1. 弁護士ドットコム
  2. 離婚・男女問題
  3. 面会交流
  4. 濫用はどこまで通じるのですか?

公開日:

濫用はどこまで通じるのですか?

2014年02月02日
ベストアンサー
原審相当であり、抗告は棄却する。
原告にも原因があり、請求は棄却する。

私が申し立て過去の面会交流の事件を調査官から度重なる申立と非難されました。
上記の理由でほとんど敗訴しているのですが、敗訴したら濫用と非難されるのでしょうか?
相談者(230721)の相談

みんなの回答

弁護士A
ありがとう
調査官がそのような調査結果を裁判官に出しているのでしたら、裁判官は多くの場合、調査結果を参考にしてそのような結論を出すと思われます。

2014年02月03日 03時50分

弁護士B
ベストアンサー
ありがとう
上記の理由でほとんど敗訴しているのですが、敗訴したら濫用と非難されるのでしょうか?

裁判を受ける権利があなたには保障されており 同一案件についての繰り返しの申し立てではなく 事情変更があるわけですので 乱用とまでは言えないと思います。

2014年02月03日 07時20分

相談者(230721)
ありがとうございます。いくら調査官調査の意見書に申し立てを非難する文言が書いてあるからと、審判書でも非難の文言を記載されるのでしょうか?

2014年02月03日 21時02分

弁護士A
ありがとう
裁判官が、そのように確信したので、そのように判決文を書いたのでしょう。

2014年02月03日 21時04分

相談者(230721)
ありがとうございます。まだ結論でていません。もうすぐ結審日で抗告の準備をしています。

2014年02月03日 21時06分

この投稿は、2014年02月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

関連度の高い法律ガイド

別居中の面会交流を拒否された場合の対処法

別居によって子どもと離れて生活することになり、面会交流を行いたいけれど配偶者に拒否されている。このような場合、家庭裁判所に「面会交流調停」を...

面会交流のルールの決め方と面会を拒否できるケース

離婚をすると、どちらか一方の親は、子どもと離れて生活することになります。離れて生活する親にも子どもに会う権利(面会交流権)があり、子どもと共...

面会交流に子どもの意思はどのくらい考慮されるか

別居中や離婚後の面会交流のルールは、通常は調停など夫婦間での話合いで決まります。では、子どもがある程度の年齢に達している場合、子どもの意思は...

面会交流のルールを変更したい場合の対処法

面会交流をどのようなルールで行うかについては、夫婦の話合いで決めることができます。面会交流を行う頻度としては、月に何回程度が適切なのでしょう...

面会交流がルール通りに行われない場合

面会交流について調停や審判でルールが決まったにもかかわらず、その通りに面会交流が実施されない場合、裁判所の手続きによって、子どもとともに暮ら...

やること診断

今するべきことがわかります 離婚・男女問題のやること診断

解決までの全記事

必要な情報を詳しく知りたい方へ

この相談に近い法律相談

  • 特別抗告 原審に提出した証拠は配慮しないのでしょうか?

    特別抗告は違憲の有無を調べるために、原審で提出した証拠は取り調べしないのでしょうか?

  • 高裁は違法でないですか?

    行事参加について 原審は、本件で審理することでない。 高裁抗告審は、何の記載もない。(ただし、一部補正して、原審の裁判所の判断を引用するとあります。) 高裁が行事参加について、否定さえしなかった 全く審理しなかったことは、違法と主張するなら何の法令を根拠にしているのでしょうか?

  • 上告受理申立て理由に該当するか

    上告が狭き門であることは承知しています。 第2審の高等裁判所で、 「Aという事実があるため、Bという事実が推定される」と主張し、 Bである事実を証明するため、文書送付嘱託申立てをしたところ却下され、1回の口頭弁論で結審されました。 判決は、「仮にAが事実であったとしても、請求が、積極的に基礎づけられていると...

  • 裁判官の事実認定の権限はどこまででしょうか?

    面会交流の拡大の審判 原審は却下されました。 今抗告中です。 ところで過去の面会交流の抗告審では裁判官は当事者が主張していないことまで、私を非難して私の言動が子供の福祉を害していると認定しました。(それを今の審判で親権者は主張します。 当事者に確認することなく、勝手に非難して事実認定する決定はやめてもらいたい...

  • 以下の反論の記載方法は正しいでしょうか?

    1 原審が認める 抗告人が本件申立後に事件本人に働きかけを強めたこと、調査官が認める抗告人が本件申立後から事件本人に父親と認識させようと働きかけを強めている事実について ア 抗告人が原審で提出した本件申立以降の面会交流の実施状況、抗告審で提出した実施状況(甲33号)からも窺われない。 イ 調査官、原審は具体的...

法律相談を検索する

よく見られているキーワード

弁護士に依頼することを検討中の方はこちら

複数の弁護士にまとめて見積り依頼
費用対処方針比べて選ぶことができます。

  • 弁護士費用がいくらかかるか知りたい
  • 弁護士の選び方がわからない
  • 弁護士が何をしてくれるか知りたい
一括見積りをはじめる無料

離婚・男女問題の「トラブル体験談」

Aさん(30代女性)

DVを繰り返す夫から自由に - 2人の子どもの親権と養育費を勝ち取ったAさんの体験談

  • DV
  • 親権
  • 養育費
  • 面会交流

結婚11年目のAさんは、パートで働きながら8歳と10歳の子どもを育てる母親でした。会社勤めをしている夫は、家事や育児に協力しないだけでなく...

Bさん(20代女性)

性格の不一致から夫との生活が苦痛に - うつ病を患いながら離婚を成立させたBさんの体験談

  • 性格の不一致による離婚
  • うつ病
  • 新居の処分

結婚1年目のBさんは、夫と共働きの二人暮らし。当時仕事に追われていたBさんは、家庭内での夫の態度に違和感を覚えるようになっていました。B...

Cさん(40代女性)

育児・家事に無関心な夫と離婚 - 3人の子どもの親権・養育費を争ったCさんの体験談

  • 親権
  • 養育費
  • 財産分与
  • 年金分割

Cさんは、3人の子どもを育てる専業主婦でした。公務員の夫は、結婚当初から家庭内のことに無関心でした。「子どもが生まれたら変わるかな」と...

依頼前に知っておきたい弁護士知識

面会交流に注力する弁護士

最近検索されたキーワード

面会交流の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

活躍中の弁護士ランキング

離婚・男女問題の分野

をお選びください。

弁護士回答の中から一番納得した回答に、「ベストアンサーに選ぶ」をつけることで、
回答した弁護士に最も高い評価を与えることができます。

ベストアンサー以外にも「ありがとう」をつけることができます(複数可)。弁護士へのお礼も兼ねて投票へのご協力をお願いいたします。

※万が一、納得のいく回答がない場合は、「ベストアンサーを選ぶ」をつけずに、投票を終了することもできます。