弁護士ドットコム - 無料法律相談や弁護士、法律事務所の検索

離婚慰謝料の解決事例

DVからの離婚案件

  • 慰謝料

相談前 中年男性が、DVを行ったということで、離婚と慰謝料を求める裁判を起こされたと相談にいらっしゃいました。 相談後 離婚を認めたうえで、慰謝料は無しとすることで、和解に至りました。 瀧井 喜博弁護士からのコメント DVがあったとする主張を崩すための、証拠収集を粘り強く行うことで真偽不明の状態にまで持っていったため、相手方含む関係者が、紛争の長期化を回避すべきとの考えに至ったことが、解決のポイントだったと考えています。

お気に入りに追加
瀧井 喜博
瀧井 喜博 弁護士

瀧井総合法律事務所

【初回40分迄5,400円】【無料電話相談可】こんな弁護士を探していた。上本町の人情派弁...

電話で問い合わせ
050-5265-1862

メールで問い合わせ

離婚慰謝料に関する解決事例

宮地 紘子

宮地 紘子弁護士

慰謝料と財産分与をもらうことができました!

夫は離婚には応じるというものの,慰謝料と財産分与は無しという条件を提示。 離婚調停の結果、相応の慰謝料と財産分与をもらうことができました。相手方との交渉・調停を経ることにより相応の財産分与と慰謝料をもらうことが可能になりました。

石井 康晶

石井 康晶弁護士

離婚後の後処理:ローン支払い約束をしたが払えなくなった

協議離婚した男性。夫婦で暮らしていたマンションのローンを,子どもが成人するまで払い続けると書面で約束していた。が,もともと収入に照らして無理な約束であったため,パンクしてしまう。弁護士ドットコムをご覧になって当事務所来訪。ローンを免れるには自己破産から免責を得るのが早いが,難色を示したため交渉で妻に出て行って...

正込 健一朗

正込 健一朗弁護士

夫の無計画な事業に巻き込まれ,破産を余儀なくされた案件。

夫が次々に事業に手をだし,その事業資金を調達するために,妻として連帯保証人になるなどして,最終的に破産を余儀なくされた。夫は,依頼者(妻)の親族からも借り入れをしており,その分については,破産後も支払うと言っていたが,結局支払われることはなかった。夫から離婚請求訴訟を提起された時点で受任となった。破産したのは...

離婚・男女問題を扱う弁護士を探す

よく見られているキーワード一覧

最近検索されたキーワード

離婚慰謝料の法律ガイド

関連カテゴリから解決方法を探す

弁護士に相談しようと思ったら…

依頼前に知っておきたい弁護士知識

離婚・男女問題の人気法律相談

  1. 不倫の慰謝料として400万円は高いですか?
  2. 離婚調停中の不貞行為
  3. 別居後の子供の面会要請
  4. 慰謝料請求の為の証拠を確保したい
  5. 不倫の証拠はどこまでが有効ですか?
  6. 旦那の不倫相手に慰謝料請求
  7. 離婚調停について

離婚・男女問題のニュース

  1. 「離婚後の養育費を1.5倍に」日弁連の新算定...
  2. テレ朝アナ「職場不倫」発覚…同僚の「秘め事...
  3. 「離婚後の養育費1.5倍に」日弁連、新たな算...
  4. ガッキー、ドラマ「逃げ恥」で契約結婚…扶養...
  5. 婚約者が「専業主夫になりたい」と退職したの...
  6. 「ダブル不倫」の法的リスク「いったん泥沼化...
  7. 「産む人」「育てる人」の分業は定着するか…...