どうしても離婚回避したい

公開日: 相談日:2019年10月02日
  • 2弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

主人が弁護士をたてて、離婚協議を申し立ててきました。
私は離婚の意思がないので、弁護士をたてず、拒否しようと思っています。

私は離婚が認めらるような事は一切していません。
主人は、過去にダブル不倫、風俗通い、暴力、暴言があります。

あちらは弁護士をたて、こちらは弁護士をたてない場合、協議離婚もしくは調停離婚(私が申し立てるなら円満調停)のどちらが私にとって、やりやすいでしょうか?

主人の義父の介護問題から離婚話に去年からなり、そのために心労でうつ病を患っています。

結婚してからパートの仕事しかしたことがありません。
年齢も40代前半です。
病気のせいで、精神的に弱くなっており、ひとりで頑張って子供を二人立派に育てながら生きていく気持ちにどうしても今はなりません。

下の子がせめて高校に入学が決まるまでは(あと4年半ほど)離婚せずに今の環境で子育てをしたいのが私の望みです。

それを叶えるためには、協議か調停、もしくは裁判のどれがいいのか、そしてどのように主張すればよいのか教えていただきたいです。

宜しくお願い致します。

853525さんの相談

回答タイムライン

  • タッチして回答を見る

    まずは、協議による交渉の場で、離婚条件や修復する場合の条件の出し合いなどをして、互いの条件や意思が合致しない場合には円満調停や離婚調停の場で協議し、その調停でも離婚か修復するのかといったことや、条件が合致しない場合には、訴訟に移行するという流れになることが多いかとも思います。時間をかかけてじっくり考えたい場合には協議から開始で良いかと思います。

  • 相談者 853525さん

    タッチして回答を見る

    早速、ご回答いただき、誠にありがとうございます。


    さらに、質問を失礼します。

    相手の弁護士と協議する際、私が上記で書いたようなことを素直にお話しして大丈夫なのでしょうか?

    たとえば、今は精神面や金銭面、気持ちの面でも離婚できないが、下の子が高校を入学したら離婚してもいい、などは、伝えてもいいのでしょうか?

    それとも、離婚しない、と頑なに拒否する方がいいのでしょうか?

    とにかく、主人が望んでいるであろう、今すぐに離婚は絶対に避けたいです。

  • ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    一概にどちらが妥当であるとは言いにくいと思います。ただ、相手の弁護士さんと交渉するうえで、気を付けることは、書面やメールなど文字で残るような形で質問者さんが「いずれは離婚しても良い」というようなやりとりを残すような事は、あとあと夫側は、それを夫側の有利な証拠として裁判所に提出される可能性があるという事だと思います。他方で、円満調停や離婚調停という場は、非公開ですし、夫側とは基本的に会わずに、質問者さんの「下の子が高校を入学したら離婚を前向きに考える・・・」という意思をそれとなく調停委員を通じて(口頭で)伝えてもらったりして、それに対する夫側の意向を確認してもらえる可能性もあります。

  • 相談者 853525さん

    タッチして回答を見る

    とても分かりやすいご回答をありがとうございます。
    大変参考になりました。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > とにかく、主人が望んでいるであろう、今すぐに離婚は絶対に避けたいです。
    1.今すぐに離婚は絶対に回避であれば,基本,離婚はしない内容のやり取りをすべきです。
    2.離婚をしても良い可能性を述べても,直ちに離婚に結びつくことはないですが,後日の調停や訴訟において,破綻に向かってたとの主張をされてしまうでしょう。

  • 相談者 853525さん

    タッチして回答を見る

    分かりやすいご回答をありがとうございます。
    大変役に立ちました。

  • 弁護士ランキング
    埼玉県1位

    岡村 茂樹 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    > 分かりやすいご回答をありがとうございます。
    1.いいえ,とんでもございません。

    > 大変役に立ちました。
    1.そうであれば良かったです。

この投稿は、2019年10月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから

もっとお悩みに近い相談を探す