子の保全について、乳児を父親が連れ去りの場合

公開日: 相談日:2021年05月06日
  • 2弁護士
  • 2回答
ベストアンサー

【相談の背景】
子の保全、監護者の指定、引き渡しの申立をしている母親です。
子は0歳、乳児です。当方は相手方が騙して子を奪取したと主張しています。(体調不良時に治れば戻すとの約束で相手方実家に連れていかれました)

相手方と私はしばらく同居、1ヶ月後に相手方が出ていきました。今は相手方と相手方父母が子をみています。

近くの弁護士事務所に駆け込みました。子が連れていかれてから1ヶ月半での申し立てとなりましたが、申し立て裁判所を相手方実家を管轄する所にしましたら相手方が移送の申し立てをしてきました。(相手方父母が相手方勤務先近くに引っ越し、相手方と同居を始めた)

【質問1】
移送で期日が延び延びとなってますが、相当不利になりますでしょうか?それとも計画的に連れ去り、取り込もうとしてるだけと裁判所は判断して下さるものでしょうか?

【質問2】
担当の弁護士の先生は見通しがいつも外れています。通知見たら相手は子を戻してくれるかも!とか、裁判所は期日を早く入れてくれますよとか。セカンドオピニオン取った方が良いでしょうか…。申立も時間かかりました

【質問3】
子との面会交流は申し立ては今は止めておくよう言われてます。それをすると相手方の監護権を認めることになるから、と。
私は子と会いたい(戻して貰うのが1番です)のですが、そういうものですか?

1023682さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    千葉県3位

    石井 康晶 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    A1
    相手の監護が違法に開始された場合は期間の経過は当方にとって不利に働きません。
    違法とは言えない場合ですが、本件では移送の判断に要した期間を加味しても結論に影響するほどの不利益はないと思われます。

    A2
    不安ならこういう場で他の弁護士の意見を聞くと良いでしょう。

    A3
    いや、面会は進めて大丈夫です。

  • 弁護士ランキング
    京都府2位

    松浦 由加子 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    質問1については、移送はこちらの問題ではないので、それで不利に働くことはないと思います。
    転居したことをもって計画的に連れ去りや取り込みとは認めてもらえないかもしれませんが、ほかの事情からそう認定してもらえる可能性はありそうに思います(詳細がわからないので断定はできませんが)。

    質問2については、見通しが外れたとまではいえないかもしれません。
    この種の事案は急ぐので、申立に時間がかかったことが引っかかるのはわかりますが、弁護士を変えると更に時間がかかるおそれもあります。
    とはいっても、セカンドオピニオンをきかれるのはいいと思いますが、弁護士を変えることまでお考えなら面談相談をされた方がいいと思います。
    また、法テラスを利用していないでしょうか? 法テラスを利用している場合は弁護士を変更するには法テラスの許可が必要ですので、替えるときには法テラスにも相談する必要があります。

    質問3については、先に引渡しを求めているわけですから、面会交流も申し立てても相手方の監護権を認めることにはならないといいとは思います。ただ、子の引渡しの争いと同時並行に面会交流を進めるのは相当に困難で、実際には子の引渡し・監護の問題が決着がついてからでないと話が進まない可能性はあるとは思います。だからといって、申立てを控える必要まではないかもしれませんが。

  • 相談者 1023682さん

    タッチして回答を見る

    石井先生、松浦先生、ご回答ありがとうございます。

    ○相手方父母の引っ越し前に直談判して子を戻すようお願いしましたが、逆に先に離婚届を書け、親権放棄しろと脅され断念しました。あなたは1年位仕事に行け、と言われました。その後、当方が申し立て→通知受け取り後に転居です。当方の弁護士がコンタクト取るまではずっと子は戻す予定と嘘をついてました。

    ○法テラスは利用していないです。大手の事務所さんにお願いしました。2名体制で、新任ぽい方がメインのやり取りをしてくれてます。主担当はベテランの方の名前です。

    ○今から面会交流申し立てても6月越えるし…相手方にあなた方が見ている子と会わせて下さいとお願いするのは違法な奪取から始まってるのにおかしい、と言われましたが、ご意見参考に今一度お願いしてみます。

この投稿は、2021年05月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す