弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

面会交流 : 面会交流の調停・審判や拒否に関する相談

面会交流の抗告審において試行面会などの実施はあり得るか

面会交流の抗告審の中で、試行面会や審問、調査(面接を含む)を行うということはほとんどあり得ないことでしょうか。

子どもが私のほうにおり、家出してしまった夫に会ってもらうために申立をしました。
夫が私と同じ時間に同じ場所にいたくないからという陳腐な理由で拒否し、子どもとの試行面会は実施できませんでした。
そのため、夫が家出してから子に会っていないからという理由も(家出後も何度か会っていたのでそのことも含めて抗告状には書きましたが)、少ない頻度と時間(数ヶ月に1回、1時間)にする根拠として書かれていました。
まさしく夫は、拒否しているから得をしている状態です。
2歳児の子だから、年齢等からも数ヶ月に1回、1時間がよいとされていましたが、そう判断されるような調査や面接は子に対して何も行われていません。試行面会もしていないのだから当然です。

以上の家裁の判断が妥当かを判断するために、試行面会、審問、調査(面接を含む)を行うべきだと抗告状では主張しましたが、行われる可能性は低いでしょうか。
抗告審は、原則として書面で判断されますので、試行面会等の手続きが行われる可能性は低いといわざるを得ません。

残念ながら、面会を拒否する者に強制的に面会させることは極めて難しいといわざるを得ません。
 抗告審では、原審の判断に誤りがないかどうか、原則として書面で審査しますので、試行面会や調査官調査が抗告審で行われる可能性は低いです。

 なお、面会交流の回数等が審判で決まっても、夫が面会交流を拒否して実施しない場合、強制的に実施させる効力は無いと考えられます。
> 面会交流の抗告審の中で、試行面会や審問、調査(面接を含む)を行うということはほとんどあり得ないことでしょうか。

必要性次第でしょう。私は過去に調査官調査などあったことはありますが。

> 子どもが私のほうにおり、家出してしまった夫に会ってもらうために申立をしました。

その事情ですと、難しいでしょう。
そもそも相手に拒否されればできませんし、拒否されるでしょうから。

それに調査が必要な状況(子と親の関係を見る必要がある)のではなく、一方の親が子に会いたくないと言っているだけなので、それが良いかどうかはともかく、調査の必要はありません。


> 以上の家裁の判断が妥当かを判断するために、試行面会、審問、調査(面接を含む)を行うべきだと抗告状では主張しましたが、行われる可能性は低いでしょうか。

具体的理由次第で調査官調査がなされる可能性はあるでしょう。
> 以上の家裁の判断が妥当かを判断するために、試行面会、審問、調査(面接を含む)を行うべきだと抗告状では主張しましたが、行われる可能性は低いでしょうか。
1.低いでしょう。
2.何よりも,試行面会は強制できません。
3.そして,抗告審は,原審の決定に対する抗告について,その抗告事由が存するかが審判対象になるからです。
皆様ありがとうございます。

同一の家裁で、離婚訴訟を起こされています。
そして、面会交流事件としては、2回目の抗告です。
相手方は、円満に離婚に応じるならば面会交流に応じる、また第三者機関を通じてなら応じる、と言っていました。
そして、月1でエフピックの支援を受ける、というところまでは合意していましたが、利用料の負担の面で不調になり、審判に移行しました。
移行後に、相手方から経済的負担で2~3ヶ月に、との申立てがあったようです。
かつ、時間については決めていなかったのに、敢えて時間を1時間と、家裁が勝手に決めました。

落とし所があまりにも不当です。
それに元々、相手方が全てを負担するのが重いなら、他に安い利用料の機関を探させるようにと調停で伝えましたが、もう調停の進行は無理と決めたのも調停委員会です。
以上のことから、相手方には、急に利用料を差額が払えなくなった理由について説明をして欲しい、かつ、月1での頻度なら子がかわいそうなので折半に応じよう、と抗告しました。
本当に表向きの課題は、経済的負担面だけなのです。

