離婚後、返金されるはずのお金が振り込まれません!!内容証明の送り先について教えてください!!

公開日: 相談日:2019年06月08日
  • 3弁護士
  • 5回答
ベストアンサー

去年の10月末に話し合いの末、離婚をしました。その時、慰謝料などは請求しなかったものの、私や私の両親が貸してきたお金を一部返金をするという約束をして離婚しました。その際、来月より毎月いくらずつ分割で返金していきます。というような書面を作成し、元夫に署名捺印してもらいました。その文面の中には、滞った場合は両親が立て替えます。ということも書かれています。離婚して半年以上経ちますが一度も振り込まれたことはありません。元夫の両親に内容証明を送る際、職場に送ったら何か問題ありますでしょうか?

808523さんの相談

回答タイムライン

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位

    川添 圭 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    弁護士が同意
    1
    タッチして回答を見る

    「滞った場合は両親が立て替えます。」とのことですが,元夫のご両親はその書面の作成に関与しているのでしょうか(その書面に署名しているなど)。
    もし元夫の両親への確認や関与がなく,単に元夫がそのような誓約をしているだけであれば,元夫の両親へ内容証明郵便を送ることそれ自体が問題になるでしょう(民法は,保証契約は書面によらなければ効力を生じないと規定しており,本件でご両親に法的な支払義務が生じるのかどうかは重要です)。
    そうでなくても,元夫の両親の自宅を知っているのであれば,その勤務先へ送ることは不法行為責任を主張されるリスクがあります。

  • 弁護士ランキング
    神奈川県9位

    土屋 健志 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    元夫の両親に請求できるのかも問題になりそうです。
    元夫が「両親が立て替えます」と約束をしていても,元夫の両親が約束をしたわけではないので請求できない可能性が高いです。
    また,元夫の両親の職場に郵便を送付する必要があるのかどうかも問題です。
    元夫の両親の自宅が分かっているのであれば,職場に送付する必要はないので,送付しない方がよいでしょう。

  • 相談者 808523さん

    タッチして回答を見る

    早速のお返事ありがとうございます。

    元夫のご両親もその話し合いに参加しており、滞ったときは払うという事で納得しています。

    自宅に送っても何も返答がない場合でも職場への送付はしない方がよろしいでしょうか??

  • 弁護士ランキング
    大阪府2位

    川添 圭 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    ベストアンサー
    タッチして回答を見る

    その書面にご両親の署名はありますか。
    話し合いに参加していたということであれば,(職場ではなく)自宅へ内容証明郵便を送ることは大きな問題にならないと思いますが,ご両親が支払いを拒絶してきた場合,訴訟などへ持ち込めるかどうかが問題になります。
    先の私の回答にも書きましたが,「滞った場合は両親が立て替えます。」という文言について,元夫のご両親が元夫の支払義務を保証した(保証債務又は連帯保証債務の負担)と法律構成すると,保証人の義務は書面によらなければ効力を生じないとされているため(民法446条2項),ご両親の署名がなければ,ご両親が法的な支払義務を負担していないと判断される(訴訟を提起しても敗訴する)結果になるからです。
    一方,「滞った場合は両親が立て替えます。」という文言を,元夫とご両親との連帯債務であると法律構成すれば,ご両親の署名がなくてもご両親へ請求できる余地は出てきますが,そもそも今回作成された書面から連帯債務を負担する趣旨が読み取れるかどうかという微妙な問題が出てきます。
    仮に内容証明による請求は問題ないとしても,最終的に訴訟に耐えるものであるかどうかについては,弁護士の面談相談で確認された方がよいかもしれません。

  • 堀 晴美 弁護士

    注力分野
    離婚・男女問題
    タッチして回答を見る

    両親が払うことに納得していたとしても、その書面に両親の署名捺印はあるでしょうか?
    単に話し合いに参加していただけでは、その書面によって請求することは難しいです。
    署名捺印があって、両親が保証したと認定されれば、両親への請求は認められますが、原則住所に送付すべきで、勤務先への送付はプライバシーの侵害と言われかねないので、住所をご存じであれば、住所に送るべきです。

この投稿は、2019年06月時点の情報です。
ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してご利用いただくようお願いいたします。

新しく相談をする

新しく相談をする 無料

弁護士に相談するには会員登録(無料)が必要です。 会員登録はこちらから