養育費についても請求自体は可能であり、相手が時効を主張せずに応じれば、支払いを受けることができます。時効の計算では、最後に養育費が支払われた日を基準とします。一度でも支払いがあったのであれば、最後にいつ行われたかを確認しましょう。一度も支払われていない場合には、取り決めた日が基準となります。

支払い催告と一時的な時効の停止

養育費の取り決めをすでに行っていて、時効が迫っているのであれば、速やかに対処を行いましょう。 時効期間内に、相手に支払いを求める催告を行うと、6か月の間だけ時効が進行しなくなります。通達は内容証明郵便で行うのが一般的で、養育費の支払い義務が相手に存在することを伝える内容であれば、文面は特に決まっていません。 催告しても相手が支払いに応じなければ、6か月以内に裁判所で請求手続きを行いましょう。裁判所へ申立てを行うと時効が停止された状態で手続きが進行しますが、申立てが却下されてしまうと、元通りに時効期間が進んでいたものとして扱われるため、注意が必要です。

未払い分を取り立てる方法

「調停調書」で養育費を取り決めた場合や、「公正証書」に滞納時の強制執行を認める認諾条項があれば、相手の財産を差し押さえる申立てを行うのが有効です。強制執行について詳しくは「養育費の不払いへの対処法 - 履行勧告や強制執行の流れ」をご覧ください。 認諾条項が証書にない場合には、調停を申し立てて「調停調書」を作成し、強制執行を可能にすることも考えられますが、支払督促を行うのが効果的です。支払督促では、相手が裁判所からの連絡を無視していると、強制執行の手続きが可能となります。

支払督促の流れ

支払督促を申し立てる際は、相手方の住所を管轄する簡易裁判所に、以下のものを用意して提出します。

  • 申立書(こちらでダウンロード可能)
  • 相手への郵送に必要な切手
  • 請求額に応じた手数料分の収入印紙(こちらで確認可能)

相手が督促を受け取ってから2週間以内に異議申立てを行わなければ、支払督促に仮執行宣言が付与され、強制執行を行う根拠とすることが可能になります。なお、相手が異議を申し立てた場合は、民事訴訟の手続きへと移行します。

時効後の請求でも受理される

相手が時効の成立を主張しなければ、請求が認められます。また、請求された分について、支払うことを相手が認めれば、その時点から新たに時効が設定されます。

相手が時効を主張しない限り、養育費の支払いを求める権利が無くなることはありません。まずは速やかに請求を行いましょう。時効の期間も、離婚時の取り決め方やその後の手続きによって様々であり、相手の主張次第では訴訟になることも十分考えられます。そのような可能性が出てきた場合は、早めに弁護士に相談することをおすすめします。

関連記事

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

養育費を扱う弁護士を探す

養育費に関する法律相談

  • 婚姻費用分担請求について(住宅ローンありの場合)

    1週間前に主人の不貞行為が発覚し、 別居をすることになり、主人が実家へ 私と子供2人はそのまま自宅に残ってる形になってます。 別居中の費用につき今揉めてます 住宅ローンが残っているた...

    2弁護士回答
  • 養育費の時効と公正証書について教えて下さい。

    お世話になっております。 多額の借金がある夫との離婚のため公正証書の作成をしますが、この度、養育費に時効があることを知りました。 相手が借金まみれなので取り決めた金額が払われない...

    1弁護士回答
  • 養育費減額調停以外の争いごとについて

    例えば、養育費減額調停をしたとして、それ以外のこと(面会交流や慰謝料)も話し合うことは出来るのでしょうか? 違う話になる場合はまた違う調停を申し込むということになるのでしょうか?

    2弁護士回答
  • 養育費一括支払い後のトラブル

    養育費を一括で支払った後に相手から更なる金銭要求があった場合、応じなければいけないのでしょうか? 出来れば。支払いが済んでからは一切。 子供とも相手とも関わりたくありません

    2弁護士回答
  • 養育費の未納となりますか?

    養育費の事について質問です。 元妻と3年前に離婚しました。 離婚の時に元妻と元妻の親御さんから公証人役場によびだされ公正証書をかわすように説得され公正証書をかわしました。 内容は子...

    5弁護士回答
1 2 3 4 5 ... 30 ... 50

法律相談を検索する

養育費の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題のニュース

  1. 既婚男性「一緒になろう」と誘惑→離婚せず…「...
  2. 2年にわたって妻を誘惑する男、夫は「戦略的...
  3. 「妻とはうまくいっていない」を信じるな 不...
  4. 出会い系の相手女性から「赤ちゃんできた」の...
  5. 突然別れを切り出され同棲解消…彼女のお願い...
  6. ジョジョの奇妙な生い立ち…第5部主人公「ジョ...
  7. 「柳井社長もやってみて」身分隠してユニクロ...