第三者機関を使わなければいけないのは、育児負担を拒否し、監護を放棄し、連絡を拒否している夫のせいなのです。
そして私が子に虐待しているとも訴訟で主張しているにも関わらず立証しない、親権を行使しないで私に押し付けているのはおかしい、養育費も面会交流も応じない、おかしいことだらけです。とは抗告状に書きました。
面会交流に応じて実績を積むまでは、離婚に応じない、が私の主張にならざる得なくなっています。
抗告審では、原審の判断に誤りがないかどうか、抗告事由が存在するかを見る、とのことですが、こういった事例に関してはどう思われるか、一意見で構いませんので、コメントをいただければ幸いです。
原審が一度双方で同意したところから大きく外れている、頻度は経済的な面で調整すれば解決できたはずなのに審理を再開しなかった、そして時間を勝手に制限したという3点が抗告事由として3点存在しているかと思いますが、いかがでしょうか。
相談を再度上げたいと思います。

kozuさん
2017年03月21日 06時39分

みんなの回答

黒岩 英一
黒岩 英一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 長崎県1
弁護士が同意2
ありがとう

2017年03月21日 06時54分

中井 陽一
中井 陽一 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 滋賀県2
ありがとう

2017年03月21日 07時57分

岡田 晃朝
岡田 晃朝 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 兵庫県1
ありがとう

2017年03月21日 08時04分

高橋 淳
高橋 淳 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 東京都4 離婚・男女問題に注力する弁護士
ベストアンサー
ありがとう

2017年03月21日 09時40分

岡村 茂樹
岡村 茂樹 弁護士
弁護士ランキング 登録弁護士が過去30日における弁護士ドットコム内で行った活動(みんなの法律相談での回答など)を独自に数値化、ランキングしたものです。 埼玉県1 離婚・男女問題に注力する弁護士
ありがとう

2017年03月21日 10時02分

kozu さん (質問者)

2017年03月21日 12時39分

kozu さん (質問者)

2017年03月21日 18時00分

kozu さん (質問者)

2017年03月21日 18時41分

この投稿は、2017年03月21日時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

離婚後子どもに会いたいと思ったら - 面会交流で決めるべき内容と調停の流れ

元配偶者が子どもを会わせることを頑なに拒否する場合には、話し合いをまとめることは容易ではありません。もしも調停となった場合には、子どもと会う...

子どもに会わせたくないと思ったら - 面会交流を拒否できる理由と注意点

結婚中に相手が子どもを虐待していたり、子どもが「会いたくない」と言っている場合には、面会交流を拒否したいと思うでしょう。子どものためであれば...

面会交流を拒否された場合の対処法 - 強制執行による間接強制や慰謝料請求・親権者変更について

約束したはずの面会交流を拒否することは不法行為となり、裁判所を通して罰金を課すことや、間接的に面会交流を強制することも可能です。子どもとの関...

この相談に近い法律相談

  • 面会交流抗告審について

    面会交流実施の審判に対し妻が抗告し、抗告審にて高裁で相手方である私からお話をうかがうための面接調査がありますが、双方からお話をお伺いして審理するとのことです。試行的面会交流を家裁で行う予定です。 遠方で高裁へは大変ですが、妻も高裁に出向くことはあるのでしょうか?

  • 面会交流抗告審について

    面会交流実施の審判に妻が抗告し、抗告審中ですが、試行的面会交流もこの前実施され、即時抗告から3ヶ月が過ぎましたが、決定が遅いのではないでしょうか?宜しくご指導お願い致します。

  • 面会交流抗告審について

    面会交流実施の審判が出ましたが妻に抗告され、抗告審中です。間接強制はどの時点で申し立て可能でしょうか?宜しくお願い致します。

  • 面会交流抗告審について

    面会交流実施の審判に対し妻が抗告中ですが、父親の学校行事の参加・参列を認めた判例はあるでしょうか?宜しくご指導お願い致します。

  • 試行的面会交流について

    面会交流実施の審判に対し妻が抗告して高裁で抗告審中で、試行的面会交流が行われました。子供二人共、初めは否定的な態度でしたが、一人は一緒に遊んでいるうちに慣れました。一人は母親の部屋に行きたいと言うので調査官が連れて行きました。満足のいく交流ではなかったですが、原審に沿った決定になるでしょうか?宜しくご指導お願い...

法律相談を検索する

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

面会交流に注力する弁護士

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

法律相談を検索する

新しく相談する無料

面会交流の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 女性教諭の旧姓使用訴訟、東京高裁で日大三高...
  2. 夫にだまされ、「養育費」をもらわず離婚して...
  3. 犯罪被害者の「同性パートナー」が国の給付金...
  4. 過熱する保活競争、入園のための「ペーパー離...
  5. 「わが子に会えない」父親たちの悲痛な声、面...
  6. 娘と「6年会ってない」父に親権認めた裁判、2...
  7. 「離婚後の養育費を1.5倍に」日弁連の新算定...

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

イチオシの弁護士

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。