離婚後の面会交流のあり方について

公開日: 相談日:2021年05月30日
  • 1弁護士
  • 1回答
ベストアンサー

【相談の背景】
離婚から5年。子どもは4人。親権、養育費、面会については事前に公証人役場で書類を作成し取り決めました。面会交流に無駄欠席や遅刻を相手が行い、子ども達はその度連絡のつかない相手を待ち傷ついて来ました。ここ1年半は面会がリスケになったり無駄欠席、コロナ禍もあり行えておりません。加えて子ども達は無駄欠席が続く頃から面会交流への参加に否定的です。長男は相手の話を聞くこと、面会の日にちが近づく事がストレスで円形脱毛症になったり、爪を噛んだりするようにすらなりました。私も不誠実な対応が子ども達の為になるとも思えず、それらの事から不安解消に務めてもらいたい。解消されるまで面会を控える旨相手に伝えました。すると書面と違う事をするなら自分ばかりが損をするので養育費を減額しろと言ってきています。

【質問1】
相手の望む金額へ減額をしなくてはなりませんか?

【質問2】
応じる必要がない場合、
【こちらの養育費の減額の話はどうなってるのか?】という問になんと回答する事が望ましいですか?

1031204さんの相談

回答タイムライン

この投稿は、2021年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す