弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

離婚慰謝料の解決事例

夫の無計画な事業に巻き込まれ,破産を余儀なくされた案件。

依頼主 40代 女性 相談前 夫が次々に事業に手をだし,その事業資金を調達するために,妻として連帯保証人になるなどして,最終的に破産を余儀なくされた。夫は,依頼者(妻)の親族からも借り入れをしており,その分については,破産後も支払うと言っていたが,結局支払われることはなかった。夫から離婚請求訴訟を提起された時点で受任となった。 相談後 破産したのは依頼者(妻)の意思であり,債務も免責されているので,損害賠償請求が困難な事案だった。夫の無計画性と,依頼者(妻)の身内には支払うと虚偽の事実を告げて破産させていることをもって,不法行為に当たると主張した。当然,この主張自体は容れられなかったが,主張を繰り返す中で,夫の側に道義上の責任があることは裁判所に伝わり,ある程度の解決金の支払いを受けて和解となった。 正込 健一朗弁護士からのコメント 法律上は請求が難しい事案でも,裁判所に対して,丁寧に事情を伝えることで,実質的に損害の填補ができた事案。依頼者は毎回10枚を超える言い分を弁護士に渡しており,その中から法的に使えるものを抜き出して,書面化することを継続した。依頼者の思いが裁判所にも通じた例である。

お気に入りに追加
正込 健一朗
正込 健一朗 弁護士

正込法律事務所

■初回相談無料■ 法律的にも心情的にもご納得いただくことを目指し、新たな人生の第一歩...

電話で問い合わせ
050-5283-0359

メールで問い合わせ

離婚慰謝料に関する解決事例

瀧井 喜博

瀧井 喜博弁護士

DVからの離婚案件

中年男性が、DVを行ったということで、離婚と慰謝料を求める裁判を起こされたと相談にいらっしゃいました。 離婚を認めたうえで、慰謝料は無しとすることで、和解に至りました。 DVがあったとする主張を崩すための、証拠収集を粘り強く行うことで真偽不明の状態にまで持っていったため、相手方含む関係者が...

石井 康晶

石井 康晶弁護士

離婚後の後処理:ローン支払い約束をしたが払えなくなった

協議離婚した男性。夫婦で暮らしていたマンションのローンを,子どもが成人するまで払い続けると書面で約束していた。が,もともと収入に照らして無理な約束であったため,パンクしてしまう。弁護士ドットコムをご覧になって当事務所来訪。ローンを免れるには自己破産から免責を得るのが早いが,難色を示したため交渉で妻に出て行って...

谷尻 和宣

谷尻 和宣弁護士

長期別居中の妻が、離婚に応じなかった事案

当方夫側。妻とは長期別居中であったが、子が成人したことから離婚したいと考えました。妻に話したところ、当初は離婚に応じる、と言っていたのですが、その後、妻は弁護士を立て、現時点では離婚には応じない、慰謝料として1000万円払うのであれば離婚する、と意思表示をしてきたため、夫が当事務所に相談し、受任しました。しか...

鈴木 秀二

鈴木 秀二弁護士

妻から離婚訴訟を申し立てられた

妻から離婚訴訟を申し立てられた。離婚には応じてもいいが,財産分与や慰謝料の支払には絶対に応じたくない。また,子供の親権も欲しい。裁判内で,財産分与・慰謝料の支払なし,親権は依頼人という内容で和解。裁判手続きがなされても,裁判内で話し合いの場は持たれます。交渉の場で,有利な条件での和解も可能な場合もあります。弁...

慰謝料を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

離婚慰謝料の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

弁護士に見積り依頼をする

複数の弁護士にまとめて見積り依頼

  • 最短3分で依頼完了
  • 依頼内容は非公開
  • 分野に詳しい弁護士から見積り依頼が届く
一括見積りをはじめる無料

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 面会交流のあり方は子どもが決めること…支援...
  2. いじめ、就活…キラキラネームで辛い思いをし...
  3. 中川議員、不倫相手との「重婚ウェディング」...
  4. 5年間付き合った彼氏が「既婚者」と判明、妻...
  5. 「捨てたい妻VS集めたい夫」夫のコレクション...
  6. 女性教諭の旧姓使用訴訟、東京高裁で日大三高...
  7. 夫にだまされ、「養育費」をもらわず離婚して...