子供を連れ去られて面会交流を拒否されています。どうしたら面会交流できますか?

公開日: 相談日:2020年02月16日
  • 1弁護士
  • 1回答

生後1ヶ月の子供を去年、妻に連れ去られ、それ以来、一度も会えずに1年以上が経っています。

連れ去られた後は、妻から、虚偽のDV主張で離婚調停を申し立てられ、その後こちらからは「子の監護者指定の審判」「子の引き渡し審判」「面会交流」を申立てました。しかし妻側は、「連れ戻しが怖いから、監護権を自分(妻)に認めなければ試行面会もさせない」と一貫して主張し、面会交流を拒否し続けています。
そこで質問があります。

【質問】
「連れ戻しが怖い」という妻の主張を退けるためには、妻に監護権を認める以外にどのような手段が考えられますか。こちらからは以下4つを根拠に、連れ戻しは絶対にしないと主張していますが無視されています。

・監護者指定の申立てをこちらからしていること
・面会交流時に連れ戻したら未成年者略取誘拐罪になることを知っていること
・フレンドリーペアレントの重要性を知っていること
・連れ戻したら妻に監護権を認めると誓う、と主張していること

子供に会えずにとても苦しんでいます。どうぞよろしくお願いいたします。

893528さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府9位

    森田 英樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 妻側は、「連れ戻しが怖いから、監護権を自分(妻)に認めなければ試行面会もさせない」と一貫して主張し、面会交流を拒否し続けています。
    > 「連れ戻しが怖い」という妻の主張を退けるためには、妻に監護権を認める以外にどのような手段が考えられますか。

    ・・・そもそもあなたに監護権をという主張の根拠如何?生後1年余りのお子さんをあなたがどのように監護していけるのか。
    「連れ戻しが怖いから」という点は無視して、「あなたが監護権を主張・取得するのであれば」という条件提示だと考えられてはいかがでしょう。
     監護権指定・子の引渡しを取下げ 共同親権として 相手方監護のもとで 面会交流早期実施・面会交流の充実では不十分・不都合なのでしょうか。

    離婚については理由がないのであれば徹底的に争えばよいのでは
    そして 仮に離婚となれば親権者の指定で争えばよいのでは

この投稿は、2020年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す